旧正月「チャイナタウン計画」粉砕街宣

旧正月に浮かれ騒ぐ支那人に一喝!

池袋チャイナタウン構想を粉砕せよ!


d0178541_1224752.jpg


 2月5日、池袋駅西口にて、排害社、主権回復を目指す会、NPO外国人犯罪追放運動、政経調査会の有志らが「池袋チャイナタウン構想粉砕」を掲げて結集。旧正月に浮かれ騒ぐ不逞支那人どもに対して、怒りの一喝を叩き付けた。

d0178541_1264624.jpg


 支那人を威嚇して聳えるノボリ。一際強い存在感を放つ。

d0178541_1273992.jpg


 いつにも増して多くの警官隊が待機する。池袋西口は支那人が突っかかって来る確率が、ほぼ100%だ。

d0178541_1281465.jpg


 NPO外国人犯罪追放運動の有門大輔理事長が口火を切る。排外主義の正当性と必然性を力説。

d0178541_1293930.jpg


 多くの群衆が取り巻く。拍手をする通行人もいれば、顔を歪めた支那人、歪んだ顔の反日サヨク、そしていつも以上の私服警察。

d0178541_12105140.jpg


 在特会の八木康洋副会長。ルールを守らない自分勝手な支那人を排斥するのは当然だ!

d0178541_12114953.jpg


 元東京大学教授の酒井信彦先生。支那問題に関連して、アメリカや日米安保にすがる既存保守派の知的怠慢をも鋭く批判される。

d0178541_1215425.jpg


 弊社代表が、「良い支那人」とは何人まで日本にいて良い事になるのか?「良い支那人」であれば、一千万でも一億でも無制限に受入れるのかと?と問い掛ける。

d0178541_12131510.jpg


 NPO外国人犯罪追放運動の小野寺秀一広報本部長が、日本人の奮起を訴える。

d0178541_12172854.jpg


 主権回復を目指す会の児島氏。支那人の横暴を指弾。

d0178541_12184524.jpg


 主権回復を目指す会の西村修平代表。「元寇の“神風”はなぜ吹いたか?鎌倉武士が徹底抗戦し、蒙古軍を上陸させなかったからこそ、低気圧は“神風”になったんだ。大和魂とは保守派の知識を飾るアクセサリーじゃない!国難を前に燃焼爆発する民族精神である!」

d0178541_12211259.jpg


 最後の締に政経調査会槙泰智氏。全員で力強くシュプレヒコール。

d0178541_12215471.jpg


犯罪支那人叩き出せ!

池袋チャイナタウン粉砕!

我々は最後まで戦うぞ!!



人気ブログランキング、応援クリックを!
[PR]

  by haigai | 2011-02-07 12:23 | 活動報告

<< 勧進橋児童公園奪還裁判傍聴記 電器店は二度正月を祝う >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE