不法就労の温床には厳罰を!

上田清司埼玉県知事が英断!

“不法就労の温床”には厳罰を!


d0178541_1481534.jpg


 埼玉県大宮市に所在する「村上学園大宮文化デザイン専門学校」の問題はすでに本ブログでも紹介し、これを糾弾して来た。在籍する学生全員がバングラデシュ人、支那人に成り果て、日本人学生は1人もいない。そして、理事長以下学校幹部らが、こうした留学生らの不法就労を手助けしていたのだ。

大宮文化デザイン専門学校を許すな!

 この大宮文化デザイン専門学校は、外国人の間では「出席日数を“販売”してくれる学校」として知られていたと言われ、まさに文字通り、“不法就労の温床”といっても過言ではない。人間形成という教育の本源を放棄し、外国人の不法を助長する学校など許してはならない。

 さらに問題なのは、この大宮文化デザイン専門学校に、毎年、埼玉県より「私立学校運営費補助金」の名目で300万円もの金が支給されていたことだ。このような日本人にとって公益性の存在しないものに、国民の税金が投入されるなど、あってはならない。排害社は先般、埼玉県に対して大宮文化デザイン専門学校の許認可取消などの厳正なる処置を求めた。

売国勢力を告発!

 それについて、上田清司埼玉県知事より弊社宛に回答があったので、掲載させていただく。

d0178541_13302079.jpg


新攘夷運動 排害社
代表 金友 隆幸 様

 私あての手紙を拝見しました。
 早速、担当課に指示し実地調査を行いました。その結果、御指摘の内容が事実であることが判明してまいりました。
 このため、現在、県として、当該法人への運営費補助金の不交付や過去に交付した補助金の返還を検討しています。この検討の結果を踏まえ、厳正に対処してまいります。

平成23年2月23日

埼玉県知事 上田清司



 実に迅速にして適確な対応である。しかも、補助金の打ち切りにとどまらず、過去の支給分も返還を求める方針まで示した事は、英断というべきだろう。

 是非とも、埼玉県には徹底した処置を講じて頂きたい。しかし、事ここに及んで許し難いのは、当の「村上学園大宮文化デザイン専門学校」である。社会に迷惑を及ぼした事を謝罪することもなく、学校運営の在り方を説明する姿勢も見せていない。

 それどころか、名称の似ている「村上学園グループ」(主に整体などの学校を運営)が、「現在ニュース、報道等で話題になっています、大宮文化デザイン専門学校の理事長・学校長、村上和雄氏は本校の理事長、村上一男とは同一人物ではありません。また、本学、学校法人村上学園と、『学校法人村上学園 大宮文化デザイン専門学校』とは、一切関係ありません」と、間違われた方が“説明”に追われる事態まで生まれている。

 本来であれば、学校関係者が責任の所在と、出所進退を明らかにした上で、埼玉県民をはじめ国民の血税から受けて来た、過去の補助金を全額自主的に返納すべきである。このような大宮文化デザイン専門学校に対して、排害社は以下の通り、抗議要望書を送付した。


抗議文

村上学園大宮文化デザイン専門学校理事長殿

新攘夷運動 排害社
代表 金友 隆幸

 先般2月9日、貴殿ら「大宮文化デザイン専門学校」の理事長以下学校幹部4名が、出入国管理法違反(資格外活動幇助)で警視庁組織犯罪対策1課によって書類送検された。すでに報道されたところによると、貴殿らは、在学するバングラデシュ共和国および中華人民共和国出身の留学生らに対し、授業の出席単位に金額を設定し、“販売”するなどの行為を恒常的におこない、外国人留学生らの不法就労を幇助していたとされている。

 こうした行為は、人間形成の教育現場に絶対あってはならない事であり、そうした事を、理事長以下学校幹部らが揃って手を染めていたとされる事は、我が国の教育に対する信頼を大きく失墜させる許し難い悪質な行為である。

 そもそも貴殿らは、埼玉県知事より専門学校の設置認可を受け、埼玉県より私立学校運営費補助金の交付を受けていた。一昨年は約285万円もの補助金を受領している。貴殿らが私立学校としての「公益性」を認められたが故に、埼玉県民をはじめ、日本国民の血税より補助金を受け取る事が出来たのである。

 然るに、貴殿らはその信頼を裏切り、上記報道されたような不法行為に手を染め、外国人留学生の不法就労を幇助し、日本社会に多大なる迷惑を及ぼしたものとされる。聞くところでは、貴殿らの学校に在学する学生約160人の内、その大半がバングラデシュ共和国、中華人民共和国出身者で、日本人学生が1人も在籍していないとされる。

 学校とは国家社会を担う人間を育成する場であると考えるが、これでは貴殿ら学校に「公益性」が存在しないばかりか、「不法就労の温床」と言われても仕方がないのが実態ではないか。

 現在、埼玉県は貴殿ら学校法人への運営費補助金打ち切りと、過去に支給した補助金の返還請求を検討する方針であるとされる。そうした事に鑑み、貴殿ら村上学園大宮文化デザイン専門学校に対し、埼玉県民はじめ日本国民の立場から次の通り求めるものである。

1、埼玉県に対し、私立学校運営費補助金の受給を速やかに辞退せよ。

2、埼玉県に対し、過去に受給した私立学校運営費補助金を返還せよ。

3、不法行為によって社会に及ぼした迷惑を深く謝罪せよ。

4、公益性を喪失した学校法人を解散せよ。


以上



人気ブログランキング、応援クリックを!
[PR]

  by haigai | 2011-02-25 14:09 | 活動報告

<< 二・二六事件——昭和維新はなぜ... 韓国大使館に見る朝鮮人の民族性 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE