「ほっ」と。キャンペーン

呆れに呆れた京都の朝鮮人

「学校が出て行くか金よこせ!」

呆れに呆れた京都の朝鮮人


d0178541_1253308.jpg


発破サイレン授業妨げ 府教委、仮処分申請へ
 京都市右京区京北下弓削町の山間部で、地元の鉱業会社がマンガンの探査をしており、発破を知らせる大音量のサイレンが近くにある京都府立北桑田高の授業の妨げとなっている。業者は「違法行為はなく、やめる必要はない」とするが、耳鳴りを訴える生徒もいることから府教育委員会は「学習の権利を侵害されている」として、改善されなければ音量の低減などを求める仮処分を京都地裁に申請する方針を固めた。

 丹波マンガン記念館の前館長が社長を務める会社で、同高の敷地を含む3724アールの鉱業権を持つ。経済産業省の認可を受け、2009年9月に発破を始め、昨年7月にサイレンが加わった。同高によると、今年6月30日までに発破は293回、サイレンは156回あった。1回あたり最長で約10分間鳴り、最近は3〜4分という。5月に教室内で測定したところ窓を閉めた場合は工場内で隣人との会話が難しい91デシベル、窓を開けると車の警笛音が近くで鳴る110デシベルに相当した。

 発破現場から高校までは約80メートル離れており、公共施設から50メートル以内での作業を制約する鉱業法に抵触しない。サイレンは鉱山保安法に基づく同省の指導で鳴らされたが、音量や長さの規則はない。同省の中部近畿産業保安監督部近畿支部鉱山保安課は「この地域なら5秒で十分。周囲が迷惑を被っているのは知っているが、強制的に指導できない」という。鉱業会社社長は「10億円の価値があるマンガンが眠っている可能性がある。問題解決には、学校が引っ越すか、うちが補償金をもらって休業するかのどちらかだ」と話す。府教委管理課は「問題解決に向け、国が指導力を発揮してほしい」としている。 (京都新聞 七月二日)



これだけを読めば、「ふーん、そんな事件もあるんだぁ」程度にしか思わないだろう。

それにしても、この「丹波マンガン記念館の前館長で鉱業会社社長」の言い分が凄い。学校の授業に支障が出ているとされているのに、「学校が出て行くか、金をよこすかしろ」と言っているのだ。これはまともな感覚とは思えない。

 そこで、この「丹波マンガン記念館」を検索して調べていただきたい。ここは戦前からマンガン鉱山で働いた朝鮮人の歴史を展示する事を目的とした記念館である。「前館長で鉱業会社社長」の李龍植は朝鮮総連の朝鮮新報でも紹介されている。

「日本は加害の歴史を残さないのが国益だと思っている。謝罪もせず朝鮮人への差別を繰り返しているが、本来なら日本政府が強制連行の歴史を伝える博物館を残すべきだ。…」などなど、いつもの一方的で、空気を吸っては何とかの朝鮮人発言を連呼している。

 京都朝鮮第一初中級学校では、チーム関西の同志らが勧進橋不当占拠をわずか一回抗議しただけで、「授業妨害だ!」「差別だ!」「賠償しろ!」と大騒ぎしている。それなのに、こちらの京都府立北桑田高校に対しては、156回も91デシベルに達するサイレンを鳴らし続けている。91デシベルといえば、街宣車の大きめな音にあたり、暴騒音取締条例で検挙される音量だ。

 そんな事を繰り返しておきながら、日本人の学校が困らせた挙句に、「学校が出て行くか金をよこせ」というのだから、京都の朝鮮人の厚かましさには本当に驚かされて、呆れさせられる。日本で荒稼ぎした金をおいて出て行くべきは朝鮮人の方だろう。



人気ブログランキング、応援クリックを!


7・9外国人への公金支出全廃デモの告知
[PR]

  by haigai | 2011-07-04 12:55 | 朝鮮人問題

<< 被災地復旧活動に参加 大嘘こそがシナ人のシナ人たる所以 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE