「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

外国人も選ぶ民主党代表選への抗議行動

外国人が「総理」を選び、日本国民は地獄を見る

 民主党代表選が熱を帯びつつある。この民主党は党規約第三条に「国籍条項」を定めておらず、日本国民でなくても党員になれる。「外国人被選挙権」まで推進する、あの日本共産党ですら、党員は「十八歳以上の日本国民」と定めている。それに鑑みれば、これは現在の国会に議席を有する政党としては、きわめて異常な事態である。その異常事態を党内に放置したまま、民主党代表選挙が行なわれようとしている。

 八月三十日、炎天下のなか「日本国民有志の会」による、外国人によって選ばれる民主党代表選を糾弾すべく、民主党本部前に有志らが集まった。

d0178541_2302963.jpg


 今回は、あくまでもお手伝いとして、参加させていただく。「日本国民有志の会」代表が、民主党本部の入るビルに向かって、民主党代表選への抗議文を拡声器を通じて朗々と読み上げる。外国人、特定国家の意志によって日本の国政が操作されることを決して許してはならないと力強く訴える。

d0178541_235466.jpg


 抗議文を手交に向かおうとするも、民主党本部はこれに対応しないという怠慢ぶり。労働貴族の堕落した体質を早くも垣間みさせる。「職員が受け取らないなら、議員会館にいる幹事長の枝野に直接わたすまで」と、議員会館に向かっていった。

 本ブログの読者の方の中で、民主党代表選挙に投票権をお持ちの方はどれだけいるだろうか?
 そもそも民主党に投票権を持つ様な人が、こんなブログを毎日眺めていたら苦痛で不愉快で仕方がないと思うから、ほとんどいないだろう。ところが、民主党を組織支援し、おそらくは民主党に組織加入していると思われる在日本大韓民国民団の構成員たる在日韓国人たちは、民主党代表選挙に投票できるのである。

 別に民主党が、町内会や大学のサークルならば文句はない。くじ引きで選ぼうが、センセイが選ぼうが、じゃんけんで勝ち抜きにしょうが構わない。しかし、ことは国政に関わる問題であり、その結末は全ての日本国民と降り掛かるのである。

 「だったら首相公選制をやればいいじゃん」という軽薄な議論はいらない。イスラエルの首相公選制失敗例を引くまでもなく、我が国に首相公選制が馴染まないのは、「首相になって欲しい人物」に田中真紀子や爆笑問題・太田光が選ばれる事からも分かる。

 そうした小手先の方法論ではなく、外国人が日本の国政に関与する事を根本から禁ずる法制化が必要である。現在の公職選挙法では、「公職選挙に候補者を擁立する団体」で、一定の議席を有する勢力を「政党」、政党要件を満たしてはいないが一定の候補者数を満たした勢力を「確認団体」と云う。

 この「政党」と「確認団体」の構成要件に、「党内規約において、構成員を日本国民と定め、党議の決定に当たり日本国籍を有せざる者を関与させない事」と定め、選挙に関わる外国人の投票を完全非合法化するべきである。それでなければ、いやしくも、国民の税金から年額117億円以上もの「政党助成金」をふんだくる“公党”とは呼べない。

 党内において、外国人の容喙を許すのであれば、それは“公党”ではなく、「私党」あるいは、単なる唾棄すべき売国奴集団というべきである。あらゆるところに、外国人の口出しを許した日本は、必ずや崩壊に向かう。外国人が「総理」を選べば、日本国民が地獄を見るのは理の当然である。

世論調査にも国籍条項を制定せよ!

外国人による投票を完全非合法とせよ!

国籍条項なき勢力の議会侵出を全面禁止せよ!



人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-08-31 00:23 | 活動報告

排害社設立者紹介

排害社設立者紹介

d0178541_8254916.jpg


金友隆幸


【略歴】
昭和六十年生まれ。中学生時代に山口二矢烈士の義挙に感銘し民族主義思想に目覚める。その後、野村秋介氏の『さらば群青』、軍神杉本五郎中佐の『大義』に強い影響を受け、民族派の思想と生き様に惹かれる。

平成十六年、国士舘大学政経学部への入学と同時に学内の民族派系学生サークルに加盟し、民族派運動に参加。行動右翼、保守系団体、各政党など運動体の違いにこだわらず参加し、様々な手伝いをしながら勉強。在学中は専ら平泉澄博士の国史学と、里見岸雄博士の国体学に学ぶ。

平成二十年、国士舘大学を卒業。卒業論文は、アメリカによるハワイ併合とGHQ占領政策との比較研究。様々な団体や運動体の役職を経験する。

平成二十二年、支那人朝鮮人による人口侵略と、反日勢力が跳梁跋扈する国難を前に、排害主義運動が台頭する必要性を痛感し、排害社を結成し代表に就く。


【尊敬する人物】
大楠公、児島高徳公、西郷南洲翁、吉田松陰先生、高杉晋作先生、橘曙覧先生、軍神杉本五郎中佐、山口二矢烈士、赤尾敏先生


【趣味】
街頭演説、ヘイトスピーチ、国民儀礼、デモ行進、シュプレヒコール、機動隊とじゃれ合う事、阻止線突破、不逞外国人との戯れ、機関紙編集、原稿の執筆、原稿の取り立て、プラカード作り、ステッカー作り、ビラ作り、ノボリ作り、横断幕作り、街宣車模型製作、名刺集め、酒(日本酒、焼酎甲類、発泡酒、ウォッカ、果実系リキュール…だいたい飲める)、画像の編集、図画(鉛筆画、水彩画、刷毛ペイント…ほんのかじった程度)、神社巡り、お守り集め、古本屋めぐり、立ち読み、ラーメン食べ歩き(主に家系、二郎系、つけ麺、油そば、豚骨)、料理(魚からスッポンまで捌ける)ボーッとする事、二度寝、釣り(外来種駆除兼用)、旅行、ドライブ(助手席が一番好き)、散歩(下町、学生街、高架下、田舎道が好き)、海を見る事(瀬戸内海と湘南の海が好き)、段々畑を眺める事、温泉、サウナ、読書、部屋を散らかす事、掃除、長電話、YouTube、ニコニコ動画。


浅学非才の短慮な未熟者故、至らぬところ、及ばぬ所、足らぬ所だらけかと存じますが、諸先生諸先輩方の御指導御鞭撻を乞う次第であります。


人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-08-30 09:43 | 組織概要

外国人による「総理大臣」選任を阻止せよ!

【緊急告知!】外国人による「総理大臣」選任を阻止せよ!

d0178541_1055472.jpg


外国人が投票する代表選阻止のための緊急行動

とき.8月30日(月)
12:00〜(終了は規模と弁士の人数によります)

ところ.民主党本部前

発起.日本国民有志の会


参考:【映像で】 外国人も投票できる民主党代表選 【わかる】(ニコニコ動画)



人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-08-29 10:13 | 告知

朝鮮学校を霧消化すべし!

金正日は高笑い

朝鮮学校無償化を許すな!!

d0178541_17471847.jpg


朝鮮学校も高校無償化へ、「妥当」と文科省会議
 文部科学省は、4月に始まった高校授業料実質無償化の対象に朝鮮学校を加える方針を固めた。
 同省の専門家会議が適用を妥当とする報告書を作成し、31日にも公表する方向だ。川端文科相も報告書を尊重する意向で、9月中にも学校名を告示することを検討している。ただ、適用には閣内にも異論があるため、関係閣僚らと協議したうえで最終判断する考えだ。(後略)
(読売新聞、08月28日)


熱中症で頭が茹だったのだろうか?
涼しいところで会議して、その結論になるのだから、「有識者」も程度が知れている。もとより「結論ありき」で集められた「有識者」たちだろうから、当然と言えば当然か。

 北朝鮮の工作機関である統一戦線部の元幹部である張真晟氏は、
「朝鮮学校は、対日政治工作部門の指導を受けて金日成、金正日父子神格化の政治教育を行っている。通常の外国人学校とは異なり、北朝鮮政府の教育省の下ではなく、労働党の工作機関である統一戦線部の管轄下に存在し、教育機関というより工作要員養成機関に近い」と証言している。

 スパイ養成機関じゃないか。

 昨日、二十七日には児童公園をグラウンドとして使用していた京都朝鮮学校の前校長が都市公園法違反で書類送検された。警察が“やむなく”パチンコ店を摘発するような、“渋々感”は否めない。下関朝鮮初中級学校の校長であった曹奎聖は覚醒剤密輸容疑で指名手配を受けている。

 北九州朝鮮初級学校教諭の姜昌求は、マンションのエレベーターで女性にわいせつ行為をした上、現金の入ったバックを引ったくって逮捕されている。去年の12月4日、在特会など関西の有志たちが抗議に赴いた映像からしても、朝鮮学校の「教師」たちは、およそ教育者とは思えない雰囲気を醸し出している。

d0178541_1352120.jpg


公園不法占拠に抗議する中谷辰一郎氏を突き飛ばす朝鮮学校関係者。悪い事を指摘されて逆上するのは朝鮮人の特徴だ。

d0178541_13531626.jpg


「何ゆうとんならコラ!」
「酒臭いぞ!頭おかしいんか!?」
「うるせえ、お前らの物なんか!?」

不法行為を居直り、暴言を連呼する朝鮮人の「先生」たち。

d0178541_13565648.jpg


「きしょいきしょい」
「お前らきしょいわ。くさっ!」
「お前らがおかしいんや」

鏡を見てから物を喋った方が良い朝鮮人。右腕には数珠、左腕には金ピカの時計をはめ、典型的な“ヤクザファッション”である。

d0178541_1443926.jpg


「日本人の土地やぞ!」と一喝されるや、
「それがどないしたんや!!」と強盗顔負けの台詞を吐く朝鮮学校関係者ら。さすがは山賊の首魁・金日成を崇拝する集団である。朝鮮学校の教師となるには、だいたいが朝鮮学校を卒業しなければならないというが、“卒業生”たちがこれでは、無償化は“ドブに金”以下である。

百害有って一利も無い、

朝鮮学校を無償化するな!

朝鮮学校は“霧消化”すべし!



人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-08-28 14:16 | 朝鮮人問題

日本人を食い物にする朝鮮人

日本人は朝鮮人の餌と成り果てたのか!?
日本に寄生する朝鮮人を排撃せよ!!


d0178541_15571723.jpg


生活保護費詐取:容疑の不動産会社社長ら逮捕
 多額の資産がある知人の男をホームレスに仕立てて大阪市から生活保護費をだまし取ったとして、大阪府警浪速署は25日、大阪市天王寺区の不動産会 社「家のはしら」社長、金太烈(たいれつ)(57)=韓国籍、神戸市灘区六甲町=と知人のマージャン店アルバイト、柳沢信一(62)=兵庫県西宮市甲陽園東山町=の両容疑者を詐欺の疑いで逮捕した。金容疑者は「一切、身に覚えがない。違法な行為はしない」と否認し、柳沢容疑者は「間違いない」と認めているという。

 金容疑者は大強起徳(だいきょうきと)と名乗り、「囲い屋」として、130人以上の生活困窮者を囲い込んで保護費を吸い上げる貧困ビジネスを展開していたとされ、府警は実態解明を進める。

 2人の逮捕容疑は09年9月、多額の資産があり、マンションに住む柳沢容疑者をホームレスと偽って大阪市に生活保護費を申請。賃貸住宅への入居に 伴う敷金扶助など保護費計約40万円を不正受給した、としている。柳沢容疑者は10月分と11月分の保護費計約24万円も受け取っていた。

 浪速署によると、柳沢容疑者は06年ごろ、義父の遺産数千万円を相続し、生活保護の申請時には預貯金など1000万円を持っていた。しかし、大阪 市浪速区役所で生活保護を申請した際、「資産はない。浪速区の電気街で路上生活し、所持金は2000円」と偽った。柳沢容疑者は、現金で支給された保護費 約40万円の大半を、申請に同行した金容疑者に手渡したという。

 柳沢容疑者は当時、大阪市淀川区の同社所有のマンションに住み、淀川区に住民登録していた。しかし、浪速区役所は、多額の資産の存在や住民登録に気付かなかった。(8月25日毎日新聞)




 まさに我々日本人の税金に寄生し、日本人を食い物にした許し難い犯罪である。路頭に迷った日本人同胞が、朝鮮人の餌食になっていたと思うと、強い憤りを感じる。今回の事件に関しては、毎日新聞と産経新聞が本名を報じたが、朝日新聞、読売新聞が通名報道。このように、犯罪者の名前を隠してあげる事が慣例化しているのも、在日朝鮮人に対する重大な特権である。

 手口はこうだ。西成など、大阪のドヤ街などでホームレスを捜して、彼ら生活保護を申請させて、金太烈の管理するアパートに引っ越しさせる。この時に役所から「引っ越し代」として、約20万円程度のお金が交付されるが、その内の大半が金太烈の手に入っていたとみられる。

d0178541_1691698.jpg


 さらに、賃貸契約の書類を「本人用」と「役所用」の二種類を作成。役所用には家賃のみを記載し、本人用には家賃以外の共益費・管理費・水道代を記載して、居住した被生活保護者からむしり取っていた。明らかな有印私文書偽造、詐欺罪である。

 こうした手口で、金太烈は約130人の生活保護者を“囲い込み”そこから金をむしり取っていたのである。大阪市の生活保護が、一人当たり月約12万円。この内、約半分が「家賃」として金太烈の懐に収まっていたと見られている。そうすると、130人を囲っていれば年間約9360万円の税金が、この朝鮮人に流れていた試算になる。

 事情通によれば、こうした「囲い屋」は、大阪だけでも約30程の業者にのぼると見られている。現在、大阪市の財政支出の約2割を生活保護費が圧迫している。そして、それらを食い物にする寄生虫・在日朝鮮人が跳梁跋扈しているのである。

 こうした金太烈のような者は、犯罪をおかして有罪が確定しても、朝鮮半島に強制送還される事は無い。釈放されて、通名を変更して、またのうのうと生活を送るのである。インターネット上に公開されている、金太烈の会社案内である。

会社名 株式会社 家のはしら
所在地 〒543-0037
大阪市天王寺区上之宮町11番13号
電話番号/FAX番号 TEL 06-6776-1173 FAX 06-6776-1174
設立 昭和36年3月23日
資本金 1,000万円
代表者 大強 起徳
事業内容 不動産業


 設立が思いのほか古いのは、こうした「囲い屋」稼業を前提に、「休眠会社」を買い取ったと思われる。そうでなければ、親の代から同様の手口で“商売”を行ってきたものと推察される。こうした企業案内においてすらも、正々堂々と通名が通用するのもおかしな話である。こうした特権があり続ける限り、朝鮮人の毒牙にかかる日本人は絶えない。

寄生虫在日朝鮮人を日本から叩き出せ!

通名制度と外国人への公金支給を停止せよ!

犯罪を犯した朝鮮人は全員「焼き印」を押して強制送還せよ!


人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-08-27 16:33 | 朝鮮人問題

小沢一郎に総理は“お似合い”

d0178541_1964173.jpg


 今朝、民主党代表選挙に小沢一郎が出馬する事を正式に表明した。前日の夜まで、側近すらも「出馬の可能性は1割以下」と言わしめておいた上で、出馬表明をする事で、世間の耳目を掻き集める手法は「政治家」である。良くも悪くも、このあたりの政治センスなどが菅直人との違いではなかろうか。

 本ブログがわざわざ記すまでも無く、小沢一郎の悪事醜聞は枚挙に暇がない。おそらくは、他の政治ブログや週刊誌などの方が、込み入った事案なども詳しく解説付きで書いておられると思うので、そちらに譲りたい。筆者は本当に心底悪い意味で、現在の日本の総理大臣に小沢一郎は良くお似合いだと思う。

 とある警察官が「小沢一郎さんは良い人ですよ」と語っていた。自邸を警備する警察官に、秘書や家族などを通じて、よく高級果物や御菓子などを“お裾分け”してくれるからだとか。周辺の人間も、そうした小沢の“些細な気配り”については良く語る所である。

 去年の年末以来、 天皇陛下に支那の習近平を無理矢理引見させた事で、強い批判を浴び、自邸に民族派団体の街宣車が押し掛けるようになった。ところが、春先頃、一部においてこうした動きがピタリと止まった。そこには広域暴力団幹部による働きかけがあったとも噂された。その背後には朝鮮関係の人脈が動いたとも筆者は直に仄聞している。

 また、極めて奇妙な事に昨年から相次いで、「反体制」「反権力」を標榜する極左党派の機関紙が、「小沢支持」を表明している。

「民主党・小沢は続投すべきだ」(『人民新聞』二十一年五月三日号)
「小沢党首を守れない民主党の危機」(共産主義者同盟『火花』三百三十二号)


 自民党出身で金権政治の代表各とも言うべき小沢一郎を極左党派が支持する。それも与党の立場であっても支持するという、一見すれば異常事態も惹起されているが、民主党の内実を見ればさして驚くには当たらない。極左勢力有数のテロ組織=革マル派の実質的に傘下にあるJR総連の田代郁を公認して当選させている。極左はとうの昔に与党となっている。

 今回の小沢一郎出馬表明に対して公明党の山口那津男代表は論評を差し控え、静観する構えを示している。創価学会との太いパイプを有する「小沢総理」の誕生は、池田大作にとっても朗報であるのはマチガイナイ。民主党が分裂になっても、公明党は「小沢新党」との連立与党入りを心底待ち望んでいるのだろう。

 小沢一郎の取り巻きである、輿石東は日教組のドンであり、山岡賢次はマルチ商法企業の代弁者であると同時に、両名とも強烈な朝鮮半島シンパである。在日朝鮮人という“世界最強の弱者”を介した、朝鮮による日本支配は完成しつつある。

 金権と営利至上主義の財界、腐敗した警察機構、暴力団、極左反日集団、在日朝鮮人、創価学会、日教組、マルチ商法………戦後日本で陰に陽に“猛威”を振るい続けた、ありとあらゆる非日本的で反日的な勢力が、小沢一郎という一人の男に“収斂”されていく。そうして完成されるのは、彼らが与党・支配者として君臨する構造である。

 小沢一郎こそ、そうした反日・亡国勢力を代表するにふさわしき男である。
 その時こそ初めて、我等日本人の護るべき価値が明らかとなる。
 我等日本人が闘争し、打倒すべき敵の姿が明らかとなる。

闇につつまれた時に、炎はより激しく燃える



人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-08-26 19:47 | 政治・行政

排害主義運動は炎

d0178541_1639342.jpg


排害主義運動は炎である。

吹き消そうとすれば燃え上がり、

物をかぶせようとすれば爆発する。

長らく人心の奥底に消えずに燃える事、

寺社仏閣本殿最奥に燃える祭りの火の如し。

しかれども一度人口を膾炙し、

街頭にあらわれては、 燎原の火の如く燃え広がる。

その燃料となるのは支那人朝鮮人であり、

その燃え盛る炎に注がれんとする油が移民である。

その油の瓶の注ぎ手を持つ者は誰か。

多民族共生を夢見る旧態依然の左翼であり、

移民受入れ構想を図る我利我利亡者の経済人、

祖国に責任を持たぬ政治屋たちである。

いまや多くの者達が、油の缶を抱えて炎の周りを取り巻く。

まるでキャンプファイヤーのように。

あるいは太古の宗教儀礼のように。

彼らは楽しそうに異口同音の歌を歌う。

「排害主義は良くない♪」 「差別と偏見をなくそう♪」

そして手にした油を一斉に炎へと注ぎ込む。

——刹那、周囲を閃光と火柱が圧す——

排害主義運動は炎である。

日本に寄生する朝鮮人を燻しだし、

日本侵略を狙う支那人を焼き払い、

反日分子を焼き焦がし、

売国政治家を燃やし尽くす。

全てを焼き尽し燃料を失った炎は、

また小さな灯火へと戻る。

しかしそれは決して消える事のない灯火である。

排害主義とは民族生命そのものに宿る炎である。




人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-08-24 16:42 | 排害主義

8・22そよ風デモと在特会日韓併合100周年集会参加

もう許さない菅謝罪談話!デモ行進

 
d0178541_11374327.jpg


 八月二十二日、そよ風の呼び掛けに応え、菅直人の謝罪談話に反対する有志らが東京都中央区の水谷橋公園に集結した。総数およそ150人超。涼風由喜子会長の挨拶に続き、外国人参政権に反対する会・東京の村田春樹氏がマイクを握り「日韓併合が無効だというのなら、朝鮮半島のインフラ整備に注ぎ込んで来た金を全額返してもらおう!」と訴えた。

d0178541_11414325.jpg


 弊社の作製した関西四勇士を称えるプラカードも公園正面に掲げられ、参加者らの注目を集めた。その後ろには、関西四勇士をはじめ、関西の同志らの芳名を記したZ旗が靡く。

d0178541_11432557.jpg


 いよいよデモ行進に出発。いつにも増して暑く、みな汗がダラダラと流れ落ちる。それでも「管談話を許さないぞ!」「極左政権は即刻解散せよ!」と、力強くシュプレヒをあげながら、銀座の街を練り歩く。

d0178541_11454026.jpg


 隊列後方に陣取った排害社グループ。排害社腕章を腕に締め、黒色排害旗を高々と掲げて行進。
 デモ隊は約30分のデモを終え、日比谷公園にて解散。日本を護る市民の会の黒田大輔代表と、そよ風の涼風由喜子会長が総括の挨拶をされて大きな拍手をもって締める。

 それから日比谷公会堂での在特会主催の日韓併合100周年記念集会に移る。



日韓併合100周年記念事業 国民大集会


d0178541_11552178.jpg


 会場前には長蛇の行列ができて、続々と入場者がある。定刻になり、国歌斉唱で開会。桜井誠会長が挨拶に立たれ、引き続き各氏が登壇して、日韓併合の今日的意義を論じる。

d0178541_122451.jpg


 我々排害社は、会場のロビーで出版社の方々と並んで物販に勤しむ。

d0178541_1225687.jpg


 売っていたのはコチラ。

d0178541_1232723.jpg


 不逞鮮人禁止の「反鮮バッチ」。ひとつ200円。大好評で飛ぶように売れ、百数十個以上用意して来た在庫は完売。また、排害社腕章も全て完売となった。また急いで作って、ネット上でも販売できるようにしたい。

 大会の方は八木康洋副会長の決議文朗読を以て七時半に閉会。900人近くが参加する大盛況だった。日韓併合100年にあたり、内外情勢多難の中、ひとつの潮流を多くの国民が体感できる素晴らしい集会になったと思う。

 ご来場の皆様、またグッズをご購入の皆様、まことにありがとうございました。
m(_ _)m



人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-08-23 12:09 | 活動報告

小さな事から始める勇気

小さな事から始める勇気


d0178541_1150522.jpg


ある町に川が流れていた。昔はとてもきれいな川で、鮎や鰻がよく釣れたし、水遊びをする子供で賑わっていた。ある時から、その川の河川敷にゴミがたくさん捨てられるようになった。

魚の数も減って、子供たちも遊ばなくなってしまった。そうすると、ゴミは余計に増えた。見かねた一人の若者が河川敷のゴミ拾いを始めた。しばらくすると、友人たちも手伝いはじめた。「俺たちの育った町の川をゴミだらけにしてちゃいけない」

話を聞いた、近所の老人、主婦たちも手伝いはじめた。商店街の親父さん、サラリーマンのおじさんも、手伝う人の数は次第にどんどん膨らんでいった。みんな休みの日や、お互いに時間をつくっては、ゴミ拾いに汗を流した。

雨の日も、暑い日も、寒い日も。来る日も来る日もゴミ拾いを続けた。空き缶、タバコの吸い殻、割れたビン…少しずつだが、みんな出来る限りゴミ拾いを続けた。まだまだ河川敷はゴミだらけだが、ゴミは確実に少しずつ減って来た。

ある日、みんながいつものようにゴミ拾いに汗を流していると、一人の中年男がやって来た。「おまえら“ゴミ拾い”とか言ってるけど、チマチマしたゴミしか拾わないじゃないか。それよりも、あっちに捨ててある冷蔵庫や廃車みたいな大きいゴミを片づけろよ。あっちのが本物のゴミだろ」と言い放って、くわえていたタバコを投げ捨てた。

例え話はここまで。



「真の在日特権は米軍基地である」

 在特会など<行動する社会運動>に対して、先頃から「新右翼」とされる人々や、新左翼陣営よりこうした批判が投げかけられる。その言説は上記の例え話に記した「一人の中年男」と何が違うというのだろう。「あいつも万引きしたから、あいつも捕まえろ」という万引き犯や、「あれも駐車違反だから、あっちも検挙しろよ」と警察にいうドライバーと一緒である。

d0178541_1233595.jpg


「真の在日特権は米軍基地である」
 主張は分かった。では、何も得意げになって言っていないで、どうぞ自分で在日米軍基地特権の撤廃を目指す運動を始めればいい。けれど彼らはやらない。せいぜいが、年に数回、米軍基地の前かアメリカ大使館に街宣をかけてオシマイである。更には「在日米軍特権」を撤廃させる運動を成就させるまでの具体的な青写真、運動戦略も持っていないのが実態である。

 彼らは一様に米軍基地を引き合いに出して、在日朝鮮人の特権を免罪させるような論調をなす。「在日朝鮮人の問題は大した事ではない」という認識では共通する。さらには「サンフランシスコ講和条約調印にともなって諸権利を喪失したのだから、“特権”が認められて当然」と主張する者までいる。

 在日米軍基地も確かに大きな特権である。日本に駐留する米軍の軍人とその家族がアメリカ本国に帰る時、部屋のクーラーを付けっぱなしにして帰る。また部屋に戻った時、部屋が適温になるまで少しの時間がかかるのが嫌だからだ。その電気代は我々日本人の税金である。そうした話は山のようにある。

 しかし、そうした話を持って来て、在日朝鮮人の問題の免罪符にはならない。戦後の右翼運動はずっと、大きな事を、大きな声で繰り返す連続だった。「北方領土奪還!」「自主憲法制定!」「米軍基地追放!」…けれど、それらのほとんどが未だ実現には程遠く、奪われた領土も帰ってきていない。

 去年の12月4日、チーム関西の同志らが、朝鮮人が不法占拠し続けていた勧進橋児童公園を奪還した。これは国際的な領土問題に比べれば、遥かに小さな事である。しかし、朝鮮人に不法占拠去れた公園を取り戻す気概のない民族に北方領土や竹島を取り戻す事はできない。そうした意味で、勧進橋児童公園と北方領土、竹島、尖閣諸島などは全て“陸続き”となっている。

在日朝鮮人の細々とした問題の一つひとつが例え小さかろうと、それらは確実に日本の独立自存につながっているのである。この問題に多くの市民が立ち上がりはじめた事は喜ぶべきことである。「一人では何もできない奴らが」「寄ってたかって…」とする陰口は、自らが大衆運動をつくれない僻みでしかない。

大きな事を言って何もしない人と、

小さな事からコツコツ汗を流す人であれば、

筆者は確実に後者と手を結ぶ。




人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-08-22 12:22 | 朝鮮人問題

ホラ来た朝鮮人!

ゆすり・タカリ・寄生は朝鮮の国技

朝鮮人への「謝罪」は愚の骨頂!


 こちらが一歩を譲れば、向こうも「すみません」と言って一歩譲ってくれる。これが日本人の「美徳」であるが、それはあくまでも「日本人の美徳」でしかない。海の向こうの人達、とりわけユーラシア大陸からデキモノのように吹き出した半島に棲息するヒトたちには全く通用しないし、かえって“逆効果”を招く事は常々指摘されてきた。

d0178541_12592921.jpg


日韓国会議員会議 慰安婦など補償など
韓国要求エスカレート 日本側に反論なく


 日韓両国の国会議員が、日韓併合100年にあたり菅直人首相が発表した首相談話や両国関係について議論する会議が19日、国会内で開かれた。韓国側は談話の内容は不十分だと指摘した上で、日韓併合条約は無効だとして慰安婦問題などへの補償を要求。日本側は押されっぱなしとなり、首相談話が日韓の歴史問題に区切りをつけるどころか、逆に解決済みの話を蒸し返し、韓国側の要求をエスカレートさせている実態を浮かび上がらせた。(中略)
 韓国側は元慰安婦や原爆被害者問題に関する補償の追加協議や、在日韓国人への地方参政権付与を求める要望書を土肥隆一衆院議員(民主)に手渡した。
 首相談話をめぐっては、韓国側から「韓国国民から見れば全然足りない」などとの意見が続出。談話で「意に反して行われた」と記された日韓併合に関しては「本当に歴史に率直であるならば、日韓併合条約の不法性を認めなければならない」との指摘もあった。(中略)
 韓国側はさらに、元慰安婦などの補償問題について「法的論理をふりかざすのではなく友好親善の視点に立つべきだ」と主張。
日韓基本条約で「完全かつ最終的に」決着済みの補償問題についてもさらなる取り組みを求め、元慰安婦や在サハリン韓国人問題、文化財返還などについて国会議員同士で取り組む委員会の設立を提案した。
 それでも日本側から反論はなく、石毛氏は「(日本では)日韓の歴史を反省することに反する動きが見過ごせない波になっている」と述べ、自虐史観に批判的な世論を批判した。
(産経新聞、平成22年8月19日 22:44)


ホラ見た事か。
 一度頭を下げれば、何度でも何度でも際限なく謝罪と賠償を要求して来るのが朝鮮人である。嘘をつくのも、事実を捩じ曲げるのも、都合の悪い事を忘れるのも当たり前。しかもドサクサに紛れて、地方参政権まで要求している。明確な内政干渉である。他国であれば、そんな要望書は即座に叩き返されるだろう。

 「日韓併合が意に反しておこなわれた」というのも虚偽ならば、「日韓併合が不法であった」などというのは、およそ近代法治国家において立法行為に携わる人間の発想ではない。従来、朝鮮人の学者や政治家をしても「日韓併合は不平等」と形容するのが精一杯だった。

 国力も、軍事力も、経済力も、外交手腕も違うのだ。国際条約の締結に完全な平等など期し得ない。それを完全に平等でなければならないとは、ボクシングの試合じゃないのだから、どだい無理な話である。ましてや、「平等でないから無効」というのであれば、国家間における条約協定は全て無に帰する。こうした観点からも、朝鮮人がいかに支離滅裂な要求を日本にしているか分かるだろう。

 しかし、日本政府もヒトがイイを通り越して、バカとしか言いようがない。日本政府は今までに韓国に対して、様々な場面で謝罪した回数が36回もあるそうだ。ギネスブックへの登録を狙っているにしてもヒドイ話だ。中には、どうやってどのように謝罪するか韓国と協議した例まである。かつての「河野談話」もそうだ。

 管談話が出て、併合について謝罪したと思えば、今度は元慰安婦、在サハリン韓国人、被爆韓国人の問題もやれと騒ぎ始める始末。自国民の保護と救済は自国の責任でやれ。日本が責任を負い、保障する必要性は毛頭存在しない。自国民を自国が保護するのは、国際社会の常識であるが、韓国の場合は、それに少しでも日本が関わっていたら、全力で日本に責任転嫁する。

 世界に誇るべき歴史や文化も、自然な国家統合原理も持たない朝鮮にとって、「反日」は貴重な国家統合原理であり、政治家の正統性を担保する“資源”なのである。こんな国とまともに付き合っていれば、顔を付き合わす度に「謝罪」を要求されるのは当然のことだ。

 その内、豊臣秀吉の朝鮮征伐まで謝罪と賠償を求めて来るのも時間の問題だろう。あるいは三韓征伐まで謝罪を求めて来ても驚くに当たらない。豊臣秀吉の軍勢は、朝鮮に攻め込み、戦功の証しとして討ち取った朝鮮人から耳を削ぎ取ったという。それを持ち帰って「耳塚」をつくった。ふざけた朝鮮人への対応はこれくらいがちょうど良い。

d0178541_13363727.jpg


日本の政治家は韓国に対して、

新しい国立追悼施設建設ではなく、

新しい耳塚の建設を仄めかすべし。



人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-08-21 13:39 | 国際情勢

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE