原発問題シンポジウムのご案内

原発問題シンポジウムのご案内

d0178541_063321.jpg


「原発の是非を問う これからのエネルギーを考える」

【登壇者】
推進派:永井清之氏(京大工学部卒)

維持(推進)派:八木康洋氏 (在特会副会長)

反原発(過渡期)派:松本英志(主権回復を目指す会) 

脱原発(過渡期)派:野村旗守氏(ジャーナリスト)

反原発:不特定に要請中

原発被害当事者:瀬戸弘幸氏(せと弘幸Blog『日本よ何処へ』)

司会:西村修平(主権回復を目指す会)

日時:平成23年6月10日(金) 18:00開場 18:30開演

場所:文京区民センター

場所:文京区民センター (2−A会議室 )03(3814)6731
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
アクセス:地下鉄 春日(大江戸線、三田線)、後楽園(丸の内線、南北線)、JR(水道橋) 東京都文京区本郷 4-15-14

会場負担費:千円 

福島第一原発の終息が未だ目途が立たず、原発を巡る議論が迷走している。国家を支える電力エネルギーの問題は近代産業ばかりか、一市民の日常生活にも直に影響を与えている。原発を巡る維持(推進)、反、脱(過渡期)の論客をお招きし、それぞれの見解を述べて論議を交わして頂きます。相互に議論を交わしことで、見解の相違を越えたエネルギー問題の如何を考えて見たい。

主催:主権回復を目指す会 
連絡:西村(090-2756-8794)



「日本侵略を許さない国民の会」発足記念 特別シンポジウム

講演会とパネルディスカッション
<激論! 討論! 明日の日本と原子力問題>


嘘だらけの大本営発表、失策、領土問題、侵略的野心を剥き出しにする周辺諸国問題から原子力問題・・・・・・魅力あふれる愛国論客達が、今まさに私達の背後に迫る危機を鋭く、熱く、警告する!

日時:平成23年7月3日(日) 18時45分~21時15分
場所:北とぴあ15F ペガサスホール
(東京都北区王子1-11-1)
アクセス:JR京浜東北線、東京メトロ南北線王子駅下車徒歩2分
会費:1.000円

(※メモ:目立つ位置に開場案内図を挿入してください※)

登壇者(敬称略)

村田春樹
外国人参政権に反対する会・全国協議会東京代表

桜井 誠
在日特権を許さない市民の会会長

八木康洋
在日特権を許さない市民の会筆頭副会長 現役科学研究者



◎特別講座◎
「なぜなにおしえて! 八木せんせい!! :政府・マスコミ発表の放射能数値のカラクリ」
講師:八木康洋 氏
放射線関連のエキスパート、現役研究者の八木康洋氏が、政府・マスコミ発表の放射線量のウソを鋭く分かりやすく解説!

■禁止事項
・大音量の声援・誹謗・中傷・飲酒・所定の場所以外での喫煙
(注意)ご来場の他のお客様にご迷惑、進行の妨げになると判断した場合、退場頂く事もございます。
予めご了承下さい。※

主催:日本侵略を許さない国民の会

協力:新攘夷運動 排害社、在日特権を許さない市民の会、日本女性の会 そよ風、外国人参政権に反対する会・全国協議会東京



人気ブログランキング、応援クリックを!
[PR]

  by haigai | 2011-06-08 23:04 | 告知

<< 支那による日本内海化を許すな 国を壊す人権侵害救済法 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE