反中共デー東京大会に参戦

 我が国が中共と国交関係を樹立した、忌まわしき九月二十九日。この日を「反中共デー」と定め、日中国交断絶を期す運動が全国で繰り広げられている。この日は未明、福岡市中央区に所在する、在福岡中国総領事館に同県大牟田市汐屋町の自称会社員中原健作氏(39)が発煙筒を投げ込んだとして、福岡県警に軽犯罪法違反容疑で現行犯逮捕された。発煙筒投擲は、26日の在長崎中国領事館に続いて二件目である。速やかな釈放が望まれる。

d0178541_9143798.jpg


 また同じく福岡では夕方、福岡市中央区の福岡市役所前の路上で、支那人観光客らを乗せた観光バスの周囲を民族派団体の街宣車十数台が集まり、約20分間にわたって包囲。拡声機で「尖閣諸島は日本の領土だ!」「支那人出て行け!」と罵声を浴びせ続けた。警官隊が現場に駆けつけ、支那人一行はようやく逃げ出したとの事。

支那人排撃の熱はますます高まっている

 さてこの日、東京の六本木にある三河台公園では「反中共デー東京大会」が開催され、我々排害社会員らも参戦した。この日はフジテレビや韓国のKBSなども取材に訪れ、現在の日中関係に対する内外の関心の高さを伺わせた。

d0178541_9213913.jpg


 約200名を越える多くの愛国者が集結。日中国交断絶、中国共産党打倒の為に声をあげて戦って行くことを確認して、デモ行進に出発。

d0178541_9231098.jpg


「日中国交断絶」「尖閣諸島守れ」のノボリが林立し、「日中国交断絶せよ!」の力強いシュプレヒコールが六本木の街に轟く。今回は、従来の民族派活動家と共に、行動する社会運動参加の市民活動家まで幅広い層が共闘する形となった。反支那の思いが広まり、共闘に繋がっていく。

d0178541_9264181.jpg


 街の角には、神奈川で行動的な運動を指導される「神奈川県維新協議会」や、「日本のこえ社」などの「日中国交断絶」を訴えかけるビラが貼られまくっていた。こうしたビラも集会やデモ参加者の士気を高め、通行する一般人の思いを啓発するものである。

d0178541_9284842.jpg


 約一時間以上にも及ぶデモ行進をつつがなく終えて、解散地点の公園で解散集会。今後も激しく反中共・反支那闘争を展開して行く事を全員で確認し、「日中国交断絶せよ!」「日中断交!中共粉砕!」の声を高らかにあげて解散となった。

 その後、しばらく警備体制が暫時解消されて行く頃合いを見計らって、排害社会員有志らで広尾の愛育病院側の坂を上って、支那大使館へと赴く。

d0178541_934435.jpg


 いつもの如く支那大使館を守る麻布警察署と、果てしなき押し問答を日没近くまで繰り広げる。「支那に反発を持っている人間を通せない」と警察は云う。しかし、今の日本で支那に反発しないヤツがどれだけいるのか。我々が押し問答している隙にも、タクシーなどがどんどん通って行くが、タクシーの運転手さんだって反発する心意気は持っているだろう。

 どうしても通せないという麻布警察署警備に対し、「じゃあ支那大使館の向かいのアパートに住んで居てもダメなのか?」と問うや、全くの無言になってしまった。どうやら支那に反発すれば、通行の自由はおろか、居住の自由まで制限されるらしい。

 その後、機動隊と麻布署に散々「お願い」される形で、我々は支那大使館を大きく迂回する形で暗闇坂をおりて行った。すると、脇の一方通行から出会い頭に支那大使館の公用車(外9104)がやってきた!
「あっ!支那大使館だ!」と一人が叫ぶや否や、全員で取り囲み、大声で罵声を浴びせかける。「尖閣諸島は日本のものだ!」「チャンコロ出てけ!」「支那人くたばれ!」「打倒中国共産党!」

 公用車を運転する支那人(おそらくは書記官)は、ひきつって蒼白の表情。不意を衝かれた機動隊と麻布署が大慌てで割って入り、支那大使館公用車は逃げ出した。写真や動画が無いのが返す返すも残念であるが、支那大使館職員に対し、直に日本人の怒りをぶつけられた。

 以前、支那人に対して日本の国益、日本の正統なる歴史観を披瀝していた方に対して、支那人が「あなたは日本人じゃないみたい」と言ったところ、その方は「これが本物の日本人だ!」と返したという。今の日本に大切なのはそうした、日本人の心意気、真っ直ぐな怒りを表明しぶつける仕事だろう。


怒りを忘れた民族に明日は無い!

日本人の怒りをたぎらせよ!

日本人の怒りで支那人を戦慄させよ!



人気ブログランキング、応援のクリックを!


10・3 不逞支那人排撃運動のお知らせ


反鮮バッチ&排害バッチ販売のお知らせ!
[PR]

  by haigai | 2010-09-30 10:00 | 活動報告

<< 菅直人もたまにはイイ事を言う 支那人との断絶が日本を幸福にする >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE