冷笑と偽善こそ亡国の真因

冷笑と偽善、無関心こそが国を滅ぼす

愛国者は悪名を恐れず声あげよ!


d0178541_11164739.jpg


 関西の同志ら逮捕から一夜明けた。筆者は運動の世界にカレコレ数年も携わっているが、慣れない物といえば、懇親会の席での老人の長ーい挨拶と、仲間の逮捕である。こればかりは何度経験しても慣れない。

「在特会幹部ら、逮捕」のニュースを聞きかじった人間が、ネットの掲示板や自分の日記で偉そうに批判を書きなぐっている。また、テレビや新聞のコメンテーターからアナウンサーまでもが、したり顔で批判の言辞をもっともらしく並べたてている。

「子供たちを標的にするなんて許せない!!」

 こういった類いの意見がアチコチに溢れかえっている。本当にオメデタき国である。右も左もノンポリからノータリンまでもが等しく口にして、自分を善人の座に据えようと頑張っている。

 こうした風潮の一端を見やって、尖閣諸島や竹島に小学校が出来るのもそんなに遠くはあるまいと思ってしまった。我々日本人が「子供が」「弱者が」と感傷的な偽善に耽溺している隙に、周辺諸国の政治家たちは、しっかりと算盤勘定を弾いているのである。

d0178541_1126931.jpg


 竹島や尖閣諸島を軍隊が占領する事には反発が大きい。
 だったら日本人が同情してくれる小学校を建設する。そして、内地から数十人の児童を移住させて住ませる。それがそのまま、中学、高校と上がって行くに従い、学校の授業で軍事教練を行ない、その子達が成人して軍隊に就職し、そのまま島で“勤務”をはじめる。

 それでもまだ「子供たちを標的にするなんて許せない!!」というのだろうか。「そんな事おこるわけない」と言うかもしれないが、朝鮮学校は北朝鮮の工作機関に組み込まれている事は周知の事実である。

d0178541_11275465.jpg

(今年3月28日、京都市で同志のデモ隊に襲いかかる朝鮮学校関係者ら)

 北朝鮮の工作機関である統一戦線部の元幹部である張真晟氏は、
「朝鮮学校は、対日政治工作部門の指導を受けて金日成、金正日父子神格化の政治教育を行っている。通常の外国人学校とは異なり、北朝鮮政府の教育省の下ではなく、労働党の工作機関である統一戦線部の管轄下に存在し、教育機関というより工作要員養成機関に近い」と証言している。上記の例え話を地で行っているようなものだ。

 まさに「スパイの子たち」じゃないか。

 これが公園をグラウンドとして使っていた事を咎めたのがいけない、可哀想だ、とする意見がある。しかしそれは、親が盗んで来たオモチャを子供に与える。それを他人が来て、オモチャが盗品だからといって取り上げるのは子供が可哀想だ——とする主張と同一である。

 在日朝鮮人の総数は年々減少している。しかし、支那人が急増の一途を辿っている。もしこれから、同じ事態が支那人の親とその子供達によって、日本各地の公園、河川敷、空き地、無人島、廃屋、山間部、原子力発電所近辺、自衛隊基地隣接地で発生した場合どうするのか?

「そんなの行政の仕事でしょ」
と言う者がいる。そう、まさにその通りなのだ。本来、こうした事態を予防し、事が起これば排除したり、きちんと事態を解決して日本の国益を護るのが行政の仕事である。

 ところが、その行政の機能が麻痺しているのが現在の日本である。

 では、どうするか?
 国民が立ち上がるより他に無いではないか。古今東西を問わず、国家・政治・行政が不作為と機能停止に陥った場合、それを補おうとする働きが民間から生まれて来るのは当然の事である。それすらも起きなければ、国家民族は滅亡する。

「在特会の主張はどうあれ、こういったやり方はいけません」

 といったアナウンサーが居た。彼に限らず、「こういったやり方はいけません」と幾人もの人間がネットやテレビで仰っていた。そういった方々は是非自ら率先して
「正しいやり方」を実践していただきたい。

 何も難しいことではあるまい。自分と同じく「こういったやり方はいけません」と思っている人がいっぱいいるのだから、“同志”はすぐに集まる。それで運動をはじめればいいのだ。

 相手が子供を楯にしたらそれを避け、法律にも違反せず、相手の暴言や恫喝、不条理な言い分にも堪えて、マスコミに取り上げられもせず、警察の過剰な弾圧にも従い、苛立つ気持ちと暴言を抑え…

 それで、在日特権を撤廃させ、民団や総連、支那中共の内政干渉を阻止し、反日左翼と売国政党を沈黙させられるのなら、どうぞ実践していただきたい。それが結実したのなら、
僕は即座に排害社を解散させる。


行動しない者の冷笑主義、

行動なき偽善者の綺麗事、

そして大多数の無関心こそが、

国家民族滅亡の真因と知れ。



人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-08-11 11:30 | 排害主義

<< 日本人は強くなれる 少数異民族に支配される日本 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE