竹島の日、各地で奪還闘争貫徹

竹島の日、各地で奪還闘争貫徹

d0178541_13552977.jpg


「竹島の碑」建立求める 東京・港区議会に請願書提出
 「竹島の日」の22日、東京都内の政治団体が、東京都港区の韓国大使館前の歩道に「竹島の碑」を建立するよう求める請願書を港区議会に提出した。区議会では24日に本会議を開き、受理の可否を決める。
 請願書によると、韓国による不法占拠が続く竹島の早期復帰を願う日本国民の意思を、明確にすることなどが建立の目的という。
 韓国では元慰安婦を支援する団体が、ソウルの在韓日本大使館前に「慰安婦の碑」を設置している。
(産経新聞 2月22日)


d0178541_13592366.jpg


 22日午前十一時、維新政党・新風の鈴木信行代表に、弊社の金友が随行して港区議会を訪問。請願を提出し、無事に受理された。以下が請願書だ。

d0178541_1415690.jpg


 議会の圧倒的多数は媚韓派、売国奴が占めており、もとより大苦戦するのは自明であるが、領土を奪われし日本人の怒りの声を徹底的に示すべき時だ。
港区ご意見フォーム




「竹島の日」韓国抗議団体、日本で右翼団体から嫌がらせ=韓国
 鳥取県が制定した2月22日の「竹島の日」に抗議するため、日本を訪問した韓国市民団体の「独島守護全国連帯」が、空港で日本の右翼団体と衝突していたことが分かった。複数の韓国メディアが報じた。
 同団体の崔在翼(チェ・ジェイク)代表によると、団体員4人は21日午後4時ごろ、鳥取県の米子空港に到着した。到着口を出ると、日章旗を持った20人あまりの日本人に突然囲まれた。チェ代表も日章旗で顔を覆われたが、日本の警察が止めに入るなどしたことから、空港は一時騒然となったという。
 団体員らは準備していた車で空港から移動した。その後ろを右翼団体はマイク付きの車で、30分あまり付いて回ったという。騒動があった時間に米子空港を利用していた韓国人は、「右翼団体が団体員らを囲み、叫んでいた」と当時の様子について韓国メディアに語った。
 同団体は、島根県が「竹島の日」を制定した2005年以降、毎年2月22日に合わせ島根県を抗議訪問している。今年も、22日に島根県松江市で行われる県主催の記念式典会場を訪れ、「竹島の日」の撤廃と、歴史わい曲の是正を求める抗議集会を開く予定という。
(サーチナ 2月22日)


 こちらは在特会などの関西・中国の同志らによる義挙である。まさに行動する保守運動の西日本軍団の真骨頂だ。いままで七年間にも渡り、「独島はウリナラの物」と抜かすキチガイヒトモドキの入国を許可し、反日集会のやりたい放題を許していた日本が異常だったのだ。

 日本人は加速的に覚醒している。朝鮮人に対する怒りもますます高まっている。今後、ふざけた事を抜かす朝鮮人が来日すれば、日の丸で顔を覆われる程度では済まなくなる。日本で生活する寄生虫=在日も同様である。朝鮮人がナメ続けて来た「いままでの日本」は、音を立てて姿を変えつつある。

国土の恢復は民族意識の恢復より始まる

燃え盛る大和魂で朝鮮人を焼き払え!




人気ブログランキング、応援クリックを!


2・26反政府/害人排撃in帝都デモ


排害社ステッカー販売中!
[PR]

  by haigai | 2012-02-23 14:20 | 活動報告

<< 侵略朝鮮人を送迎した売国タクシ... 奪われたるは島のみに非ず >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE