排害主義は大御心に反する論への反駁

排害主義は大御心に反する論への反駁

愛国者は「大御心」を楯にした思考停止やめよ


d0178541_2061753.jpg


 明日は天長節である。せっかくなので、この佳き日の前に書いておこうと思う事がある。それは「排害主義は大御心に反する」「 天皇陛下は排害主義を喜ばれない」という言説についてだ。

 右翼や保守の中には、こうした事を言う者がウジャウジャ棲息している。既存の右翼から行動する保守の周辺にまでいる。それどころか、平成十八年の「日経新聞富田メモ事件」のように、左翼すらも自分に都合がよければ、「ほら見ろ、これが大御心だ」と言いだす。

 では「大御心」とは何か?
 畏れ多がり、有り難がりさえすれば国士だと誤思する浅慮の者は、「大御心」と言われれば、たちまち思考を停止し、ひれ伏してみせるが、その「大御心」とは何であるのか明確に定義できないでどうするのか。たとえば、次のうちどれが「大御心」になるのだろうか。

1「 今上天皇の発せられたお言葉や御製」
2「 今上天皇の発せられたお言葉や御製や、親しい者や身内にのみお示しになられた見解」
3「 歴代天皇から 今上天皇までが発せられた詔勅、お言葉や御製」
4「 歴代天皇 今上天皇までが発せられた詔勅、お言葉や御製、親しい者や身内にのみお示しになられた見解」
5「一部特定の 天皇による一部のお言葉や詔勅」

どれを以て「大御心」とするのか、定義の違いもあろうが、どれであるにせよ、それは詔勅やお言葉のように、明示されたものでなければならない。国体論を研究されて来られた里見岸雄博士や、平泉澄先生門下の田中卓博士も、必ず詔勅を引いた上で論を進めている。当たり前の話だ。

 ところがたまに、そうした物も示さず、「 天皇陛下はこう思っているはずだ!」と言う者がいる。人の考えを読み取るとは、おまえはエスパーか。そうした者は『昭和天皇・明治天皇の霊言』なる大不敬トンデモ本を出した幸福の科学大川隆法と同類である。

「排害主義は大御心に反する」論者が、その論拠として引くの詔勅の代表格に 神武天皇の「八紘一宇」がある。「ほら見ろ! 神武天皇は八紘一宇なんだから世界全人類みな兄弟なんだ!」と抜かしよる。こう言う奴は当の 神武天皇の詔勅をきちんと読んでいない。

 この原文は「日本書紀」の「巻三 神武天皇 即位前紀己未年」に記されている。そこには、「八紘…」のずっと前に「頼るに皇天の威を以てして、凶徒就戮されぬ」とある。「凶徒」とは日本民族にまつろわぬ異民族である。

 神武天皇の詔勅は異民族を排斥し、「皇天」を仰ぐもの、すなわち、同じ信仰と神話を共有する集団、日本民族共同体の成立を宣言したものである。それを「排害主義は大御心に反する」論者は、原文が読めないのか、意図的に読まないフリをして「多文化共生容認」「異民族尊重」「排害主義反対」の文脈へとデッチ上げたのである。

 さて、あとは「 天皇陛下は排害主義を喜ばれない」といった言説がある。なるほど、ヘイトスピーチや直接的実力行使を 天皇陛下が御嘉賞くださるとは思わない。この指摘を一般の普通に暮らす国民が言うのであれば、筆者も「そうですね」として御意見ちょうだいしよう。しかし、右翼や保守が「 天皇陛下は排害主義を喜ばれない」と言うのであれば話は別だ。

 右翼や保守が称える歴史的出来事はいっぱいあるが、その全てが 天皇陛下のお喜びになられる事であったのか。大東亜戦争開戦には「豈朕カ志ナラムヤ」とまで示されている。二二六事件はどうか。浅沼事件、三島事件はどうだ。天皇陛下のお喜び云々をいう者は、こうした出来事への礼賛をやめるのが筋だろう。世の中は喜びだけで回っているのではない、喜怒哀楽こもごも様々な感情や思惑が渦巻いて回っているのだ。

 大東亜戦争の開戦を 先帝陛下はお喜びになられなかったが、ハルノートを黙って受諾する事ならば喜ばれたのか。大東亜戦争の敗戦をお喜びになられないのは当然だが、徹底抗戦して日本を焼土と化す事は絶対にお選びになられなかった。時に非常な決断をくだす悲しみ積み重ねの上に、我々は生かされているのだ。

「 天皇陛下は排害主義を喜ばれない」という者に問いたい。いまのまま朝鮮人が増長を続け、支那人が大繁殖して日本が日本でなくなってしまう事を、 天皇陛下はお喜びになられるのか?何も“エスパー能力”を使って 天皇陛下の胸中を読み取る必要は無い。 曖昧模糊として定義も定かではない、「大御心」を持ち出して相手の言説を封じようとする者は、日本を守りたいのではない。自分のメンツと立場を守りたいだけのだ。

「排害主義は大御心に反する」論者は、「大御心」を口にしながら、それを自分の無学や浅慮、小さな美意識を補う“お守り”に私用しているに過ぎないのである。一刻も早く、愛国者は「大御心」を楯にした思考停止やめよ。そして悪名を恐れず排害主義への一歩を踏み出すべきだ。



人気ブログランキング、応援クリックを!


反鮮バッチ&排害バッチ販売中!
各在庫わずか!
[PR]

  by haigai | 2011-12-22 20:05 | 排害主義

<< 奉祝 天長節 金正日の死を喜べる国へ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE