悪しき「美徳」を捨てよ!

 本ブログが開設以来、わずか2週間で「人気ブログランキング」政治部門の30位台にランキングした。競争の激しい政治部門の中で、短期間でこれだけの応援を頂けた事に驚いている。

 まだまだ微力ではありますが、排害社十大目標の中に掲げた、
「排外主義、差別、レイシズムという言葉に思考停止しない言論構造の構築。」
「排外主義を正々堂々と掲げる事によって、日本人の常識の枠組みを拡大させる。」
「排外主義に市民権と社会的勢力を獲得させる。」
といった目標に向かって、ほんのわずかですが、歩みを進められた物と思います。

 これもひとえに、排害主義の台頭に期待を抱いておられる、少なからぬ読者の方、運動や他ブログの同志、皆様からのご支援の賜物であり、この場をお借りして、深く御礼申し上げますと共に、今後とも「排害主義者宣言」へのご支援を宜しくお願いします。


m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m 




 さて、応援もあれば、批判もある。
 排害社もそうだが、<行動する社会運動>は、各方面からの非難囂々、耳に出来たタコをタコ焼きに出来はしないかと考えて、ほくそ笑んでしまうぐらいの、ご批判を頂戴している。

 特に「右翼民族派」や「真性保守」と称せられる方々からの批判が多い。
「下品だ」「やり方が極端だ」「日本人らしからぬ」「日本人の美徳を感じられない」……表現は様々だが、つまりは「日の丸を持っているクセに日本人の美徳が感じられない」という事だ。

 では日本人の「美徳」とは何か???
 かつてネットで「gooリサーチ」が「日本人の美徳」と思われる物を調べた。それによると、「礼儀正しさ」「謙虚さ」「思いやりの気持ち」「恥ずかしい事をしない」が挙げられ、他にも「寛容の精神」「温厚な性格」などもあがっている。



 では、こいつらに「礼儀正しく」接して問題は解決するのか?

d0178541_1415315.jpg


 属国の民と思われるだけだろう。



 彼に謙虚さが通じるだろうか?

d0178541_23215117.jpg


 「甲子園の砂」ならぬ「北方領土の砂」ぐらいは貰えるかもしれないぞ。



 彼らに「思いやり」が必要なのか?

d0178541_23351986.jpg


 現在にいたるも年間1881億円。



  いかにこちらが「美徳」と思っていても、そんなものは一つの「特徴」でしかない。
 「几帳面」を裏返せば「神経質」であり、「おおらか」を裏返せば「いい加減」になる。その一面をもって「美徳」と高唱し、それに固執したところで何になるのか。戦後、我が国にもたらされた、悪弊の数々は「美徳」の招いたものである事実を冷静に振り返るべきだ。

 その「美徳」が、我が国から数多の領土を奪い、「思いやり予算」を取られ、「在日特権」を与え、歴史認識すらも好き勝手に改竄され、支那人の更なる侵略を招いている現実をこそ直視せよ。

「いや、思いやり予算も、在日特権も、チャイナタウンも、外国人参政権も嫌だけど、“美徳”を失うのもイヤ」なんて調子のイイ話が通るわけねーだろ。それでも「美徳」というのなら、それは「奴隷の道徳」か「偽善者のオモチャ」である。

 我等は断固として奴隷でもなければ、偽善者でもない。日本人である。
 卑怯だろうが、下品だろうが、バカ、キチガイ、差別主義者と言われようが、祖国日本断じて護れ!

腐った「美徳」を捨てて立ち上がれ!!


人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-07-23 22:27 | 排害主義

<< 寄生虫支那人への生活保護打ち切... 韓国人反日集会を粉砕せよ! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE