キレイゴトなんか糞くらえ!

キレイゴトなんか糞くらえ!




これを読めば「キレイゴト」のおかしさが分かる。





※お食事中の方は閲覧注意!








ある日、排害くんの家の前に大きなウンコが落ちていて、排害くんが片付けようとしていると、そこに近所に住む共生くんが通りかかりました。

d0178541_2143516.jpg


排害くん「うわっ!俺の家の前にデッカいウンコが落ちてる!臭いし汚いなぁ〜!ハエもよって来るし困ったなぁ〜」

共生くん「おまえ、なんて事を言うんだ。このウンコの中にだって、未消化のトウモロコシや大豆の粒が混じってるかもしれないじゃないか!」

排害くん「そうかもしれないけど、これウンコだぞ?」

共生くん「いや、食べられるトウモロコシや大豆の粒も混じっているかもしれないのに、そういう決めつけはよくない」

排害くん「わざわざウンコの中から取り出して食べたくねーよ。仮にあったとしても、ウンコまみれだろ。そういうおまえが食ってみろよ?」

共生くん「それとこれとは話が別だ!」

排害くん「もう、なんなんだよ…それにしても汚ねーし臭いウンコだなぁ〜」

共生くん「!なんて事を言うんだ!ウンコが悪いんじゃない。悪いのは、このウンコをした人間だ!」

排害くん「誰がしたか知らないけど、臭いモンは臭いよ。踏んだらイヤだし、片づけなきゃ」

共生くん「なに〜!三日前や先週、おまえの家の軒先に鳥の糞が落ちてたのに片付けなかったじゃないか。それと同じように、このウンコも置いといてやれよ!」

排害くん「そんな事おぼえてないよ。鳥の糞は小さくて気にならないし、雨が降ったら流れちゃうだろうけど、このデカいウンコは臭いし、雨で溶けたら余計に大変だよ」

共生くん「そんな事いうなら、あっちの電信柱のとこに落ちてるウンコの方が大きいんだから、あっちを片づけろよ!」

排害くん「うるせーなー、そう思うならおまえがそれを片づけろよ」

共生くん「なんて事を言うんだ!おまえのご先祖様は田んぼや畑に、このウンコをまいて肥やしにしてきたんだぞ。その子孫のおまえも、そのウンコのおかげで今生きてるんだぞ。もっとウンコに敬意を払ったらどうなんだ!?」

排害くん「知らねーよ。別に俺はウンコを食って育った訳じゃないよ。その時は肥やしだか何かになったかも知れないけど、生憎、俺の家には田んぼも畑もないし、ウンコがあっても臭くて困るの。だから片づけるわ」

共生くん「どうしてもウンコを片づけるのか!?」

排害くん「そうだよ」

共生くん「この排便主義者!クソ野郎!おまえなんかウンコと同レベルだ!」

排害くん「じゃあ、おまえがこのウンコを持ってどっか行ってくれよ」



 言うまでもなく、ここでいう「ウンコ」とは支那人の暗喩である。こうして見ると共生くんが支離滅裂でハチャメチャな事を言っている事が理解できる。ところが、このウンコを「中国人」に置き換えられると、さも理性的で美しい事を言っているように感じてしまう日本人が多い。以下が支那人に置き換えたものだ。



d0178541_2111133.jpg


排害くん「うわっ!支那人がいっぱい増えてる!ルールは守らないし、自分勝手だし!仲間を呼び寄せて犯罪も増えそうだから困ったなぁ〜」

共生くん「おまえ、なんて事を言うんだ。中国人の方々の中にだって、良い中国人の方もいるかもしれないじゃないか!」

排害くん「そうかもしれないけど、あの支那人だぞ?」

共生くん「いや、善良で真面目な中国人の方もいるかもしれないのに、そういう決めつけはよくない」

排害くん「だとしても、わざわざ支那から移民を入れたくねーよ。仮に善良の人が少し居たとしても、その他の連中はロクなモンじゃないだろ。そういうおまえの隣に住ませてみろよ?」

共生くん「それとこれとは話が別だ!」

排害くん「もう、なんなんだよ…それにしても悪質で横暴な支那人だなぁ〜」

共生くん「!なんて事を言うんだ!中国の人民が悪いんじゃない。悪いのは、そんな人間をつくっている中国共産党だ!」

排害くん「誰がつくったか知らないけど、支那人は支那人だよ。関わるのも、増えられるのも嫌だから追い出さなきゃ」

共生くん「なに〜!千年前や千五百年、大陸からやってきた渡来人を、当時の日本は追い出さなかったなかったじゃないか。それと同じように、中国の方々も受け入れてやれよ!」

排害くん「そんな昔の正確な事は分からないよ。それに渡来人と言っても、数百人から、せいぜい数千人規模で、すぐに日本に同化されたんだろうけど、いまの支那人の流入は数が多いし、日本国籍を取得したって同化しそうにないんだから大変だよ」

共生くん「そんな事いうなら、在日米軍基地こそが“真の在日特権”だし、戦後体制そのものなんだから、そっちの問題から取りかかれよ」

排害くん「うるせーなー、そう思うならおまえがそれをやればいいじゃないか」

共生くん「なんて事を言うんだ!昔の日本は中国から文化や技術、学問を教えていただいたんだ。その子孫のおまえも、その中国のおかげで今生きてるんだぞ。もっと中国に敬意を払ったらどうなんだ!?」

排害くん「知らねーよ。別に俺は支那の教育や価値観で育った訳じゃないよ。その時は支那の学問とやらが参考か何かになったかも知れないけど、あいにく、いまの日本には支那から学ぶものはないし、支那人が増えても治安が乱れて困るの。だから追い出すわ」

共生くん「どうしても中国の方々を追い出すのか!?」

排害くん「そうだよ」

共生くん「この排害主義者!レイシスト!おまえなんか中国人と同レベルだ!」

排害くん「じゃあ、おまえが支那人を連れてどっか行ってくれよ」


 どうだろうか。よく目にする排害主義批判の言説ばかりだ。しかし、その実態は、まるでキツネにばかされて葉っぱのお札を掴まされ、団子と思って馬糞を喰わされている人のようだ。騙されている日本人よ、一刻も早くキレイゴトの眩惑から目を覚ませ!



人気ブログランキング、応援クリックを!

d0178541_1944508.jpg


『支那人の日本侵略』 刊行!
[PR]

  by haigai | 2011-11-19 21:11 | 排害主義

<< 反鮮バッチ&排害バッチ販売再開 第三弾アンチ「水曜デモ」に参加! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE