東京東部の外国人生活保護の実態

外国人激増の東京東部

外国人への生活保護も増加


d0178541_21363296.jpg


 東京東部で外国人人口が増加している。特に江戸川区、江東区では郊外の団地に定住する支那人が増加し、新宿や池袋と肩を並べる外国人街になりつつある。かねてから排害社では、この両自治体に対して、外国人生活保護者の情報開示を求めていたが、この度、その実態が開示されたので、こちらに掲載させていただく。

江戸川区
韓国・朝鮮 145
中国 89
フィリピン 130
ベトナム 1
アメリカ 1
ブラジル 3
ブラジル以外の中南米 5
その他 19

江東区
韓国・朝鮮 106
中国 69
フィリピン 43
ブラジル以外の中南米 1
その他 18


 すでに両自治体とも、外国人人口では支那人が朝鮮人を越えているはずだが、依然として朝鮮人の受給率が高い。しかし、これは高齢者が多い朝鮮人に対して、支那人の年齢構成が比較的若いことに起因するものであり、確実に支那人が受給者の圧倒的多数を占める時代が近づいている。

 また、見逃せないのはフィリピン人の受給率である。フィリピン人の人口はどこの自治体でも圧倒的に少ないにも関わらず、かなり目立った数の生活保護受給者がいる。詳細な内訳を見ると、その大半が「母子家庭」である。日本人の男と結婚し、子供をつくって離婚して、行政の保護に頼っているものだ。全国各地でこれだけ多いと、もはや意図的に仕組んで受給を受けているのではないかとさえ思える。

この国はいったい誰の国だ??



人気ブログランキング、応援クリックを!


講演会の御案内


排害社ステッカー販売中!
[PR]

  by haigai | 2012-01-30 11:24 | 活動報告

<< 情報開示請求のススメ 地方都市、田舎にも繁殖する支那人 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE