靖国神社、異状なし

八月十三日、靖国神社の自主警備に参加した。曇天の中、数名の有志らが集まった。

d0178541_503071.jpg


開門前の靖国神社。静寂そのもの。

d0178541_513710.jpg


境内には溢れ返らんばかりに鳩がいっぱい。

d0178541_52218.jpg


六時に太鼓の音と共に開門。

d0178541_525512.jpg


静かな拝殿前。

d0178541_53523.jpg


さすがに去年のような国辱を繰り返さないように、警視庁機動隊が七台も出動して待機する厳戒態勢。

社頭には我々以外にも、数名の有志らが集結して警戒にあたっていた。
昼前、反靖国の活動からが来日し、都内に潜伏しているとの情報がもたらさえた。

断片的な情報をつなぎあわせると、反日台湾人モナノン、朝鮮人金承台ら、反靖国訪日団による靖国神社襲撃は、14日午前中との情報。連中の総数約30〜50人。すでに都内入りし、両国近辺のホテルに滞在中との事であった。念のため、数名の有志らが社頭に残って自主警備を継続した。



14日
前日同様、朝六時から靖国神社第二鳥居周辺集合。
十一時頃まで警戒にあたり、十一時から靖国会館でおこなわれる「支那の侵略から日本を護る国民集会に参加。

15日
十四時半に九段下交差点に集合。
靖国神社と英霊を冒涜する反天連のデモを迎撃します。
暑さ対策として帽子・水分補給は各自で用意してください。
安全靴、スニーカーなど動きやすい恰好推奨。
チマチョゴリなど日本にそぐわない恰好はご遠慮ください。
排害社の黒色排害旗数本を用意しておりますので、持っていただければ幸いです。



人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-08-14 05:11 | 活動報告

<< 靖国防衛前哨戦 無双Tシャツ販売のお知らせ! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE