排害社、平成23年戦いの軌跡

排害社、平成23年戦いの軌跡

排害主義の台頭に前進した一年!


d0178541_1339255.jpg


1月8日、主権回復を目指す会、NPO外国人犯罪追放運動と共闘で池袋西口チャイナタウン構想反対街宣を行ない、不逞支那人らと対峙。
1月23日、千葉駅と稲毛駅にて千風の会、在特会千葉支部と合同で千葉市長熊谷俊人糾弾街宣を行なう。
1月28日、不法滞在の支那人約50人を東京入国管理局へ告発。

d0178541_13404878.jpg


2月1日、京都市烏丸において、主権回復を目指す会、在特会京都支部、関西排害社で勧進橋児童公園奪還勇士らへの支援街宣を敢行。
2月5日、旧正月にあわせて池袋西口にて、主権回復を目指す会、NPO外国人犯罪追放運動と共闘で池袋西口チャイナタウン構想反対街宣を行なう。
2月6日、有楽町マリオン前の日本再建会議・東京の街頭演説会に参加。同日、街宣終了後、銀座にて支那人迷惑観光バス排撃運動を実施。
2月9日、新宿における支那人迷惑観光バスの事業者を関東運輸局へ告発。
2月12日、新宿駅歌舞伎町周辺の支那人迷惑観光バスの排撃運動を実施。小雨の降る中だったが、短時間に多くの迷惑バスを追い払い、不逞支那人と対峙。夜から超党派合同飲み会。
2月16日、新宿における支那人迷惑観光バスの事業者を関東運輸局へ告発。不法就労の温床と化した、埼玉の大宮文化デザイン専門学校の設置認可と補助金取消を埼玉県知事に求める。
2月24日、埼玉県上田清司知事より排害社の要望に対して、大宮文化デザイン専門学校への補助金取消と、過去に支給した補助金返還などを検討する旨の回答が来る。
2月25日、大宮文化デザイン専門学校に対して、抗議要望書を送付。自主的な補助金辞退と過去に受領した補助金の返納と、学校法人の解散を求める。
2月26日 文京区民センターで開かれた朝鮮人の反日集会に、在特会と共に抗議活動を展開。

d0178541_13414646.jpg


3月4日 新宿駅東口にて支那人迷惑観光バスの実態を撮影。最中、支那人を満載し違法駐車するバス運転手とトラブルになり、約30人の支那人らに囲まれて怒鳴り合いの大騒ぎになる。
3月5日 池袋駅西口の「チャイナタウン」の実態を撮影・記録して配信。
3月5日 在特会サタデーナイトスペシャルに代表が出演。池袋や新宿、上野における支那人の実態と、それに対してどう戦うべきかを語る。
3月8日 上野の支那人違法看板の撤去を国土交通省国道事務所に要請する。
3月9日 東京都豊島区の豊島中央図書館に赴き、置いてある支那語新聞の撤去を要請。大量に紙面に掲載された違法風俗の広告を理由に、図書館側も撤去を検討する方針に。
3月10日 排害社は民族派諸団体と共同で、竹島を韓国に売り渡す言動をした民主党の土肥隆一に対する巨大抗議文を作成し、民主党を訪れて職員に手交。厳重抗議する。
3月11日 築地、秋葉原、新宿における支那人迷惑観光バスの4事業者を関東運輸局へ告発。
3月12日 上野で排害社が主権回復を目指す会、NPO外国人犯罪追放運動、自由チベット協議会らと予定していた「パンダも売春婦もいらない!上野を支那の侵略から守れデモ行進」が東日本大震災を受けて中止に。
3月13日 新潟市で日本侵略を許さない国民の会の主催で行なわれる予定であった「中国総領事館・中華街設置反対」を訴えるデモ行進が東日本大震災を受けて中止に。
3月14日 不法支那人・朝鮮人ら25人を入国管理法など4つの法律違反で某警察署に告発する。
3月15日 「中国総領事館問題」で揺れる篠田昭新潟市長に、支那への土地売却反対と、「中華街」構想への反対を求める要望書を送付。
3月17日 排害社が豊島区立中央図書館に対して館内から「中華新聞」を撤去するように求めていた問題で、同図書館は撤去を決定した事を排害社に連絡。
3月20日 「東日本大震災」を口実に悪質な募金活動を繰り返す「日本ボランティア会」に募金の流れを質すべく出撃。彼らの定点としている、池袋、新宿、渋谷、秋葉原を巡回するも、連中は恐れをなして逃走。
3月25日 「日ボ会」の実態解明と厳正なる処分を警視総監に要望。
3月26日 山手線一円を中心に「日ボ会」追及行動第二弾を実施。直前の告知に恐れおののいたのか、「日ボ会」は、またしても逃走。
3月27日 日本侵略を許さない国民の会主催の「中国総領事館・中華街設置反対デモ」が、新潟で行なわれ、排害社会員らも参加。雪に見舞われながらも新潟の街をデモ行進する。
3月27日 会員有志らが自主的に悪質募金活動を警戒し、都内を巡回。浅草の「日ボ会」本部を訪れるも留守だったが、浅草駅前にて「日ボ会」を捕捉。公職選挙法違反で警察に通報し退去させる。

d0178541_13421775.jpg


4月2日 山手線一円を中心に「日ボ会」追及行動第三弾を実施。直前の告知に恐れおののいたのか、「日ボ会」は、またしても逃走。
4月3日 日本侵略を許さない国民の会主催で「復興にむけて日本国民一致団結デモ」が行なわれ、排害社会員らも参加。常磐橋公園を出発してデモ行進後、東京電力本社に赴いて抗議街宣し、抗議文を提出。
4月6日 日ボ会追及行動第四弾を実施。東京においては新宿駅周辺のいつもの場所から逃走。神戸では三ノ宮駅前で「日ボ会」を捕捉。公職選挙法違反で通報し、退去させる。
4月10日 東京都内の新宿、池袋、上野、秋葉原で排害社会員とブログ読者らが「日ボ会」パトロールを自主的に行ない、各駅にいた「日ボ会」を退散させる。
4月15日 上野の支那人違法看板の撤去を国土交通省国道事務所に要請する。
4月16日 池袋北口周辺において、支那人に「自主的帰国」を促す北京語のビラ1000枚をポスティングする。同日、池袋東口で「日ボ会」を補足し、会員が撮影したところ、日ボ会の女活動家が募金箱を振りかざして威嚇して来た。
4月17日 渋谷にて「原発の火を消させない国民会議」による「原発の火を消させないデモ行進」が行なわれ、排害社も参加。反原発世論の欺瞞を糺しつつも、東電の杜撰を糾弾するデモ行進を少人数ながらも貫徹する。
4月20日 衆議院議員土肥隆一の国会事務所を在特会と一緒に訪問して、抗議文を手交。対応した秘書より「(当方の主催する集会に土肥隆一の出席を)調整する」との言質を取ったので、同日中に「5月7日、竹島問題と政治の在り方を考える国民集会」と題した集会案の案内を送付する。
4月24日 銀座でおこなわれる反日左翼の反原発デモに抗議行動。反日左翼の大群3000人超に対し、排害社と日侵会の約35人が孤軍、徹底抗議を貫徹。
4月27日 東京都内最大規模の朝鮮部落がある荒川区役所の生活福祉課に、「区内在住の外国籍住民に対する生活保護支給の総数と総額、国籍別受給者数」の情報開示請求をおこなう。
4月30日 渋谷で反日左翼とネットで煽動された反原発デモに日侵会と共闘で直接抗議行動。渋谷駅スクランブル交差点にて反原発デモ約700人を迎え撃ち、罵声をあびせる。

d0178541_13431038.jpg


5月1日 福岡県福岡市を拠点に九州排害社が発足。侵略支那人への対策と、腐敗行政への糾弾活動を主軸に据える。
5月1日 愛知県名古屋市にて「日の出の会 日本」が主催する「自衛隊と憲法九条を問う街宣」に関西排害社が参戦。
5月1日 「竹島は韓国のもの」とする衆議院議員土肥隆一の生存確認へ赤坂宿舎へ。生存確認ができないので、やむなく外から拡声器を用いて、強硬的な生存確認を行ない、辞職勧告文を投函する。
5月5日 代表金友隆幸が、第一回外山恒一賞を受賞する。
5月6日 支那人が激増する台東区役所の生活福祉課に、「区内在住の外国籍住民に対する生活保護支給の総数と総額、国籍別受給者数」の情報開示請求をおこなう。
5月15日 池袋西口にて清掃活動を実施。支那人の飲食店や商店付近を重点的に清掃し、ゴミ袋5袋分のゴミを集める。
5月19日 支那人が激増する豊島区役所に対して、「区内在住の外国籍住民に対する生活保護支給の総数と総額、国籍別受給者数」の情報開示請求をおこなう。
5月19日 日本侵略を許さない国民の会と共に、外務省に対して支那大使館への土地売却問題を抗議。
5月21日 在特会の全国一斉パチンコ産業即時廃止を求める国民大行進に協賛として参加。約150人の参加者らとパチンコ廃止を訴えて新宿を練り歩く。
5月21日 日本侵略を許さない国民の会と共に、四谷で日中韓サミットへの抗議行動。約40人が参加。警備の警官隊と小競り合いになる中、李明博、温家宝、菅直人らへ抗議の声を叩き付ける。
5月22日 主権回復を目指す会と共に、四谷で日中韓サミットへの抗議行動。約30人が参加。李明博、温家宝、菅直人らへ抗議の声をあげる。
5月23日 神戸市須磨区の土肥隆一事務所を訪問し、回答要求書を手交。
5月24日 門真市役所、神戸市役所に対して、「区内在住の外国籍住民に対する生活保護支給の総数と総額、国籍別受給者数」の情報開示請求をおこなう。
5月25日 支那への土地売却を目論む国家公務員共済組合に対して、排害社、主権回復を目指す会、日本侵略を許さない国民の会の有志らで撤回するよう抗議行動。
5月26日 福岡市役所、川口市役所に対して、「区内在住の外国籍住民に対する生活保護支給の総数と総額、国籍別受給者数」の情報開示請求をおこなう。
6月5日 在特会、日侵会などの有志と共に拉致被害者救出デモに参戦し、日本国民の真の激しい怒りを見せつける。

d0178541_1344554.jpg

(撮影:花うさぎ氏)

7月1日〜 会員有志らが東北被災地に入って復旧支援活動。
7月9日 排害社結成一周忌で「外国人への公金支出全廃デモ」を渋谷で行う。在特会、日侵会、NPO外国人犯罪追放運動など百人以上が参加し、外国人への公金支出全廃を求める決議を採択。
7月10日 排害新聞をはじめて刊行。
7月11日 外国人への公金支出全廃を求める決議を内閣府に持参して手交。
7月20日 東池袋の外国人料理屋が、店の前の路上に落書きをしていた問題で、行政関係各所に要望し、これを消させる。
7月30日 排害新聞九州版7月30日号発行。

d0178541_1347524.jpg


8月2日 池袋の実態を単身、調査中の弊社会員が黒人から暴行を受ける。
8月6日 在特会主催の「広島核武装デモ」に参加。左翼と小競り合いになりつつも広島で核武装を叫ぶデモ行進を貫徹。
8月13日 御茶ノ水にて反靖国を叫ぶ左翼デモにカウンター抗議を仕掛ける。
8月15日 排害新聞8月15日号発行。
8月15日 靖国神社参拝。九段下を通過する反天連デモへの直接抗議を呼び掛ける排害新聞を配布。同志ら千数百人と共に国賊反天連を迎え撃ち、熾烈な抗議。
8月27日 第二回池袋清掃活動を実施。
8月30日 排害新聞8月30日号発行。
8月31日 北隆一同志を代表に北海道排害社が発足。道内の侵略支那人と在日朝鮮人への対策を主眼に据える。

d0178541_13482759.jpg


9月2日 文部科学省に朝鮮学校無償化問題で抗議行動。
9月4日 九州排害社、博多区で排害新聞を配達。
9月6日 京都府が外国人観光客に助成金を交付する問題で、代表らが京都府観光課を訪れて問題点を質す。きわめて杜撰で偏った制度である事が判明。
9月10日 排害新聞関西版9月10日号発行。
9月11日 新宿にて大規模な反原発デモを在特会、日侵会、排害社で迎撃。酔っ払った外人や反日サヨクと一部で衝突が起り、相手側十一人以上が検挙される大騒ぎになる。
9月12日 ロシアの度重なる軍事挑発に対して、有志の呼び掛けによる抗議行動に参加。
9月14日 京都府外国人観光客助成金問題で、関西排害社が山田啓二知事に抗議文を送る。
9月23日 上野御徒町公園で「朝鮮学校無償化反対、朝鮮売春婦追放デモ」を敢行。排害社、在特会、日侵会、千風の会など約百人が参加。
9月25日〜26日 新潟市内において、排害社、在特会、日侵会で新潟チャイナタウン反対の街宣を各所でおこなう。26日には新潟市国際化を訪れ、支那人誘致の魂胆と杜撰さを糺す。
9月29日 天皇陛下を侮辱した不敬芸人殿方充糾弾闘争に決起。中野駅前に排害社、在特会、日侵会、そよ風の各団体が集結し、殿方の出演予定である中野Fまで進撃。連中は恐れをなして逃亡。
9月30日 関西からいらした在特会川東大了副会長を迎えて帝都支那人侵蝕地ツアーを敢行。池袋、芝園団地、上野、新大久保などの実態を見て回る。

d0178541_13494864.jpg


10月8日 日侵会「情報開示請求講習会」が文京シビックで開催され、弊社金友が支那人の違法行為などに対処するための行政対処方法を講義。
10月14日 東京都内にて不法行為を働く支那人2名を、証拠書類などを揃えて関係諸機関に告発した。
10月18日 京都市で開催された新聞大会に偏向報道を続ける新聞社を糺すために行ったチーム関西を排害新聞社が取材。
10月23日 第三回池袋清掃活動を実施。
10月23日 札幌の大通西で行われた俊傑憂憤街宣に北海道排害社も参加。
10月29日 「原発堅持・非核三原則撤廃国民大集会」が文京区民センターで開催され、排害社も協賛。二百五十人の大盛況となり、核武装実現を訴える決議文が採択される。
10月30日 日侵会主催の「反政府デモ」に協賛として参加。韓国への通貨支援、TPPに反対するデモ隊は四百人以上に膨れ上がり、政府と朝鮮人へ怒りの声をあげる大盛況だった。

d0178541_13504878.jpg


11月2日 排害新聞11月2日号発行。
11月6日 小平の朝鮮学校に排害社、在特会、日侵会をはじめ国民有志らが抗議に訪れ、朝鮮学校の門前で金正日の肖像画を破り捨てる。
11月12日 横浜市で開催された維新政党・新風平成23年党大会に排害社、排害新聞社が祝電をおくる。大会終了後の立食パーティーで弊社代表金友が挨拶に立つ。
11月20日 京都市左京区山端壱町田町にある前原誠司事務所に排害新聞を配達。
11月24日 上野周辺にて排害新聞を配達。
11月25日 神田周辺にて排害新聞を配達。
11月28日 関西排害社に新たに30Wの拡声器を配備。

d0178541_1352611.jpg


12月3日 在特会の呼び掛けにより蒲田で開催される朝鮮学校無償化要求集会に抗議行動。
12月4日 関西排害社代表が木灰風人同志から岡本裕樹同志に交代。
12月4日 日侵会が呼び掛けた「反政府デモin銀座」に参加。二百人以上の同志らと政府打倒・朝鮮人排斥の声をあげる。
12月8日 排害新聞12月8日号発行。
12月11日 ニュー新橋ビル地下二階ホールで、弊社代表金友の「中国人の支那人大批判」講演会がおこなわれ、多くの同志らが集結。
12月14日 朝鮮人と反日左翼による「水曜デモ千回記念行動」に直接抗議。在特会、日侵会と共に約二百人が集結。日比谷公園で反日左翼と対峙し、外務省を取り囲まんとする「人間の腐り」に突撃抗議。韓国大使館にも抗議文を投ずる。
12月14日 北海道排害社、民潭北海道地方本部に抗議街宣。
12月17日 在特会が主催した「韓国人売春婦5万人+生活保護在日3万人の即時強制送還を求める国民大行進」に参加。およそ三百人が集結し、朝鮮人の排撃を叫びながら新宿、大久保をデモ行進。韓国大使館に要望書を投函に行き、韓国糾弾の声をあげる。
12月18日 第四回池袋清掃活動を実施。いつもに倍する参加者で5袋分のゴミを片づける。
12月19日 新橋駅で行われた民主党野田の街宣へ応援に駆けつけ、声の限りに罵声を浴びせる。
12月22日 排害社に新たに30Wの拡声器を配備。
12月23日 大阪梅田において、関西排害社が国賊反天連の不敬デモに迎撃抗議。
12月28日 関西地方某役所に対して情報開示請求。



 わずかなものではありますが、今年一年の運動を無事にやり遂げられたのも、全て諸先輩、同志諸兄、またブログから応援くださる皆様がたの御陰です。まことに簡単ではありますが、この場をお借りしまして、深く御礼申し上げます。本当に有り難うございました。

m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m


人気ブログランキング、応援クリックを!
[PR]

  by haigai | 2011-12-30 13:52 | 活動報告

<< 謹賀新年2672年 追悼・花うさぎ氏 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE