国交省・海保に緊急抗議!

sengoku38を護れ!

国交省前、風強し!


d0178541_14401828.jpg


 11月9日、われわれ排害社と主権回復を目指す会、政経調査会、せと弘幸Blog『日本よ何処へ』は、尖閣諸島沖衝突ビデオを勇敢にも公開されたsengoku38に対して、海保が国家公務員法違反で「刑事告発」を行なった事を受け、国交省・海上保安庁前にて緊急の抗議街宣を行なった。

d0178541_1443192.jpg


 平日の急な呼び掛けにも関わらず、少なからぬ仲間が集い、この問題への憤りの強さを感じさせた。そもそも、この問題は政府が早急にビデオを公開していれば発生しなかった問題であり、そうした隠蔽と媚中に明け暮れる政府に対して、sengoku38の行為は立派な内部告発であり、公益通報者保護法で護られるべきものである。

d0178541_14541679.jpg


 主権回復を目指す会の西村修平代表、政経調査会の槙泰智氏、せと弘幸氏、弊社代表らが代わる代わる政府と国交省の売国ぶりを糾弾し、海保は総力を挙げてsengoku38を護れと檄を飛ばす。西村代表が抗議文を朗読し、国交省に手渡しに向かう。

d0178541_14574665.jpg


 すると、警備員がこれを阻止、入ろうとする我々の怒りも爆発。この警備員、職務中だというのにサンダル履きのいい加減さ。東南アジアの田舎の警察官か。こうした危機意識の無さが現在の国交省を象徴している。そしてようやく出て来た職員は「庁舎管理課」の人物。我々は国交省の建物の構造に文句があってきたのではない。国交省のアタマの構造に文句があってきたのだ。

 とにかく危機意識の欠如と、危機管理能力の欠如が素人目にも露呈したのが、この国交省に対する抗議活動だった。散々揉めた末に、抗議文を手交して引き揚げた。霞ヶ関の庁舎で背広の役人が、ダラダラしている間にも、海上保安官の皆さんは厳寒の洋上で危険な任務にあたっておられる。海国日本は海を護れなければ滅亡する。

以下が提出した抗議文である。


抗 議 文

<日本国民は「sengoku38」のビデオ公開を断固支持する>
国交省と海保は「sengoku38」を切るより己の腹を切れ!

国土交通大臣 馬渕澄夫 殿

              平成22年11月9日
              主権回復を目指す会 政経調査会 排害社
              せと弘幸Blog『日本よ何処へ』

 石垣海保から“流出”した尖閣ビデオをめぐって、政府はその犯人捜しという問題をすり替えた世論操作に躍起となっているが、心ある愛国国民は騙されない。そもそもことの発端は国交省と海保が領海侵犯した挙げ句、威力業務妨害まで行ったシナ人現行犯を、ろくな取り調べもしないままに無罪放免したことに尽きる。

 早い話、国交省、法務省こそが法を無視して犯人を逃亡させた犯罪行為をしでかしたのではないか。これは日本国民に共通する普遍的感情である。しかも国交省と海保はシナ人が現行犯を働いた証拠となるビデオを、国民が公開を望んでいるにも拘わらずこれを拒絶してきた。

 尖閣ビデオを流出・公開した「sengoku38」は領土の死守をわが国民に訴えた英雄である。これを、拒んだ国交省と海保こそが裁きにかけられなければならない。この英雄を国民は情報漏洩などの罰則で司直の手に渡さない決意である。「sengoku38」を国家権力から守ることは、我が国家利益ばかりでなく、日本民族の尊厳を死守することでもある。

 国交省と海保は「sengoku38」を切るよりも、己の腹を切って「sengoku38」を司直の手に委ねようとした恥知らずを国民に謝罪せよ。



人気ブログランキング、応援のクリックを!



排害社「秋葉原」シナ人観光バス違法駐車撲滅運動
http://www.youtube.com/watch?v=SYUBHt1g2I0(youtube)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12685597(ニコニコ動画)

排害社 支那人排撃運動第四弾
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12681693
[PR]

  by haigai | 2010-11-10 23:38 | 活動報告

<< 海の英雄、断じて護れ! 11月13日活動告知 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE