百鬼夜行の反原発デモを迎撃!

募金泥棒から殺人集団の“百鬼夜行”

欺瞞に満ちた反原発デモを迎え撃つ!


d0178541_138535.jpg


 4月24日、反日左翼勢力が「反原発デモ」を行なうとの情報を受け、排害社と日本侵略を許さない国民の会は、これを迎え撃つべく銀座数寄屋橋に集結した。当日は、呼び掛けに呼応した多くの国民も集まり、各々プラカードや旗を持って「反原発」を口実とした反日左翼の亡国欺瞞デモに怒りの声を叩き付けた。

d0178541_13153230.jpg


 数寄屋橋交番隣の公園に集結した同志たち。闘志高し!

d0178541_13164085.jpg


 参加者の見事なプラカード。いま「反原発」と口にしている左翼連中は、過去に「火力発電はCO2を出すからダメだ」「ダムは環境を破壊するから水力発電はいけない」などと抜かして来た無責任集団である。

d0178541_13191167.jpg


 我々の迎撃におそれをなしたか、デモ隊は直前でコースを変更した。追撃すべく、集合場所の数寄屋橋交差点から日航ホテル前の交差点に向う。

d0178541_132124.jpg


 ズラリと配置された警察官。これから始まる嵐の前の静けさだ。

d0178541_13215731.jpg


 ついに左翼がキタ!
どこからどうみても老人クラブのお散歩だ!

「偽善者!」
「電気使うな!」
と罵声を浴びせかける。

d0178541_13242959.jpg


 全国一般労働組合全国協議会の旗が見える。各地の労働争議に介入している左翼労組だ。原発がイヤなら、発電装置を付けた自転車を漕いでテメェで発電しろ!
「携帯電話やデジカメをどうやって充電してんだ!?」
「電車に乗って帰るなよ!歩いて帰れ!」
の罵声に逆上する者あり。

d0178541_1329302.jpg


 まさにこのデモは左翼の見本市とでもいうべきか、百鬼夜行の様相を呈していた。日本山妙法寺の反日坊主から、キチガイ反日キリスト教徒、もはや化石の新社会党から、日本革命的共産主義者同盟(第四インター)と反天連にいたるまで、ありとあらゆる左翼がいる。同志たちの怒りの声にも一層、熱が入る。

 黒旗を掲げたアナキストの一団もいた。「アナキストなんてまだ居たんだぁ〜」と参加者たちから驚きの声が漏れる。こんな存在感の無い連中が黒旗を掲げるのはもったいない。これから黒旗は排害主義者の旗印として高く靡くのだ。

d0178541_13364527.jpg


 すると「緑の党」までいる始末。今回の大震災を口実に「日本ボランティア会」を名乗り、主要駅前で「募金」を集め、それを自分たちの活動資金に流用している疑惑の持たれている集団だ。このような集団と一緒にデモ行進をするのだから、このデモの本性が知れる。参加者たちから罵声が続々と飛ぶ。
「泥棒野郎!」
「被災者に土下座しろ!」


d0178541_13413549.jpg


 そして、デモ隊の最後尾にいたのは、何と革マル派である。殺人、拉致、監禁、脅迫、放火、窃盗、盗聴、詐欺などの重大な犯罪行為を繰り返す正真正銘のテロ集団だ。他党派との内ゲバでは多くの人間を惨殺している。テロ集団すらも参加しているのが、こうした「反原発」を口実にした反日デモの実態である。

d0178541_13512876.jpg


「偽善者でていけ!!」
「左翼を叩き出せ!!」

 デモ隊が完全に通過しても尚、同志らは怒りの声を高々と上げ続けた。



人気ブログランキング、応援クリックを!



反鮮バッチ&排害バッチ販売のお知らせ!
[PR]

  by haigai | 2011-04-25 13:54 | 活動報告

<< 生活保護に群がる寄生虫外国人 国民は自らの“メルトダウン”を省みよ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE