外国人への公金支出全廃デモを貫徹!

黒旗の波が渋谷を席巻!

外国人への公金支出全廃デモを貫徹!


d0178541_21174070.jpg


 排害社の結成から一周忌を迎えた七月九日、渋谷の神宮通公園に「外国人への公金支出全廃」を求める日本国民有志らが集結。弊社の主催に対し、在日特権を許さない市民の会東京支部、日本侵略を許さない国民の会、NPO外国人犯罪追放運動、外国人参政権に反対する会東京が参加。外国人への生活保護や奨学金支給の廃止などを求めて集会をひらき、各団体の代表らが連帯の挨拶にたち、決議を採択してから渋谷の街をデモ行進した。

外国人への生活保護を やめろー!

日本にたかる乞食外国人を 叩き出せー!

外国人留学生への奨学金を やめろー!

寄生虫朝鮮人は日本から でていけー!

凶悪支那人を日本から 叩き出せー!

外国への血税バラまき やめろー!

利権政治家を東京湾に 叩き込めー!

支那朝鮮と結託する反日左翼を 処刑しろー!

日本を支那人朝鮮人に わたさないぞー!

日本人の暮らしを まもれー!

d0178541_21233033.jpg


 旭日旗、日章旗と黒旗が林立。炎天下にも関わらず全員力強くシュプレヒコールを唱和。反日勢力による妨害などもなく、デモ行進を貫徹し、神宮通公園にて今後も闘争の継続と前進を皆で確認して解散となった。(詳報後日)



7・9外国人への公金支出全廃を求める国民集会決議文!

東日本大震災から早4ヶ月が経過しようとしている。復興への道のりが未だ遠い中、菅政権をはじめ政権中枢と与野党は無意味な政争と、体裁の取り繕いに明け暮れ、国家存亡国民の安寧を度外視している。

わけても、震災の被災者や弱い立場におかれた日本人同胞を路頭に迷わせながら、外国人に莫大な税金を垂れ流し続けている現状は断じて黙過できない事実である。現在、外国人の生活保護受給者は6万人を超え、これは宮城県内で避難所生活を余儀なくされている日本人の数に匹敵し、その支給額は推定1200億円に達するものと見られる。中でも大阪市の外国人受給者数は1万人を超えている。仮設住宅に入居すれば、生活保護を打ち切られる日本人がいる中で、このような不条理が許されるのか!

 また親を失い、進学をあきらめる子ども達が無数にいるにも関わらず、シナ人を中心とした外国人留学生たちに毎月17万円近くも返済義務のない奨学金が渡されている。被災者の子弟に限らず、日本人の生徒は全て「貸与」であり、卒業と同時に多大なる借金を背負わされる。外国人には支給で、日本人には貸与。これは不平等どころではなく、日本人への差別と搾取である!

 そして世界から集まった義援金よりも多い金を、各国に「政府開発援助」(ОDA)の名目でバラまいている。この期に及んでも外国の機嫌取りと、自らへのキックバックを目当てにした売国政治家を許すことはできない!
他にも、犯罪で逮捕された外国人が監獄で1人あたり数100万円にもおよぶ手術を受けるなどしている。また外国人学校に支給される学費も同様である。これらは全て日本人の税金でありながら、日本人のためには使われない。日本は一体だれの国なのか!?

我らは国民無視の狂気政治に終止符を打つべく次の通り要求する。

外国人への生活保護支給を即時廃止せよ!
外国人留学生への奨学金支給をやめろ!
ОDAの全面的削減と見直しを求める!
外国人犯罪者の医療費は当人ないしはその国に請求せよ!
外国人学校への公金支出を打ち切れ!
特定外国人への福祉給付金を停止せよ!
真の日本人のための政治をおこなえ!

平成23年7月9日

以上、決議する。

排害社
在日特権を許さない市民の会東京支部
日本侵略を許さない国民の会
NPO外国人犯罪追放運動
外国人参政権に反対する会東京
7・9外国人への公金支出全廃を求める国民集会参加者一同



人気ブログランキング、応援クリックを!
[PR]

  by haigai | 2011-07-10 21:28 | 活動報告

<< 内閣府に要望書提出 江沢民死すとも中華思想は死せず >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE