欺瞞の日中韓サミット糾弾す!

欺瞞の日中韓サミット糾弾す!

侵略者に追従する政府の無能


d0178541_17404962.jpg


 21日から日中韓の三ヶ国による「サミット」が東京で行なわれた。言うまでもなく、中韓二ヶ国は我が国に対する、侵略現行犯国家であり、政治家がこの両国に対して言うべき事は、この侵略への抗議である。それに付け加えるならば、靖国神社参拝、歴史教科書記述に対する内政干渉への抗議である。

 ところが、今回のサミットは「領土問題は抜き」という謳い文句も並ぶような、偽善と欺瞞のサミットと化した。中韓二ヶ国の温家宝と李明博を福島まで引率し、犠牲者に黙祷させたり、福島産の野菜をかじらせたりしている。虫酸の走る醜悪なる偽善だ。

 この両国が震災後、なにをして来たのか。韓国は我が国の教科書が「竹島」と記述した事に抗議し、「東日本大震災」名目で集めた募金を、「独島防衛」の基金に供与している。これなどは、日本国民の感情を逆撫でして余りある人でなし行為だ。

 支那の新聞社説には「今こそ日本を核恫喝せよ!」「尖閣諸島を取り戻す好機だ!」とする、火事場泥棒煽動記事が並んだ。言論の自由の無い支那で、このような記事が並ぶ事は、一体なにを意味しているのか。支那人と中共の本音は、震災を“チャンス”とした対日侵略にある。

 そうした事実も踏まえず、なんら問題の本質に触れることのない欺瞞サミットを日本で開催するのは、両国による我が国への侵略に、政府が追従しているようなものであり、我々は絶対にこれを看過することは出来ない。21日、日もくれ始めてから同志らが迎賓館に近い四谷交差点に集結し、抗議活動をおこなった。

d0178541_1751396.jpg


 これに対して官憲が妨害。場所の移動を命じて来る。「人民解放軍のアルバイトか!?」と参加者らから怒号が飛ぶ。

d0178541_17524014.jpg


 正当な理由無く強制的に移動させようとする官憲と小競り合いに。旗竿2本が折れる騒ぎとなる。局地的に日本が日本ではなくなる瞬間だ。

d0178541_1754647.jpg


 官憲越しに、駅の高台にもあがって李明博、温家宝らの車列が入って行く迎賓館に抗議の声を叩き付ける。同志たちの抗議は、夜の八時まで戦われた。


人気ブログランキング、応援クリックを!
[PR]

  by haigai | 2011-05-22 17:55 | 活動報告

<< 侵略シナ朝鮮を叩き出せ! パチンコ廃止大行進に参加! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE