<   2010年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

スイス、外国人犯罪者は全員追放!

スイスの英断に学ぶべし

安全と独立は努力の賜物


d0178541_21271244.jpg


 山紫水明、秀麗なる山河を誇り、万年雪をかぶった高峰アルプスに囲まれた美しき国スイス。空気も山も、緑も水も綺麗な国と日本人は誰しもがイメージする。「中立国」という肩書きも、国際情勢や安全保障に無知な日本人には、なにやら美しいような幻想を与え、憧れを抱く人も多い。

 しかし、世の中、美しい物も、安全も独立もタダで護り、勝ち取る事はできない。それ相応の努力と対価が必要になってくるのは当然であり、それがなければ、美しき山河や人心、人命は失われてしまうかもしれないのだ。今回、スイスは世界に先んじた決断をした。

外国人犯罪者を「一律追放」=人権問題の懸念も—スイス国民投票
 【ジュネーブ時事】スイスで28日、強盗など重犯罪を犯した外国人を一律に国外追放することの是非を問う国民投票が行われた。政府発表によると、賛成は 52.9%と過半数に達し、一律追放の厳罰が承認された。ただ、外国人を狙い撃ちにした法改正は人権問題につながるとの懸念も出ている。
 今回の国民投票は、移民政策の厳格化を掲げる右派の国民党が発議。強盗や性的暴行、社会保障の悪用などで捕まった外国人を、例外なく自動的に国外退去させるよう法改正を求めた。
 政府は、犯罪の程度を考慮した上で、国外追放を個別判断できる現行法で対処可能との反対発議を提案したが、過半数の支持は得られなかった。(時事通信 11月29日(月)5時28分配信)


 このスイスの決断を、日本のメディアなどは「人権問題」にして問題視したいのだろう。「より刑罰の厳しい母国へ追放するのは、人権侵害だ」とする批判もあるようだが、こういった卑劣なる外国人犯罪者の被害を受けた国民はどうなるのか。人権とはその共同体の構成員たる国民こそが真っ先に保護されるべきものである。

 移民の多い欧州の中でも、スイスは住民の21%が外国籍で、とりわけ多くの外国人が暮らしている。そうした中であればこそ、投票実施に必要な署名は、期間内に規定の2倍も集まり、外国人犯罪に対するスイス国民の関心の高さを示したといえる。

 スイスは「永世中立」を謳い、その独立を守る為に徴兵制を敷く重武装の国家として知られ、同時に多数の成人男子が予備役もしくは民間防衛隊を組織している。予備役軍人の家には自動小銃が保管され、定期的な訓練もおこなわれている。国家の独立に対する強い意識が形成されている。その独立意識が、今回の新法制定につながったのだろう。

 思えば日本とスイスは様々な意味で対極にある国である。スイスは周囲を天然の要害たる山に囲まれた内陸国ながら、いまや現実的にスイスを侵攻せんとする隣国は存在し無い。それでいて、スイス国民の国防意識は上述の通り、上下一体すこぶる高い。

 ひるがえって日本は、周囲四面を海に囲まれている。海が天然の防壁たりえたのは中世までで、それ以降は航行技術の飛躍的発達により、海は侵略の窓口となった。そして周囲は全部侵略国ばかり。それに気づかず、安穏と構え、水と平和と駅前で貰えるティッシュはタダだと思っているのが日本人である。国防意識も低いし、スイスの決断を「人権問題ではないか?」と愚にもお節介を焼いている。

 スイスのような、周囲に敵国のいない国が安穏としているのならば、まだ分かる。しかし、日本のように周囲を虎視眈々とうかがう侵略国に囲まれた民が、安穏怠惰に耽るのは、自殺行為に他ならない。犯罪を犯した外国人を追放する、こんな当然の事すらも「外国人差別」と日本人が言い募るのは、日本人が海に囲まれる余り外国人を知らないからである。


犯罪外国人の追放は当然!

自国民の安全と人権を守れ!

日本はスイスの気構えと決断に学べ!



人気ブログランキング、応援のクリックを!





反鮮バッチ&排害バッチ販売のお知らせ!


【排害社PV】新攘夷運動 排害社【大和魂】 (youtube)


12・4勧進橋児童公園奪還一周年デモの告知
[PR]

  by haigai | 2010-11-30 22:44 | 国際情勢

支那人観光客激減!

世の中暗いニュースだけじゃない

【慶】支那人観光客激減!【祝】


d0178541_2150211.jpg


訪日中国人観光客数「事実上40%以上の激減」—中国メディア
 中国新聞網は24日、同日に日本政府観光局(JNTO)が発表した10月度の訪日中国人観光客数が9カ月ぶりに前年同期比を下回ったことについて、「日本の観光業は打撃を受けた」と報じた。
 JNTOによると、10月度の訪日中国人観光客数は前年同期比マイナス1.8%の10万6400人だった。今年に入って中国人観光客が急増する状況が2 月以降続いており、9月には前年同期比40%増を記録していたが、10月は9カ月ぶりにマイナスに転じた。1.8%のマイナスについて中国新聞網は9月の 増加率と比較、「事実上40%以上減少したことになる」と伝えた。
 また、9月に発生した尖閣諸島での漁船衝突事件が観光客減少に直接影響し、10月の大型連休(国慶節)に見込んでいた観光客が予想よりも大幅に減少した こと、今後もしばらくは減少傾向が続く見込みであるというJNTOの見解も合わせて紹介。「これは明らかに中国観光客の消費能力に期待していた日本の観光 業にとって打撃となった」とした。さらに、年頭には180万人の訪日中国人観光客を迎え入れる計画の達成が困難になったことも伝えた。(後略)
(サーチナ 11月25日(木)9時54分配信)


よろこばしい限りだ。
 我々排害社は、十月から「支那人観光客ゼロ運動」を提唱し、絶える事なく支那人排撃運動を展開して来た。尖閣諸島沖の衝突事件に関連し、支那においても日本観光を取りやめる機運が高まったのはもちろんだが、日本においても、支那人に嫌悪感と警戒感を持つ常識が芽生えて来たのは、大いに是とするところである。

 しかし、そうした「対中警戒論」や「対中不信」は詰まるところ、「悪いのは中国共産党」「一般の中国人は悪くない」とする、無根拠な綺麗ごとに流され、ややもすれば、こうして芽生え始めて来た日本人のあるべき対中意識に水を浴びせるような話になりがちであった。そこで我々は、あくまでも支那人の排撃を叫んで来た。

 なぜ日本の対中外交が敗北を重ねるのかを今一度考えて頂きたい。日中間に何か一つ問題が起きれば、支那において反日デモや日本製品ボイコットが起きる。これに日本企業は慌てて、政治家に対して妥協を要求する。日本において反中デモが起きる。すると、日本の経済人たちは日本の政治家に、対中融和を求める。

 こうした構造があるからこそ、日中関係はどちらに転んでも、日本は支那に屈服するスパイラルに陥ってしまうのである。その原因は、日本の政治家の腰抜け無能ぶりと、売国商人達の我利我利亡者ぶりもさることながら、日本人に攘夷の気概が足りない事に起因する。

 いかに支那大使館に抗議文を持っていこうとも、自国民の声すらマトモに聞かない国が、仮想敵国日本の「右翼反動分子」の声に耳を傾けるはずがない。ならば、自由競争とグローバル社会の中で、支那人の消費と購買に当て込んで商売を画策し、いつも日本政府に妥協を求める売国企業、そして支那人そのものを排撃する気概がなければ、日本の独立自存など守り得ないのである。

 そうした意味で、下記のニュースも喜ばしい知らせである。

中国人観光客減少が直撃 ラオックスが業績予想下方修正
 中国企業の傘下で経営再建中の家電量販店ラオックスは12日、2010年12月期(決算期の変更で9カ月間)の連結営業損益の予想を、8月に公表した5 千万円の黒字から、1億1千万円の赤字に下方修正した。中国をはじめとする外国人観光客への売り上げが9月下旬から減っていることを考慮したという。尖閣 諸島をめぐる日中関係の悪化に足をひっぱられた格好だ。
 連結売上高の予想も8月時点より8億円少ない100億円、純利益も1億3千万円少ない3千万円に下方修正した。羅怡文社長は「他社より中国人客の割合が大きいことが影響した」と説明した。ただ、「(中国人客は)早い段階で回復すると思うし、新店も出している」とし、12年12月期に連結売上高約 700億円をめざす中期経営計画は変更しない。(朝日新聞、11月12日19時28分)


ざまあみろ。
 このラオックスは、秋葉原や銀座などにおいて、支那人観光客ばかりに色目を使って、商売をしている。日本で商売をしながら、日本人の顧客を二の次、三の次にして、支那人のような極めてリスクを帯びた客を相手にしているから、こうなるのである。企業としてのリスクマネジメントも、モラルも存在していない。

 いま日本中の観光地、大型量販店から電器店、百貨店までもが、狂ったように支那人観光客の取り込みに必死になっている。秋葉原では、10月17日、このラオックスに我々同志らが赴いて、「尖閣諸島はどこの国の領土か!?」と店長に問い質したところ、「わかりません」というフザケタ返答が返って来た。これは何もラオックスだけではなく、オノデン、ソフマップも同様である。「支那人特需狂騒曲」が続けば、こうした商人が巷にあふれ、国論を誤るのは明らかである。

 支那人に商品を売らなければ店が潰れるのか? 潰れる店は潰れれば良い。経営者として才覚と危機管理が足りなかっただけだ。今までの日本がそうであったように、支那人に商品を売らなくても、日本は潰れる事はない。厳に恐れ戒むべきは、日本が「支那人依存症」に感染することである。支那人の大量受入れにより、経済・産業構造が支那人抜きで成立しなくなった時、日本は一発の銃声も鳴らずに陥落するのだ。

 これは中国共産党が存在していようが、崩壊していようが関係の無い事である。支那人の侵略願望と、並外れた物欲、そして倫理観の欠落は、必ずや目先の金に目の眩んだ日本人を滅ぼすに足りるものである。だからこそ、我々は支那人の対日影響力を減殺させるべく、支那人観光客、支那人移民の追放に立ち上がらなければならない。

d0178541_22403026.jpg


 そういえば、また最近、秋葉原のラオックス前が支那人観光バスの“駐車場”となっているようだ。不逞支那人のあるところ、排害社の出番であると会員達の士気も高い。また秋葉原に出動となるだろう。支那人観光客ゼロを目指して今後も闘って行く!


不逞支那人を叩き出せ!

支那人に媚びる商人を許すな!

支那人のいらない日本をつくろう!



人気ブログランキング、応援のクリックを!





反鮮バッチ&排害バッチ販売のお知らせ!


【排害社PV】新攘夷運動 排害社【大和魂】 (youtube)


12・4勧進橋児童公園奪還一周年デモの告知
[PR]

  by haigai | 2010-11-29 22:50 | 支那人問題

銀座から支那人バスを叩き出せ!

まるで観光バスの見本市!

銀座の一等地が支那人バスに占拠


d0178541_8515564.jpg


「支那人観光客のバスが銀座に大量に停まって、大迷惑なんです」という情報が寄せられ、弊社の会員らが下見に行って来た。

d0178541_8523179.jpg


すると、いるわいるわ。あっちでこっちで客待ち駐車。バスのフロントには、ハングルや簡体字のツアー名が並ぶ。これは秋葉原でも違法駐車の“常習犯”のジュニアオートだ。

d0178541_8543497.jpg


大型店の前だろうが、関係無し。

d0178541_8551050.jpg


二台も連なって停まる。まさにやりたい放題。観光バスの見本市と化している。その周囲では、支那人観光客が甲高い声で大騒ぎ。偽ブランドやコピー商品で稼いだ金を持って、日本に本物のブランド品を買い漁りに来ているのだろう。

d0178541_8563086.jpg


そして相変わらずの、この看板。警視庁管内の「違法駐車取締重点路線」は、“違法駐車天国”だ。
警察が仕事をしないなら、排害社の出番だ。


【支那人排撃運動第五弾!】

銀座から支那人観光バス違法駐車を追放せよ!


 11月27日、排害社会員らと有志は銀座の数寄屋橋交差点にて集結。在特会から、八木康洋副会長にもご参加いただき、支那人観光バスの違法駐車排除活動に出発した。

d0178541_933443.jpg


 なんと循環バスの停留所に観光バスが停まっている。土日は銀座中央通が歩行者天国になるので、外堀通りに観光バスが集まってくる。

d0178541_954128.jpg


 二台も連なって駐車する観光バス。フロント部分には簡体字を記載した典型的な支那人観光バスだ。即座に排除にかかる。「ここは公道!君たちの駐車場ではない!一般ドライバーの方が大迷惑している!支那人を乗せて直ちに退去せよ!」我々の怒りの声に、違法バスは大慌てで逃げ失せる。

d0178541_974858.jpg


 なんとこのバスは、運転手が後部座席で居眠りしていた。緊急車両が通過する際にはどうするのだろうか。「公道はホテルじゃない!駐車場に入れろ!」と厳しく一喝し、排除。

d0178541_992122.jpg


犯罪支那人、違法駐車観光バスの排撃・追放を銀座の皆さんに訴えながらパトロール。

d0178541_9105594.jpg


 銀座での悪質駐車の常習犯であるジョイフル観光のバスを発見。なんと交差点の停車線間近に停めっぱなしにするという無法ぶり。ここは支那人観光客専門のバス会社で、近年急増する支那人観光客に当て込んで荒稼ぎ、媚中と無法を働くバス会社である。

d0178541_9133458.jpg


「飛黄騰達」と、支那人の好きな言葉、縁起の良い龍を描き、媚中に余念が無い。

d0178541_9144975.jpg


 ナンバープレートも支那人の好きな「168」の番号で統一し、徹頭徹尾の媚中ぶり。そしてやる事なす事も、支那人と同じ無法ぶりである。「違法な客待ち駐車を直ちにやめろ!」「支那人を乗せて日本から出て行け!」「一般ドライバーが大迷惑してんだ!」排害社会員らの怒声も一段と高まる。

d0178541_9174588.jpg


 最初は何が起きたか分からないハゲ運転手。ようやく事態を理解し、大慌てで逃げ失せた。二度と銀座に来るんじゃねぇ!

 さらに我々はパトロールを続行。するとまたしても見たことのあるバスが。

d0178541_9192118.jpg


 なんと、またジョイフル観光。今度は数寄屋橋交番の間近で、客待ち駐車をするという有り様。警察も舐められたものである。すぐさま我々が一喝して叩き出す。夕方、外堀通りから全ての違法駐車観光バスを排除し終わり、我々は引き揚げた。また、支那人観光客の違法駐車バスのある所、我々はいつでも出撃する予定である。


銀座から支那人を叩き出せ!

支那人観光客の無法を許すな!

支那人に媚び諂う商人を追放せよ!



人気ブログランキング、応援のクリックを!


反鮮バッチ&排害バッチ販売のお知らせ!


【排害社PV】新攘夷運動 排害社【大和魂】 (youtube)


12・4勧進橋児童公園奪還一周年デモの告知
[PR]

  by haigai | 2010-11-28 09:23 | 活動報告

朝鮮人売春婦を糾弾!

嘘つき朝鮮ババアから日本の名誉を護れ!

国会議事堂前に愛国者が結集!


d0178541_12304870.jpg


 11月25日、朝鮮人の自称「元従軍慰安婦」らが韓国より来日。「日本軍『慰安婦』問題の立法解決を求める」として我が国会へ署名簿を提出し、国会議事堂裏の議員会館において集会を開いた。このような歴史捏造と反日活動が白昼堂々許されてはならない。

d0178541_12345640.jpg


多くの愛国者が、嘘つき朝鮮人とその支援者たる売国奴どもに怒りの声を叩き付けるべく結集した。

d0178541_12352171.jpg


 半長靴の紐を引き締め、戦闘準備万端の若き排害社会員ら。

d0178541_123778.jpg


 そこに嘘つき朝鮮人売春婦らが大挙してやってきた。年老いてもなお、日本を呪詛し嘘を吐き、ゆすりタカリを繰り返す老害の極み。「朝鮮ババアを東京湾に叩き込め!」「朝鮮人は恥を知れ!」と怒声が飛ぶ。

d0178541_12392534.jpg


 入口に殺到する同志ら。「嘘つきは帰れ!」「朝鮮ババアは日本から出て行け!」「ゴキブリ、ウジ虫、朝鮮ババア!」怒りの声は一層ヒートアップ。

d0178541_1241269.jpg


 慰安婦強制連行の虚構を鋭く糺すNPO外国人犯罪追放運動の有門大輔理事長。

d0178541_12433797.jpg


歴史的具体例を挙げて、朝鮮人の嘘を衝く外国人参政権に反対する会・東京の村田春樹氏。

d0178541_12445012.jpg


朝鮮人の横暴を厳しく弾劾するNPO外国人犯罪追放運動の小野寺秀一広報本部長。

d0178541_12471213.jpg


UFO、ツチノコ、ネッシー、ビックフットに従軍慰安婦。嘘つき朝鮮ババアは指名手配で全員検挙だ!と訴える弊社代表。

d0178541_12482838.jpg


朝鮮人の反日活動に怒りの声をあげる護国鬼十郎氏。

d0178541_12491039.jpg


入場を拒絶した主催者どもの欺瞞を指摘する在特会桜ゆみこ事務局長。

d0178541_12512972.jpg


会場使用の問題点、そして慰安婦の嘘出鱈目を批判する政経調査会槇泰智氏。

d0178541_12524216.jpg


「コラっ!嘘つき朝鮮ババア!出て来て釈明してみろ!」塀越しに一喝する主権回復を目指す会西村修平代表。抗議活動は一旦、昼食を挟んでから二時半より再開。

d0178541_12534292.jpg


再開直前、議員会館前にたむろする反日サヨクと小競り合いに。「尖閣諸島は中国のモノ」と禁治産者でも言わないようなキチガイ発言に、同志らの怒りが爆発。

d0178541_12561680.jpg


反日キチガイ左翼を問い詰める同志ら。風呂に入っていないのか、強い腐臭を放っていた。「兵器をなくせ」と言うが、こいつら自身が生物兵器である。

d0178541_12584881.jpg


再集結して、慰安婦ババアが集結している議員会館前に向う。

d0178541_1259307.jpg


制止にかかる第四機動隊、麹町署と衝突。力強い同志らの進撃に、機動隊の阻止線も後退。

d0178541_1302735.jpg


「慰安婦、粉砕!」「鮮人追放!」「嘘つき朝鮮メス豚クソババアを日本海に叩き込め!」「朝鮮人売春婦は土に還れ!」「嘘つきは朝鮮人のはじまり!」徹底的な怒号を朝鮮人と反日極左どもに叩き付ける。
反日分子の跋扈する所、
我々の前進は止まらない!


嘘つき朝鮮ババアを叩き出せ!

反日極左を日本から追放せよ!

汚らわしい鮮人から祖国を護れ!



人気ブログランキング、応援のクリックを!


反鮮バッチ&排害バッチ販売のお知らせ!


【排害社PV】新攘夷運動 排害社【大和魂】 (youtube)


12・4勧進橋児童公園奪還一周年デモのお知らせ
[PR]

  by haigai | 2010-11-26 13:04 | 活動報告

勧進橋児童公園奪還一周年デモのお知らせ

d0178541_18134723.jpg


勧進橋児童公園奪還一周年記念 

在日特権粉砕デモ行進


 平成21年12月4日、我々良識ある日本国民にとって、それは忘れられない日となった。京都市南区にある京都朝鮮第一初級学校は、学校の向いにある勧進橋児童公園を半世紀の長きに渡って不法占拠を続けていた。これに対して関西の勇士らが決起。不逞鮮人を一喝し、実力をもって勧進橋児童公園を日本国民の手に奪還した。
 戦後のドサクサに紛れ、多くの土地と利権を不当に獲得し、反日侮日的言動を弄しながら、日本に居座る不逞鮮人どもに対し、この義挙は痛烈なる一撃であると共に、戦後初めて日本人が自らの手で成し遂げた“国土恢復”である。
 「寸土を奪われれば全土を奪われる」と言う。換言すれば、寸土の奪還は全土の奪還に通じる。韓国が竹島を軍事占領し、支那が尖閣諸島、沖縄を狙い、ロシアが北方領土領有を強め、亡国政権の無為無策が吹き荒れる中において、この勧進橋児童公園奪還一周年の意義を共有して戦おう!

入管特例法を撤廃せよ!

朝鮮学校無償化を許すな!

不逞鮮人は地上の楽園に帰れ!


【日時】
平成22年12月4日(土) 14:30集合 15:00出発

【場所】
神宮通公園 (東京都渋谷区神宮前6-21、最寄:渋谷駅)

【その他】
雨天決行
国旗・プラカード持参歓迎
特攻服など現場にそぐわない恰好はご遠慮ください
撮影が入るため、顔を移されたくない方はマスクかサングラスなどご持参ください

【共闘団体】(50音順)
外国人参政権に反対する会・東京
在日特権を許さない市民の会・千葉支部
在日特権を許さない市民の会・東京支部
主権回復を目指す会
新攘夷運動 排害社
せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
NPO外国人犯罪追放運動
(共闘団体募集中)

【問い合わせ先】
haigai@excite.ne.jp 排害社事務局
[PR]

  by haigai | 2010-11-25 23:12 | 告知

動乱の世に備えよ!

朝鮮半島の激震は対岸の火事に非ず

日本は危機に立ち向かえ!


d0178541_1448782.jpg


 幾重にも立ち上る黒煙、とどろく砲声。日本列島との目と鼻の先で、突如として起きた事態に我が国は朝野をあげて大騒ぎとなった。「戦争がおきる!」「政府は何をやっているんだ!?」という声が巷にあふれた。我々は何年も前から、わが国周辺での有事と、それに対する対策を訴えてきた。それに対して「そんなの杞憂だ」「憲法九条で」と言っていた連中はどう言い訳するのだろうか。

 今回の事態が偶発的に起きたとする見方も散見されないではないが、相手は軍事独裁国家の北朝鮮。徹頭徹尾、軍隊から官僚機構、国民にいたるまでが異常な統制を受ける国家において、そうした可能性は低い。金正日以下朝鮮労働党中央の意向に即して、計画的に実行されたと見るのが順当である。

 そんな中にあって、首相と官房長官がよりにもよって“あの二人”なのだから、「不幸中の不幸」である。菅直人にいたっては、またしても「報道で知った」と、地に落ちている日本の信用を、あらに地中に埋めるかのような発言が平然となされた。カイワレ大根を食って、笑って許してもらえる時代はとうに過ぎ去った。仙谷由人と二人で北朝鮮に行って、木の根っこでも食っていればよい。

 一連の動向で気に掛るのは韓国政府の言動である。「大規模な報復措置」と居丈高に宣言しながらも、それには「北朝鮮がより攻撃的な行動をとった場合」と条件を付し、控えめである。中央日報などのマスコミ、世論が「韓国軍は断固かつ即刻対応して北の挑発を徹底的に粉砕しなければならない」と強硬姿勢を示すのとは対極的である。

 今年の三月には、韓国の哨戒艇「天安」が北朝鮮軍の攻撃で撃沈され、46名の死者が出たにも関わらず、韓国政府は粛々とした対応に終始した。それに引き続いて今回の反応なので、一層その印象が深まる。かつての韓国政府ならば考えられないことである。「ソウルを火の海にする」と言われれば「そっちこそやってやる!」と丁々発止掛け合いをやっていたのが韓国外交だった。

 こうした中で、韓国政府よりも存在感を示すのが、米中二カ国であり、韓国の動向を左右させるのは北朝鮮である。当事者である韓国と、重大な関係者であるはずの日本は蚊帳の外に置かれつつある印象が、昨日からの騒動でより鮮明になったといえる。

 そうした日韓を除外しつつ、米中と北朝鮮のパワーゲームとなる背景にあるものは何か。それは北朝鮮がウラン濃縮施設を公開した事をはじめ、北朝鮮の核武装が着々と進行している事に起因しているのであろう。この事実に関して、アメリカのクローリー国務次官補はシナが北朝鮮に然るべきメッセージを伝えてくれる事を期待すると表明した。核を持った国には、核を持った国しか対応できないのだ。

 そして同時にこの姿勢は、北朝鮮をイラン、イラクと並べ「悪の枢軸」と勇ましく叫んでいたアメリカの“後退”と、シナ中共との野合を示すものでもある。アメリカにしてみれば、北朝鮮が少々ヤンチャをするだけで、日本と韓国がいつでも泣きついて従順になるのだから、とても便利だ。

 おそらく今後アメリカは、日本と韓国への権益や影響力を留保しつつ、太平洋の真ん中まで自らの勢力圏を後退させ、東アジアをシナに“信託統治”させる可能性がより濃厚になってきたのである。いま現在、東シナ海を自らの海にしようと画策しているが、上記の流れであれば、日本海もシナの“内海”となる可能性が高まってくる。

 もはや、こうした国際情勢の中にあって、頻繁に叫ばれる「冷静に対処」「理性的に行動」というものなど、敵に時間稼ぎを与える、無能の口実以外の何物でもないではないか。いま日本が急ぐべきは、北朝鮮、シナからの侵略と干渉に耐えられるだけの核武装の実現である。

そのための費用は、朝鮮学校無償化のために用意した予算、在日につぎ込む生活保護、福祉給付金、そして在日が日本国内に保有していた土地建物を、すべて国庫に接収して充てればよい。なぜなら、在日があれほどまでに愛してやまぬ偉大な祖国が危機に瀕しているのだ。南北問わず、すみやかにお帰りになって、祖国のために存分に戦えばいい。そのために民族教育を受けてきたのだろうから。


九条が「戦争」を捨てても、

戦争は日本を捨ててはくれない。

我々日本人は全力で日本を護る!



人気ブログランキング、応援のクリックを!


反鮮バッチ&排害バッチ販売のお知らせ!


【排害社PV】新攘夷運動 排害社【大和魂】 (youtube)
[PR]

  by haigai | 2010-11-24 15:28 | 国際情勢

新嘗を祝う

自然の恵みに感謝

大地と共に生きる


d0178541_1434727.jpg


 11月23日は新嘗祭である。世間では「勤労感謝の日」などとなって、まるでメーデーなどで打ち騒ぐ「労働者」に感謝でもしなければならないかのような印象すら受けるが、これはGHQが非日本的に言い換えさせた産物である。祝祭日の意義を喪失させようとした罪業深く、それを未だに受容する日本人も愚かである。

 さて、この日、宮中においては 天皇陛下が新しくとれた穀物を御自ら天神地祇に供えられ、そして御自身も召し上がられ、自然の恵み、神々の恵みに感謝を捧げられる。この新嘗の祭は古くは飛鳥時代の御世から連綿と厳かに執り行われ続けて来た祭である。実に自然と一体、神々と共にある日本の姿を象徴している。

 本来、日本は農業国家であった。働く事は大地を耕すことであり、古く「百姓」とは即国民を意味し、 天皇陛下はかような国民を「おおみたから」と仰り慈しみ遊ばされた。ところが、近代社会の到来は、その構造に大きな変貌をもたらした。

 「勤労感謝の日」で「勤労」と聞いて、農業を連想する人が少なくなったのは、人々が大地から離れ、自然の恩恵を忘却してしまった事でもある。挙句、政府はアメリカや諸外国の顔色をうかがいながら、TPPで国内の農業を壊滅に追い込まんとしている。

 国民から政府に至るまで、そこに先人が抱いた大地への感謝は無い。ただ冷厳で目ざとい算盤勘定だけがあるのみで、いびつな日本を造ろうとしているように見える。ジブリアニメの名作「天空の城ラピュタ」のラスト、ラピュタを操り世界の支配者と化さんとしたムスカに、シータが「人は土から離れては生きられない」と喝破する。

 けだし至言というべきだろう。人は大地を離れて生きていこうとすれば、当然ながら人の生産に頼らざるを得ない。甚だしきは、人の産み出した物を奪わざるを得ない。ここに歪みが生じ、争いが起る。支那人も多くが日本人と同じく農家の出身だ。しかし、彼らには驚くほど大地に対する執着が無いと作家の河添恵子さんは指摘する。だから、利害損得の帳尻が付けば、自分の故郷なども捨て去って世界中の国に出て行き、そこでトラブルを起こす。

 日本人も同様であり、自分自身も大いに省みるところであるが、不便な故郷を離れ都会に暮らす。当然、郷里は枯れ、活力を失う。そして都会には共属意識の希薄な集合体ができあがり、その周辺に自らの町に無関心な郊外が形成される。この辺りの事情は作家の三浦展さんの『ファスト風土化する日本』に詳らかだ。こうした日本だから、不逞な外国人がいっぱい押し寄せ、トラブルとなる。

 ある人が言っていた「一粒の種から出来た物を欲しいと思うのは欲であり、当然のこと。でも、一粒の種からそれ以上の物を欲するのは強欲であり、争いの元」と。アメリカ、支那人、あるいは日本の経済人から国民に至るまで、大地への感謝を忘れた強欲の徒と化してはいまいか。「足るを知る」を忘れてはなるまい。大地を離れ、欲望を増殖させれば争いが起きるし、それに対して排害主義も目覚めざるを得ない。

 11月23日、日本人だからこそ、新嘗祭のこの日を天神地祇に感謝し、自然の恵みと共に生きる日本に生まれた事の有り難さを実感し、これからの祖国の在り方に思いを致す日としたい。


人気ブログランキング、応援のクリックを!


反鮮バッチ&排害バッチ販売のお知らせ!


【排害社PV】新攘夷運動 排害社【大和魂】 (youtube)
[PR]

  by haigai | 2010-11-23 02:27 | 随想雑記

反鮮バッチ&排害バッチ販売再開のお知らせ!

反鮮バッチ&排害バッチ販売のお知らせ!

d0178541_22423856.jpg


 お待たせしました。皆様からの多くのご好評をいただき、売り切れておりました「朝鮮人禁止」の反鮮バッチとと排害社『排害主義者宣言』のロゴをあしらった排害バッチを、皆様からのご要望にお応えし再び販売いたします。魔除け、虫除け、朝鮮人除けには反鮮バッチを!「排害主義にイエス!支那人朝鮮人反日左翼にNO!」の意思表示には排害バッチを!それぞれ大きさは2センチ5ミリのカワイイサイズです。

価格は各200円!
計3個以上の注文で送料無料です!


反鮮バッチ…在庫アリ!
排害バッチ…在庫アリ!

注文方法は、下記のメールアドレスに必要事項を書いてご注文ください。

1、住所
2、氏名
3、注文個数
  反鮮…個
  排害…個
4、送り人の名義(「ハイガイシャ」か個人名か)


haigai◆excite.co.jp 
(◆を@に変換してください。)


 なお、お支払いは同封の振り込み用紙をご利用の上、下記の口座にお振込ください。

ゆうちょ銀行振替口座
00180-7-322393
ハイガイシャ


人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-11-21 22:43 | 物販・グッズ

金権千葉市長を糾弾す!

金権千葉市長熊谷俊人を許すな!

千風の会、在特会千葉支部、排害社共闘!


d0178541_2245511.jpg


 11月19日、我ら排害社は千風の会などの呼び掛けに応じ、千葉市役所前に集結した。この千葉市役所に巣食う熊谷俊人を断固として糾弾するためである。この熊谷、親朝派サヨクにして、役所に出入りする業者に「政治資金パーティー」のパーティー券購入を強要する我利我利亡者との噂が専らである。

d0178541_22103484.jpg


 千葉で長きに渡り、腐敗行政、在日特権と激しく戦って来た千風の会渡辺裕一代表が演説。政治倫理審査会のの怠慢と熊谷俊人の腐敗ぶりを厳しく撃つ。

d0178541_22131093.jpg


 在特会千葉を率いる桜井達郎氏。「政治資金パーティーの“無料招待”は事実上の買収である。市民を利用する汚い市長だ!」とバッサリ。

d0178541_22152620.jpg


 そしてこの日の街宣に、とても嬉しい姿があった。長らく運動から遠ざかっていた護国鬼十郎氏が久しぶりの戦線復帰。「千葉には住んでいないが、千葉が大好きな」立場から、「(熊谷俊人のような)日本の誠の心を踏みにじるような輩を許してはいけない!」と熱い演説。
鬼さん、おかえりなさい。

d0178541_22321074.jpg


 弊社からは加藤哲史同志がマイクを握り、「千葉市は一丸となって拉致被害者救出に立ち上がれ!」と檄を飛ばす。金権腐敗親朝の熊谷よ、耳をかっぽじいて良く聞け。

d0178541_22335089.jpg


 全員で市役所庁舎に向け、腐敗市政糾弾の声をあげる。この日は関東近県のみならず、関西からも同志が応援に駆けつけ、熱い運動となった。

d0178541_22345935.jpg


金権市長を叩き出せ!

朝鮮に金を注ぎ込む役所を許すな!

国民の良識で熊谷市政に終止符を!



人気ブログランキング、応援のクリックを!





◆活動告知!◆  

これは第二の「女性国際戦犯法廷 」だ!

<朝鮮人売春婦の署名提出を粉砕せよ>    

慰安婦強制連行のでっち上げから英霊を守れ


朝鮮人売春婦らが11月25日(木)、「日本軍『慰安婦』問題の立法解決を求める」として我が国会へ署名簿を提出し、歴偽造のデモンストレイションを展開する。
http://www.jca.apc.org/ianfu_ketsugi/

朝鮮人売春婦らが我が国会前で、堂々と日本民族に謝罪を要求するなど嘗めるにも程がある!
売春婦らの日本に対する強請り・たかりに鉄槌を下せ!!

日時:平成22年11月25日(木) 11:00集合

場所:衆院第一議員会館前

【抗議呼び掛け】主権回復を目指す会、NPO外国人犯罪追放運動、政経調査会、せと弘幸Blog『日本よ何処へ』、日本の自存自衛を取り戻す会、排害社

【連絡】西村(090-2756-8794) 雨天決行 プラカードの持参歓迎

◆慰安婦強制連行、これほど日本人の精神と誇りを破壊した歴史捏造はない。
自民党政府は「河野談話」を発表してシナ・朝鮮の歴史捏造に屈服し、靖国の英霊と我が民族にとてつもない汚名を着せている。シナ・朝鮮への屈服は安倍晋三を含めた歴代党首に引き継がれ、今は民主党政権がこれをしっかりと受け継ぎ、より深化を謀っている。

職業として行った売春を、今になって強姦されたと言う
朝鮮人売春婦のご都合主義を許すな!!



☆極左政権にNO!☆

日本の領土!尖閣諸島を死守せよ!


【日時】 平成22年11月27日(土曜)15時開始予定

【場所】 銀座マリオン前

注意事項
・特攻服など現場にそぐわない服装でのご参加はご遠慮ください。
・当日は撮影が入ります。顔を写されたくない方は各自で対策をして下さい。
・手書きのプラカード、日章旗持参、大歓迎。
・現場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。
・雨天中止 当日の掲示板にて告示します。

【主催】日本再建会議・東京 090-8770-0960(阿部元彰)
[PR]

  by haigai | 2010-11-20 22:39 | 活動報告

支那人売春窟を行く

上野に出現した九龍城!

2部屋に1つが売春窟に…


d0178541_19293167.jpg


(写真は香港の九龍城)

 昨日の本ブログで上野に現れた支那人売春宿と化したマンションを報じる記事を紹介した。それを受けて早速本日、排害社の会員有志らが現地入りし、状況を見聞してきたので、そのありのままを以下に報告したい。
実態は極めて凄惨である。

d0178541_19323992.jpg


 問題のマンションは、東京を代表するターミナル駅である上野駅の目と鼻の先、わずか徒歩一分程度の場所に立っている。遠巻きに見れば、どこにでもある普通のマンションだが、近づいてみればその異様さに気づかされる。

d0178541_19341677.jpg


 所狭しと並べられた「中国式マッサージ」「エステ」の看板。

d0178541_1935298.jpg


 むろん、普通のマッサージ店もあるのだろうが、一棟のマンションにしては異常なまでにエステが入居しているのは誰の目にも一目瞭然だ。

d0178541_1936959.jpg


 マンションの入口にあるオートロックは「故障中」になっており、誰でも自由に出入りできるようになっている。支那人の違法風俗店は、こうしたマンションを好む傾向がある。

d0178541_19421450.jpg


 マンション内での風俗営業を禁じる貼り紙。普通のマンションではお目にかかれないものだ。しかし、この貼り紙も空しく、産経新聞の報道によれば、全234室の内、半分が売春に関連した部屋と化していたという。実に2部屋に1つが売春窟であったのだ。

d0178541_19442196.jpg


 上野警察署の取締から一週間たつも、いまだに営業していると思われるお店。隣近所には普通の日本人が暮らしている。マンションの部屋の多くが厚手の派手な色のカーテンや遮蔽物で窓を隠し、一種異様な雰囲気も漂う。

d0178541_19455180.jpg


 この貼り紙があったのはトイレではない。地上10階近くの階段部分である。支那人は催したら、男女の別なく、そこら中で排便する。その始末は日本人居住者が強いられる。

d0178541_19472055.jpg


 昼間から営業中のお店。弊社会員らが見ている横から、色欲に目の眩んだ日本人が中に消えて行った。

d0178541_19485976.jpg


 廊下や踊り場などには必ず「放置禁止」の貼り紙がある。公共概念の無い支那人は、すぐに公用空間を占拠する。

d0178541_1951735.jpg


 支那だけではなく、タイも居る様子。近隣の方の話しによれば「中国人と韓国人が特に目立つ」とのこと。

d0178541_19521578.jpg


 支那人の入るマンションでは、「晴れ時々ゴミ」が常態化している。ある集合団地では、上階に住む支那人の投げ捨てたタバコがベランダに干してある布団に燃え移るという事件も発生している。そして、彼らは必ず最後までシラを切り通す。

d0178541_19543151.jpg


 どんよりと汚れたマンションの踊り場。ゴミ、ガム、あるいは排便のあとが何カ所も見え、とても汚れていた。

d0178541_19553616.jpg


 そしてまたしても排便禁止の貼り紙。マンションの階段や扉など、そこかしこに貼ってあった。いかにトラブルが多発していたかが分かる。一時期は排泄物とゴミだらけだったとか。さながら上野に出現した九龍城だ。

 近所の不動産屋に話しを聞けば、「上野駅から徒歩一分という絶好の場所にありながら、家賃は6万円ぐらいからの格安物件ですが、それ相応のワケもありますよ」と笑って話す。

 「先日、マスコミに報じられるまではこの物件が埋まりにくいから、お客様に勧めていたんですけど、もう世に出た以上は勧めにくいですね」と嘆じる。風呂なしトイレなしのボロアパートか、2部屋に1つが支那人売春窟のマンションか、といったところか。

 問題は、こうしたマンションが目と鼻の先にありながら、長年ずっと手をこまねいて来た上野警察署の対応だろう。今でも夜の帳が落ちれば、シャッターを降ろした上野の町に、支那人売春婦がそこかしこに立って客引きに励んでいる。「取り締まりで一時的に少し減っても、長い目で見ればもっと増えますよ」という事情通の意見もある。


支那人の人口侵略は静かに、

そして着実に日本を蝕んでいる。

それにより破壊されるのは日本人の生活だ!



人気ブログランキング、応援のクリックを!
[PR]

  by haigai | 2010-11-19 20:19 | 支那人問題

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE