靖国防衛前哨戦

敗戦無念日、全ての英霊と戦没者に感謝と追悼の誠を捧ぐ


d0178541_9544285.jpg


 敗戦無念日に先立つ八月十四日。朝鮮・台湾などの反靖国訪日グループが、午前中に靖国神社を襲撃するとの情報が濃厚となったので、開門と同時に、靖国神社の自主警備にあたる。

d0178541_9551119.jpg


 早朝にも関わらず、本ブログの告知などをご覧になった有志の方々なども集まって待機。チーム関西の有志らも一晩かけて上京されてきた。勧進橋公園奪還闘争の四同志弾圧を乗り越えて、力強く前進することを互いに確認して、がっちりと連帯の握手。

d0178541_9585672.jpg


 この日は、高金素梅一味襲撃に備えて多くの民族派団体も参加し、参道や境内にて警戒にあたっておられた。十時半過ぎ、反靖国訪日団の一味が九段下駅にあらわれ、居合わせた同志らと小競り合いを起こすも、機動隊に押し戻されて、叩き返されたとの報を受ける。

靖国神社に去年のような屈辱から護れてホッとすると共に、かような連中の来日を許す我が国の怠慢な行政には強い憤りを感じざるを得ない。

 夕方、やつら反靖国訪日団を含めた、反日左翼集団が、売国奴の巣窟=社民党本部・社会文化会館で反靖国の集会と、デモ行進をするというので、抗議行動に再集結。続々と同志らが集い、人数があっという間に膨らんで行く。

d0178541_1052225.jpg


 社会文化会館に社旗を向けて待ち構える。
 なぜ反日分子は「反靖国」を訴えるのか。それは日本の為に命を捧げる、共同体のために自己を犠牲にできる人間を冒涜し、軽蔑する風潮を根付かせれば、誰も日本の為に動かなくなるし、現にそうなりつつある。その果てにある物は、祖国の溶解・瓦解のみである。

d0178541_1084451.jpg


 関西の有志らの寄せ書きを記したZ旗も高々とはためく。
 西村斉氏、川東大了氏、荒巻靖彦氏、中谷辰一郎氏らの芳名を拝し、参加者全員の士気も俄然高まる。彼らの体はここには居ないけど、彼らの魂は常に我等と共にある。
 そして240万柱英霊の御霊も、常に我等日本人と共にあり。
 ——靖国を、日本を護れ——と。

d0178541_16392527.jpg


「日本国民怒りのシュプレヒコーール!!」在特会桜井誠会長が口火を切って、三百人に迫らんばかりの参加者らが一斉に怒濤の叫びを上げる。その怒りの声は、反日分子の巣窟を揺るがす。なんにんもの弁士が代わる代わるマイクを握り、連中を徹底的に弾劾する。

 七時、反靖国のキャンドルデモが出発を始めるや、全員が一体となって「帰れ!」「出てけ!」の声を叩き付ける。みなの額に汗が玉のように光る。こうした中で、敗戦無念日を控えての“前哨戦”が終了。日本の中で、日本を潰せというようなデモが平然と行なわれる。この事に我々はもっと危機感を強く抱かなければならない。

そして15日、国賊集団反天連のデモが、本年も靖国神社の目と鼻の先で強行されようとしている。



決戦きたる!!
8・15を命日に!国賊集団反天連を粉砕せよ!

十四時半に九段下交差点に集合。
靖国神社と英霊を冒涜する反天連のデモを迎撃します。
暑さ対策として帽子・水分補給は各自で用意してください。
安全靴、スニーカーなど動きやすい恰好推奨。
チマチョゴリなど日本にそぐわない恰好はご遠慮ください。
排害社の黒色排害旗数本を用意しておりますので、お持ちいただければ幸いです。



人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-08-15 10:18 | 活動報告

<< 8・15日本人の意気示す! 靖国神社、異状なし >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE