神戸、土肥隆一事務所を訪問!

神戸、土肥隆一事務所を訪問!

ガムテープで表示を隠して閉鎖ですか?


d0178541_01489.jpg


 韓国大好きなあまり、訪韓し「日本は竹島領有の主張をやめよ」とする反日集会に出席し、決議文に賛同した土肥隆一代議士は相変わらず音信不通である。「(みなさんの集会に土肥隆一の)出席を調整させていただく」といった秘書の言葉はどこへやら、否、当の土肥隆一はどこへやらである。

 我々の集会開催案に対して「二か月間の予定の調整がつかず欠席」としてきたので、一年分の予定を問い合わせたところ、回答期限の5月13日(金曜日)を過ぎても回答がない。電話も出ることもなく、何か表に出てこられない理由でもあるのだろうか。土肥代議士が心配になった排害社、在特会の有志らは5月23日、神戸市須磨区の土肥隆一事務所を訪問した。

d0178541_0215553.jpg


 場所は山陽電鉄線の板宿駅からほど近い雑居ビルである。駅前の「板宿商店街名店マップ」にも掲載されている。


d0178541_024172.jpg


 「どい隆一事務所」は地元では“名店”ということなのだろうか。ちなみにマスコットのように描かれたウサギであるが、土肥代議士の大好きな朝鮮半島では主に食用に供されている。

d0178541_0295686.jpg


 土肥隆一事務所の入る雑居ビル。駅や商店街、それにパチンコ屋にも近くなかなかの好立地である。

d0178541_031181.jpg


 ビルに入ってびっくり。一部屋だけガムテープで表示が隠されている部屋がある。

d0178541_0321484.jpg


 福島原発事故の直後、東京電力の社員寮が表示をテープで隠すという事態があったが、それを彷彿とさせる。政治家が自分の名前を隠すようでは政治生命は終わりであるが、政治生命どころか土肥代議士当人が生きているのかどうかすら定かではない。

d0178541_0352426.jpg


 ポストまでガムテープで名前を隠している。これでは退去したのではないかと思ってしまう。郵便配達泣かせはやめるべきである。さて、有志ら一行は三階の土肥隆一事務所を訪問。なんと事務所ドアの表示までもガムテープで隠されていた。なかば閉鎖同然である。

「ホントにいるのか?」と思いながらノックをすれば、土肥事務所の人間が出てきて応対。我々が当人から連絡がなく困って心配している旨を説明し、申し入れ書を手交。事務所の人間は「本人に連絡、回答するように伝える」と言ってくださった。

 しかし、それでも土肥代議士は3月10日の記者会見以降表に姿を見せていない。このままでは当人が死亡しているにも関わらず、秘書たちが結託して本人の死亡届を出さずに、「消えた老人」の遺族よろしく、議員歳費と秘書給与を不正に受け取っていると疑われても仕方がない。今回提出した申し入れ書の最終回答期限は5月27日17時である。

d0178541_043489.jpg


 行方不明・音信不通の土肥隆一代議士の生存が確認され、我々との催しに元気に出席してくださることを願ってやまない。



人気ブログランキング、応援クリックを!
[PR]

  by haigai | 2011-05-24 23:45 | 活動報告

<< 【動画】不逞シナ人 芝園団地の実態 侵略シナ朝鮮を叩き出せ! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE