在日の狙いは日本の「ウリナラ化」

祖国の選挙には興味なし

在日の狙いは日本の「ウリナラ化」


d0178541_1952860.jpg


韓国総選挙、在外登録低調 母国に対する政治的な関心低い
 韓国で今年4月の総選挙から在外投票制度が導入されるが、駐大阪総領事館管内の有権者登録は約三千人と対象約14万人の約2%にとどまっていることがわかった。世界全体の在外韓国人についても申請は低調で、注目された選挙への影響は小さい見込み。制度の認知不足や手続きの煩雑さに加え、母国に対する政治的な関心の低さが理由とみられる。
 韓国は2009年に公職選挙法を改正し、大統領選と比例代表国会議員選について在外投票を認めた。昨年11月から在外公館で行われている有権者登録は、今月11日に終了する。
 在日韓国大使館などによると、世界全体で対象者は推定約223万人。これまでの登録は約8万5千人と全体の約4%に過ぎず、大都市に匹敵する票田になるといった当初の予想は外れた。大阪総領事館は数世代にわたる家族などが多く、在外公館のなかでも有数の対象者を抱えるが、申請はむしろ低調だ。
 在日本大韓民国民団は、韓国人としてのアイデンティティーを認識するいい機会でもあるとして申請を呼びかけてきた。しかし、「日本生まれ日本育ちでは韓国の政党の公約にまで関心を持ちにくいのは確かだ」とも認める。(以下略)
(産経新聞 2月6日)



あれだけ欲しがっていたのに不思議だ。
散々ぱら自分達が政治に参加できないのは、人権侵害だのマイノリティーの権利侵害だの、得手勝手な屁理屈をわめき立てていたくせに、イザ、祖国での選挙権が認められてもこのザマである。対象者のわずか2%しか選挙権を使おうとしないのだ。普段は「祖国、祖国」と言いながら、祖国には繋がりを持たない根無し草民族だ。

強制連行されて来たと言いながら帰ろうとはせず、

創始改名されたと言いながら通名を使い分け、

祖国の徴兵制などの義務からは免れ、

差別されていると騒ぎながら、なおも帰らない。

 それでいて、自国の選挙権は使わないで、日本の選挙権だけを執拗に欲する。要するに在日朝鮮人とは、たんなる自己中心主義者の大群でしかない。「自分は偉大な朝鮮民族」という誇大妄想じみたアイデンティティーは持つが、いまさら不便な祖国には帰りたくない。だから日本を自分達の都合の良い国に改造したいと考えているのだ。

 神戸市にみられるように、役所や教科書での「我が国」という記述に反発したり、日の丸・君が代や 皇室に反対する。「多文化共生」を叫びながら、自民族の習慣や文化を日本人に押し付け、洗脳しようとするのだ。居心地のよい場所としての日本は好きだが、日本らしい日本が大嫌いなのだ。在日の狙いは日本の「ウリナラ化」である。

 こんな厚かましくも恥知らずな民族が、古今東西存在しただろうか。第二次大戦前のユダヤ人には、帰るべき祖国が無かったが、いまの朝鮮人には帰るべき祖国が二つもある。選びたい放題のよりどりみどりだ。それなのに、日本において自民族中心の言動を繰り返すのだ。こんな異常民族は、ホロコーストされて当たり前だ。

d0178541_19224131.jpg


朝鮮人は選挙権のある祖国に帰れ!



人気ブログランキング、応援クリックを!


【チーム関西】報告集会のお知らせ


排害社ステッカー販売中!
[PR]

  by haigai | 2012-02-07 19:23 | 朝鮮人問題

<< 支那人同化論の愚かしさ 【チーム関西】報告集会のお知らせ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE