ロシアの挑発・敵対を粉砕せよ!

ロシアの挑発・敵対を粉砕せよ!

日本国民有志が露大に緊急抗議!


d0178541_20274339.jpg


 先日八日以来、ロシアは爆撃機を日本一周させたり、海軍艦艇24隻が宗谷海峡を通過するなど、我が国に対する露骨なまでの挑発と敵対を繰り返している。これも全て現政権の危機管理能力の欠如と、日本国民の国防意識・当事者意識の欠如から起きた物であるが、決してお茶を濁して済ませる訳にはいかない。

「すぐにロシアへ抗議すべし!」の怒りの声が澎湃と沸き起こり、12日の昼、国民有志らが駐日ロシア大使館に程近い神谷町に集結。拡声器による抗議行動のあと、ロシア大使館に赴き、抗議文を朗読し投函した。

d0178541_20321532.jpg


抗議文

駐日ロシア連邦大使ミハイル・ベールィ殿

 先日8日、貴国の空軍の長距離爆撃機ツポレフ95が4機も我が国を一周する挑発行為に及んだ。ツポレフ95は多数の巡航ミサイルの他に、核爆弾も搭載できる爆撃機であり、これは貴国が主張するような警戒飛行ではなく、我が国国民の感情を逆なでする重大な敵対行為である。

 さらにそれに続き、貴国の海軍艦艇4隻が北海道の北にある宗谷海峡を通過した。我が国防衛省の発表によれば、その内訳は、グリシャV級小型フリゲート艦3隻とアルタイ級補給艦1隻の計4隻であったという。こうした空海そろっての断続的で露骨な敵対行動は、我が国国民をして六十六年前の貴国の蛮行を想起させるに十分である。

 昭和20年8月9日、アメリカによって二発目の原子爆弾を投下され、敗色濃厚であった我が国に対し、貴国の前身であったソビエトは、我が国との日ソ中立条約を一方的に破棄し、我が国国境や満洲国に攻めよせ、多くの日本人同胞を殺害。婦女を強姦し、その操を踏みにじり、乳幼児をも情け容赦なく虐殺した。さらには投降した多くの軍人軍属らをシベリアに強制連行し、酷寒冷夏の中、苛烈きわまりなき強制労働に従事させ、死者・行方不明者あわせて34万人の日本人を虐殺し去った。この蛮行に対する怒りは、血涙をもって我ら日本人の血潮に刻まれており、永遠に忘れ去ることはない。

 昭和20年以降、貴国は我が国の固有の領土である南樺太、全千島列島と択捉、国後、歯舞、色丹の北方領土を不法占拠している事実も、我ら日本人に拭い難い不審と怒りをもたらしている。それにもまして、今回の貴国の度重なる挑発・敵対行為は、我ら日本人の中に眠る父祖の屈辱・無念を呼び覚ますに十分であった。

 貴職、駐日ロシア大使の仕事とは何か?貴殿は「ロシアと日本が友好で結ばれ、より親密な関係を築いていくこと」と述べているが、もはやそのような詭弁・甘言を妄信する者は我が国には存在しない。

 貴職の役目は我が国に住む貴国同胞約8千人の生命を守る事にあるはずだが、今回の貴国による我が国への度重なる敵対行為は、この貴国同胞ら8千人の身命を危険にさらす暴挙である。かかる事態にいたった以上、いかに大人しい日本人といえども貴国邦人の身命は保証のかぎりではない。

 また、貴職の役目がそうではなく、我が国を挑発し、さらには侵略を企図するものであるならば、我ら日本人は全力でこれを受けて立つ所存である。

以上、厳重かつ激烈に抗議する。
平成23年9月12日 日本国民有志一同



人気ブログランキング、応援クリックを!

9・23朝鮮学校無償化断固反対デモ行進
[PR]

  by haigai | 2011-09-13 20:34 | 活動報告

<< 京都を“第二の池袋”にするな! 暴徒と化した亡国「反原発デモ」... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE