全国で寄生虫外国人の実態解明へ!

日本にたかる寄生虫の実態解明へ!

排害社、全国で情報開示請求を提出


d0178541_21394937.jpg


 先月、大阪入国管理局に対して来日したシナ人が、来日後の滞在費支払い方法を「生活保護」と明記し、扶養者を「区役所」と記入した上で入国し、生活保護を受給していた問題が明らかとなった。入管難民法では「生活上、国または地方公共団体の負担となる恐れのある者は上陸を拒否する」と定めているが、本来であれば、外国人に公金を支出すること自体が大間違いの狂気の沙汰である。

 このように、日本が悪質な寄生虫外国人の、“たかり”の対象にされ、浸食されていく現状は絶対に黙過できない。一刻も早く、この狂気の実態を解明し、外国人に対する生活保護、福祉給付金などの公金支出を全面的に廃止させなければならない。

 そのため、排害社では実態解明に向けての第一歩として、関東、関西、九州の各地で今週にかけて、「各自治体在住の外国籍住民に対する生活保護支給の総数と総額。また受給者の国籍別人数」を、以下の自治体に対して情報開示請求した。

川口市役所
シナ人に占拠された芝園団地があり、外国人の増加も著しいため。

大阪市役所
日本で最も生活保護を支給している役所であり、朝鮮人の数が圧倒的に多いため。

門真市役所
シナ人が激増する門真団地を抱え、過去にも不正受給が発覚したため。

神戸市役所
在日韓国朝鮮人に対して、多額の「福祉給付金」なる公金を支出しているため。

福岡市役所
九州最大の都市であり、近年はシナ人の流入が増加しているため。

 これらの開示請求の結果は、判明次第、本ブログにおいて報告させていただく。なお、先に情報公開請求をした台東区役所と荒川区役所からは電話で、内容の数字を含めて驚きの回答結果が届いているが、その公表は正式な文書を交付されてからにさせていただく。

寄生虫外国人を叩き出そう!


人気ブログランキング、応援クリックを!
[PR]

  by haigai | 2011-05-27 22:01 | 活動報告

<< デモ中止のお知らせ シナ大使館への土地売却を許すな! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE