<   2011年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

被災生徒たちへの不条理

被災生徒は進学を断念…

外国人留学生は奨学金支給


d0178541_17493854.jpg


高校生奨学金に被災者枠 希望者全員に貸与
 県教委は、東日本大震災で被災した高校生に対する奨学金を拡充する方針を固めた。県出資法人の岩手育英奨学会の制度に震災枠を新設。希望者全員が奨学金を受けられるようにする。自宅の流失や保護者の失業により被災した高校生は約3千人に及ぶとみられ、就学を続けるための家計の負担は大きい。県議会6月定例会に数億円規模の基金積み増しを盛り込んだ補正予算案を提案する。
 同奨学会の奨学金は、高校生計712人(2月28日現在)が受給。公立高の自宅と自宅外通学、私立高の自宅と自宅外通学に区分され、月額1万8千〜3万5千円が在学中に無利息で貸与される。
 震災枠も同様の基準で運用されるが、貸与を受けるための成績や人物審査を除外。希望者全員を対象にする。早ければ7月にも貸与を始められそうだ。
 高校生を持つ被災地の世帯は、家計の悪化による就学や進学の断念が懸念され、負担軽減は大きな課題。県立高の2010年度卒業生のうち、進学を断念した生徒は沿岸部10校と一関地区1校におり、四年制大学が5人、短大・専門学校などが20人に上った。(岩手日報 05/20)



 両親が健在で働いていても、経済的な理由から希望の進学を諦める生徒が少なくない。筆者の後輩たちの中にも、家庭の事情で進学を諦めた者が何人もいる。そうした現状の中で、こうした対策は無いよりはマシであるにしても、それでも遅いし、不十分なぐらいである。無利息であるにしても、高校卒業と同時に120万円近い借金を背負うことになってしまう。

 地場産業の復興も不確かな中、無利息とはいえそうした奨学金を借りることには、生徒にとっても不安が消えないのではないだろうか。また、地場産業の復興が整わないうちに卒業となれば、彼らは借金返済のために都会に流出し、東北から若者の働き手が失われてしまうかもしれない。この政策にはもう少し中長期的な視点を取り入れてほしい。

 しかし何よりも問題なのは、日本人の被災者の若者、学生たちが苦境に陥っている中で、政府が支那人などの外国人留学生に“支給”している奨学金である。留学生には国費と私費の二種類がおり、国費留学生には研究留学生ならば毎月16万円ちかくが支給され、大学、日本語学校ならば13万ちかくが支給されている。私費では大学院で6万5千円、学部生には4万8千円が支給されている。

d0178541_18185716.jpg


日本人は「貸与」で、わずか月3万円

支那人は「支給」で、なんと月16万円


 しかも支那人などの留学生であれば、授業料は不徴収か、文部科学省負担であり、おまけに本国との往来交通費も支給される。医療費補助も予算の範囲内で出ると言うのだから、至れり尽くせり。これが全て我々日本人の税金で行なわれているのだ。

 こんな不平等不条理があるか!!


 震災で父親や母親、家をも失った生徒が頑張っているのに、彼らには月に1万円から3万円の貸与。それで、ようやく大学などには入学金や授業料免除の協力を求める程度である。日本人には同胞と祖国を救う気持ちが軽薄に過ぎるのではないか。

 支那人留学生などは授業料も免除で月に十数万円もらえるのだ。それでいて三年前の長野聖火リレーのように、日本国内で反日騒乱を起こしても何とも思っていない。こいつら奨学金と交通費、医療費補助と、ついでに大学の教科書も全てひっぺがして被災地の生徒に支給せよ!

税金は日本人のために使え!

外国人への奨学金を即時中止!

被災地で進学に迷う生徒・学生を救え!

[PR]

  by haigai | 2011-06-30 18:19 | 政治・行政

半減期なき最悪の物体

東日本大震災:放射性ヨウ素は漁場で検出せず セシウム基準値以下 /福島
 県は17日、漁場や沿岸漁場の放射性物質モニタリング調査の結果を発表した。全37地点で放射性ヨウ素は検出されず、放射性セシウムも県が安全基準としている値を下回った。
 沿岸部環境を確認するため2〜9日に、漁港・大型港湾13カ所▽磯根漁場12カ所▽浅海漁場12カ所の海水を採取して、放射性物質の濃度を調べた。安全基準の数値として、原子炉等規制法によって「放射線管理区域から排水可能」と定める「濃度限界」を適用した。
 調査の結果、最高値は放射性セシウム134(濃度限界1リットル当たり60ベクレル)が小名浜港4号埠頭(ふとう)の同6・85ベクレル、同セシウム137(同90ベクレル)が同所の同7・32ベクレルで、ともに基準値を下回った。
 県は今後も週2回〜月1回、これらのポイントでモニタリング調査する。(毎日新聞 6月18日(土)10時18分配信)




放射性物質や素粒子には全て半減期がある。

ヨウ素は一週間

セシウムは三十年

↓ではコレの半減期は??


d0178541_16565955.jpg


在日支那人の人口推移

平成3年 17万人

平成22年 70万人

20年で3倍以上に増えている!


d0178541_16591139.jpg


 この暑さで支那のプールは大パニック。一瞬みたときは岡山のはだか祭と、スペインのトマト祭が一緒に起きたのかと思ってしまった。日本のプールや街も支那人が増えればこんな状態になるのだろうか。

 セシウムなら三十年で半分になるが、支那人には半減期は無い。それどころか三十年もたてば四倍から七倍に増えているかもしれないのだ。挙句には窃盗もすれば参政権も要求し、内政干渉もスパイもやる。国防動員法が発動されたら蜂起する可能性もある。放射性物質より遥かにタチが悪い。

放射線の除去も大切だが、支那人の除去もそれ以上に大切である。



人気ブログランキング、応援クリックを!


7・9外国人への公金支出全廃デモの告知
[PR]

  by haigai | 2011-06-29 17:04 | 支那人問題

北朝鮮、拉致再開の衝撃

北朝鮮、また拉致作戦を再開か!?

問い直されるべき日本人の惰弱さ


d0178541_18174765.jpg


東日本大震災の混乱に乗じて北朝鮮が日本人拉致作戦を再開
NEWSポストセブン6月17日(金)16時0分
 核開発問題の解決がすっかり止まってしまった北朝鮮。5月の金正日電撃訪中で国際社会を騒がせたものの、メディアの俎上に載ることが少なくなっ た。だが、後継者・金正恩主導の工作部隊が密かに動いている。日本の政治と社会が混乱している今、日本人拉致工作が再び進行しているのだ。その目的と実態を関西大学経済学部教授の李英和氏が報告する。

 * * *

 北朝鮮の日本人拉致作戦が再起動している。筆者が今年3月に入手した情報では、昨年末から北工作機関による新たな「日本人拉致」の動きが密かに進行中である。

 

  こう言うと「まさか」の声が聞こえてきそうだ。たしかに、金正日は2002年の小泉訪朝で拉致事件を認めて謝罪し、「関係者を処罰」して再発防止を誓っ た。実際、筆者の知るかぎり、それ以降は拉致事件が起きていない。くわえて今、日本は巨大津波と原発事故という未曾有の大災害の最中にある。首相の退陣騒 動で政局も大揺れだ。そんな窮状に付け込んで、北朝鮮が日本人拉致作戦を再開するだろうか。信じたくない気持ちもわかる。

 だが、 事実である。北朝鮮が日本の混乱に乗じて狙うのは「原発テロ」などの破壊工作ではない。新たな日本人拉致作戦なのである。より具体的には、日本人を人質に 取り、日本政府との交渉カードに使う目論見だ。目的は経済制裁の解除と人道支援の獲得である。むしろ、日本の政治と社会が混乱している今こそ、拉致作戦の 再起動が狙い目なのである。

 北朝鮮では今、太陽が2つ出ている。「沈む太陽」(金正日)と「昇る太陽」(金正恩)で、父子権力世 襲の移行期にある。2個の太陽が照りつけて、北朝鮮の権力構造は急激な「温暖化」の時期を迎えている。激しい権力闘争を背景にして、各工作機関は「昇る太 陽」を一斉に仰ぎ見、功名心にはやって活動を過熱化させている。韓国哨戒艦撃沈、延坪島無差別砲撃、韓国金融機関ハッカー攻撃、そして金正日訪中直後の 「南北秘密接触」暴露攻撃。テロ攻撃の内容と実行機関も多種多様である。

 ここで注意を喚起しておく。北工作機関の攻撃対象が韓国 ばかりとは限らない。アメリカと日本も確実に標的に入っている。さすがに、日米両国に武力攻撃を加える度胸と実力は北朝鮮にない。北工作機関が日米両国を 相手に仕掛ける主な活動は拉致作戦だ。それも同時並行の作戦となる。

 アメリカ人拉致工作はすでに具体的に起動している。昨年11月、北朝鮮の秘密警察(国家安全保衛部)は米国人牧師を「反国家犯罪容疑」で逮捕・起訴した。北朝鮮政府から査証を受け、人道支援活動で正規に入国した牧師だ。容疑の内容は「不法なキリスト教の布教」だった。

  拘束理由が事実かどうかはともかく、北朝鮮政府は牧師を人質に取り、アメリカ政府高官の訪朝を水面下で執拗に要求し続けた。実際、5月にカーター米元大統 領が民間人資格で訪朝したにもかかわらず、北朝鮮は牧師の釈放をかたくなに拒絶している。あくまで正式な対米交渉再開の突破口に使う腹積もりだった。この 拉致作戦はみごとに功を奏した。

 オバマ政権は5月下旬、ロバート・キング北朝鮮人権問題特使を平壌に送り込んだ。名目は人道食糧 支援の実情調査だが、米政府高官の訪朝としては実に1年半ぶりの出来事だった。キング特使は事件に「遺憾の意」を表明し、牧師の身柄を受け取った。同時 に、食糧支援問題での再訪朝を北朝鮮に約束している。
 同じ方式で対日交渉の扉をこじ開ける算段が日本人拉致作戦の再起動である。
(※SAPIO 2011年6月29日号)



 にわかには信じ難いが、これが国際社会の厳しい現実である。金正日が拉致を認めてからの九年間、最初の帰国者5人以外に日本は誰一人も救出できなかった。それどころか、ついには再び日本人を拉致せんとする機運まで生じてきたのである。拉致運動とは前進ではなく、北朝鮮の時間稼ぎに与した後退だったのではないか。

 このような動きが出て来ても尚、拉致運動は青い風船を片手に童謡を歌いながら、「話し合い」を求めて練り歩くのだろうか。先の六月五日に行なわれた救う会のデモに、在特会と弊社会員らが参加し、朝鮮人への怒りの声をあげたところ、「朝鮮人殺せというのは過激だ」「過激な言動に怒りを感じる」と愚にも付かぬ事を言って、救う会内部で内紛に興じている者達がいた。実に愚劣迷妄の極み。その怒りと行動力を朝鮮人に向けてみろといいたい。

 北朝鮮はこの九年間、日本の拉致運動をめぐる世論や政治の移ろいをつぶさに観察していた事だろう。政府主導の官製運動になり、当初の情熱は失われ、政治家は選挙の前だけ集会に駆けつける。横田めぐみさんの御両親が訪米しブッシュ大統領に協力を求めた事を、日本の全ての政治家は恥としなければならない。この期になっても、デモの際に「日本人の品位だ」の「誇りだ」のと綺麗事を言っている、自分と似た体型の者を見るに及んでは、金正日もほくそ笑んだ事だろう。

北朝鮮に拉致再開を決断させたのは、日本人の惰弱さである。

 この姿勢を改めない限り、日本人は畑に生えている野菜のように拉致されていくだろう。怒りを忘れた民族は滅び去るのである。

怒れ日本人!!



人気ブログランキング、応援クリックを!


7・9外国人への公金支出全廃デモの告知
[PR]

  by haigai | 2011-06-28 18:41 | 朝鮮人問題

博多に巣食う害人の実態

博多に巣食う害人の実態

「アジアの窓口」は侵略の窓口か


d0178541_232132.jpg


 先日来、九州排害社が福岡市役所に対して「市内在住の外国人生活保護受給者の数」を情報開示請求していたが、その回答がようやくあったので、こちらに掲載させていただく。福岡市は県をあげて、「アジアの窓口」などと謳っているが、その実態がいかなる結果をもたらすかの一端を多くの方にご覧いただきたい。

平成22年7月
福岡市外国人生活保護者数
韓国・朝鮮   361人
中国   58人
フィリピン   23人
ベトナム   6人
アメリカ    2人
中南米   4人
その他   10人
合計   464人


 圧倒的大半を朝鮮人が占めている。外国人生活保護問題とは、現状では朝鮮人問題とほとんど一緒と言っても過言ではない。しかも重要なのは、この数の推移である。四年さかのぼった平成18年の同様の資料も入手できたので、掲載させていただく。

平成18年7月
韓国・朝鮮   284人
中国   39人
フィリピン   18人
ベトナム   1人
アメリカ    3人
その他   8人
合計   353人


 なんと四年間で朝鮮人の受給者が80人も増加しているのである。「アジアの窓口」をうたい、支那や朝鮮とフェリーや飛行機で結ばれたといっても、こうした人間ばかりが大量に流入してきたのでは、大問題である。福岡をはじめ九州は、元寇にみられるように常に大陸や半島からの侵略の窓口であった歴史を忘れてはなるまい。


人気ブログランキング、応援クリックを!


7・9外国人への公金支出全廃デモの告知
[PR]

  by haigai | 2011-06-27 23:14 | 活動報告

日本は全て「大阪」になるのか 最多の生活保護

群がり膨れ上がる寄生虫外国人

日本は全て「大阪」になるのか


d0178541_1581488.jpg


大阪市の生活保護、過去最高を更新2910億円 
 全国最多の生活保護受給者を抱える大阪市は24日、平成22年度の一般会計決算見込みの速報値を発表し、生活保護費が過去最高額を更新する2910億円となることが明らかになった。生活保護費の増加は20年連続。市財政全体では人件費を抑えたことなどもあり、22年連続の黒字会計は守ったが、生活保護費の増大に圧迫される市の苦しい財政状況が改めて浮き彫りになった。
 大阪市の生活保護費は平成3年度で888億円(受給者数4万3千人)で、一般会計に占める割合は5・6%にとどまっていたが、その後は年々上昇。決算の対象年度となった22年度は2910億円(同14万6千人)で一般会計に占める割合は17・3%にまで増加している。23年度の受給者数は15万人を超えており、市民の18人に1人が生活保護の受給者となっている。
 大阪市は平成12年度に3397億円に上っていた職員の人件費を10年連続で減少させ、22年度には2295億円に抑えたほか、一般施策の経費や特別会計などへの繰り出しも圧縮したが、生活保護費を含めた22年度の扶助費は前年度から527億円増え、4877億円となった。(産経新聞 6月24日)



 大阪市の生活保護受給率は、日本最少の富山の30倍にのぼるという。市内在住者の18人に1人というのも高い数値だ。役人天国とも言われ、公務員の給料が高い事で知られる大阪市も、さすがに財政を健全化するために、職員給与・人件費の削減を頑張ったみたいだが、最後にこの難関が残った形だ。

 あまりにも財政を圧迫された大阪市は、生活保護の財源を国庫負担してくれるように政府に求めているという。それも一つの選択肢としてあるだろうが、それを言う以前に、大阪市は受給者の詳細な内訳を大阪市民はもとより国民に公開しなければならない。受給者の15人に1人、1万人を超える外国人受給者がいる。

 日本全国で生活保護を受給している外国人の数は6万人だが、その6人に1人が大阪市内にいる計算になる。とんでもない高い数値である。それに注ぎ込まれている税金も、推定総額1200億円。大阪だけでも194億円だ。まずはこれの中身を国民に公開すべきだろう。

 生活保護目当てに親族や、親戚でもない人間達を身内と偽って来日する支那人、離婚して行政の金目当てに子供を引き取ったフィリピン人、無年金なのに行政にゴリ押しをして騒ぐ朝鮮人。そしてなぜか南米や東南アジア諸国、果てはアメリカ人までいる。こんな外国人天国の実態を公表した上で、外国人への支給を打ち切るべきだろう。

 さらに大阪市の行政自体にも問題がある。ある人が最近、失業したので大阪市のハローワークに行くと、仕事よりも先に「生活保護を受けた方がいいですよ」と職員から言われたというのだ。仕事を紹介する窓口が、生活保護のあっせんをしてどうする。そして大阪市の生活保護課ではケースワーカーの職員が慢性的に不足してしまう。これが更に不正受給の悪循環を生む。

 西成のあいりん地区に行けば、ハローワークの周辺で生活保護をもらっているであろう日雇い労働者達が、平日の真っ昼間から路上で酒盛りをやっている。そして、そんな彼らを囲い込み、生活保護費をピンハネする「囲い屋」と呼ばれる貧困ビジネスも横行している。ならばいっその事、国や自治体が大型の共同生活施設をつくり、そこに入居させるようにでもすればいいのではないだろうか。

 現在のまま膨れ上がる生活保護問題を拱手傍観していたら、やがては定住支那人達が老人になったり、支那本国にいる年老いた両親や親族を呼び寄せはじめたら、取り返しの付かない大問題になる。生活保護費の総額は防衛予算に迫るだろう。そうなれば、日本全国が大阪になってしまう。

 そうならないためにも、この行政に隠された実態を国民の目に提示して、しっかりと議論を尽くして税金にたかる寄生虫を排除していくことが求められる。


人気ブログランキング、応援クリックを!


7・9外国人への公金支出全廃デモの告知
[PR]

  by haigai | 2011-06-25 15:28 | 政治・行政

自殺列島に送る檄

外国人を肥え太らせ

日本人は続々と自殺


d0178541_20233677.jpg


自殺者数:急増で震災影響調査 5月、3329人 前年比で2割増−−内閣府
 今年5月の全国の自殺者が3329人(暫定数)で、昨年5月の2782人(確定数)に比べて547人、19・7%増えていたことが警察庁の調べで分かった。
昨年12月から今年3月までは4カ月連続で前年を下回った減少傾向から一転したうえ、月別の自殺者数が3月と9、10月にピークを迎えることが多い近年とは傾向が異なる。
内閣府は「東日本大震災による生活環境や経済状況の変化が影響している可能性がある」として、震災後の自殺者の性別や年代、出身地など、警察庁の統計を詳しく分析する。
(毎日新聞 6月21日)



 本当にいま自殺が増えている。知人の知り合いの中にも自殺者が出たと思っていたら、筆者の大学時代の後輩も自殺していたことを先日知って、心底ショックを受けた。老若男女問わず自殺が増加しているそうだ。これから夢があるはずの学生・生徒の自殺者も800人を越えているという。年間自殺者の数はわかっているだけでも年間3万人だが、これ以外にも事故、病死、自殺とも分からない変死者は15万人を越えている。この半数が自殺だとすれば、年間の自殺者は10万人を越える計算になる。

 なぜこうも日本人は弱く脆くなってしまったのかと思う。「会社をクビになった」「受験に失敗した」で自殺するものもいれば、「彼氏・彼女にフラレタ」といって自殺する者まで。そんな事でイチイチ死んでたら命がいくつあっても足りやしない。生命尊重ばかりのヒューマニズムはくだらないと思うが、もっと強く図太く生きている根性が日本人には必要だろう。

 自殺者の全てがそれぞれの悩みを抱えていたのだろうが、経済的理由による者も多いとされる。日本人が心身をすり減らし、精神的・経済的理由で命を絶って行く中、大勢の外国人が日本に食らいついて図々しいまでに生きている。

外国人への生活保護費支給  1200億円
外国人留学生への政府奨学金  300億円
外国への政府開発援助  1兆1000億


 いまや外国人の生活保護受給者は6万人を越えている。とある都内の区役所生活保護課では、保護相談を受けている5人のうち2人ぐらいが外国人だったのを、筆者は見たことがある。日本人の大学生は奨学金をもらいながら学校に通い、卒業した途端に受け取っていた奨学金300万〜500万円が借金にかわる。ところが、支那人などの留学生には全て「支給」である。日本人の自殺は連日あるのに、外国人が自殺したなどという話しは寡聞にして聞かない。こんな不条理があるか。

 本来であれば、困窮した日本人が「ふざけるな!俺に寄越せ!」と外国人に渡されているものを分捕るぐらいの気概があれば、何も問題はないのだろうが、いまの日本人にはそんな元気がないのだ。「死ぬ気でやれば…」というが、中東みたい暴動を起こしたり、寄生虫外国人に対峙する事よりも、死を選ぶ方が楽なのだろう。

 そして日本人が続々と命を絶って行く中、多くの支那人らが日本の金を目指して押し寄せてきている。そして彼らは日本人が高齢化して孤独死する団地や、人生に疲れたサラリーマンが飛び降り自殺した雑居ビルへと根をおろしていく。「永住・定住・帰化」は数万円で取り引きされている。薬物自殺を選ぶ人が使う薬の総額よりも安い値段かもしれない。

 いま自殺を考えている同胞へ。あなたがたは悔しくはないのか。一体なんの為に生まれてきたのか。線路の敷石の一部になるためか!?カラスや魚のエサになるためか!?睡眠薬や練炭の売り上げに貢献するためか!?死ぬ事を考えているのであれば、今一度、本当に死ぬ気で自分と、自分の祖国を甦らせようではないか。

日本人よ強くなれ!

日本人無視の政治にとどめを!

死ぬ気で祖国を取り戻せ!




人気ブログランキング、応援クリックを!


7・9外国人への公金支出全廃デモの告知
[PR]

  by haigai | 2011-06-24 20:59 | 政治・行政

6・25反パチンコ街宣の告知

新宿駅前 反パチンコ街宣 & パチンカーへの呼びかけ

〜 日本からパチンコ産業を叩き出そう! 〜


d0178541_20141490.jpg


今夏、大規模な電力不足が全国に広がることが懸念される中で、パチンコ産業は相も変わらず朝から晩まで大量の電力を浪費しています。そもそも電力不足問題はきっかけに過ぎず、賭博法違反の犯罪産業をこれまで野放しにしてきた結果、治安の悪化、テロ国家北朝鮮へのパチンコマネー流出(年間700億円)、車中置き去りで乳幼児などが死亡する事故の多発などなど深刻な事態を招いてきました。

在特会ではパチンコ団体(日遊協)への加盟ホール全店閉鎖の申し入れ、全国一斉の違法賭博パチンコ産業の即時廃止デモに続き、東京でも指折りのパチンコホール密集地である新宿にて反パチンコ街宣を行うとともに、早朝からホールに並ぶパチンカーへ直接呼びかけを行う活動を以下のとおり実施します。パチンコに反対される皆さまの積極的なご参加をお願い申し上げます。

※ 情報を変更する場合があります

【日時】
平成23年6月25日(土) 9:00集合

【集合場所】
JR新宿駅東南口 階段下
http://p.tl/KIb9

【活動予定】
9:00〜9:30
東南口階段下にて反パチンコ街宣

9:30〜10:00
駅近辺のパチンコホールに並ぶパチンカーへ直接呼びかけ

10:00〜11:00
東南口階段下にて反パチンコ街宣

【生中継】
ニコニコ生放送にて9:00より中継予定
http://live.nicovideo.jp/gate/lv53760775

※緊急の場合、下記スティッカムに生放送を切り替えます。
http://www.stickam.jp/profile/zaitokukai

【現場責任者】
桜井誠 (在特会会長)
八木康洋 (在特会副会長)

【主催】
在日特権を許さない市民の会 東京支部

【協賛】
新攘夷運動 排害社
日本侵略を許さない国民の会

【その他】
雨天決行
国旗・プラカード持参歓迎
特攻服など現場にそぐわない恰好はご遠慮ください
撮影が入るため、顔を移されたくない方はサングラスなどご持参ください
現場責任者の指示に従ってください

【問合せ】
在特会東京支部メールアドレス
zaitokutokyo@gmail.com



人気ブログランキング、応援クリックを!


7・9外国人への公金支出全廃デモの告知
[PR]

  by haigai | 2011-06-23 20:15 | 告知

日本の教科書に難癖を付ける在日

寄生虫、見て来たような嘘を言い

日本の教科書に難癖を付ける在日


d0178541_2315122.jpg


侵略美化の教科書いらない 広がれ 不採択運動 400人集会
 「育鵬社・自由社教科書は子どもたちに渡さない!大集会」が17日、東京都内で開かれ、約400人が参加しました。子どもと教科書全国ネット21、子どもの権利・教育・文化全国センター、「子どもはお国のためにあるんじゃない!」市民連絡会など33団体でつくる「6・17教科書を考えるつどい実行委員会」が主催しました。
 「新しい歴史教科書をつくる会」などによる侵略戦争を美化する教科書を、採択させない運動を大きく広げようと開かれたもの。
 ピアニストの崔善愛さんが在日韓国人の立場から発言。「自分を愛する、自分の国を愛するということはわざわざ教えることではない。よその国を愛しなさいというところからが教育でないでしょうか」とのべました。(以下略)
(新聞赤旗 6月19日)



 在日朝鮮人には本当に不思議な方がいらっしゃる。長らく日本に住んでいながら、日本語を喋ることができないのではないかと疑ってしまう。人様の国に住ませてもらっておきながら、余計な文句と難癖、妄言ばかりをつけてくるのだ。枕元を飛ぶ蚊よりも、うっとうしい存在である。

 そもそも、「自分を愛する、自分の国を愛するということはわざわざ教えることではない」と言うが、戦後日本の教育のどこで「自分の国を愛する」ことが教えられて来たのだろうか。ほとんど教えられていないではないか。君が代も歌えない大人や、今上陛下が何代目かも知らない政治家、日の丸を侵略の象徴と錯誤する人間ばかりを大量生産してきたのが戦後教育である。それを推し進めたのが、左傾日教組と在日朝鮮人の一党ではないか。

 そして、「よその国を愛しなさいというところからが教育でないでしょうか」と、意味不明な宇宙語を喋っているが、これは未知の惑星をも「韓国固有の領土!」と主張するための下地づくりだろうか。あの支那人からも、「ビックバンを起こしたのも韓国人か(笑」と揶揄される所以である。よその国の教育の在り方をゴチャゴチャ言うのであれば、テメェの祖国の教育の在り方から変えて来るのが筋だ。

d0178541_23143098.jpg


これが「よその国を愛する教育」の“成果”だというのか?
 ひたすら日本を貶め、自国ばかりを正当化する朝鮮。もはや国家ぐるみの新興宗教の類いである…といったら、新興宗教を信仰されている方々に失礼か。「子どもはお国のためにあるんじゃない」などと言いながら、日本国内に住む在日韓国人や朝鮮総連所属の人間は、祖国への忠誠や祖国の憲法の遵守を誓わされているではないか。「子どもはお国のためにあるんじゃない」と言うのであれば、子供たちを「お国」に“隷従”させようと洗脳する朝鮮学校の閉鎖運動を真っ先にやるべきである。

 そして、「つくる会」の教科書が「侵略を美化する」と囃し立てているが、今回の検定で「つくる会」の教科書は、「朝鮮半島を植民地支配し、苦しみを与えた」などと書き換えられているという。いわゆる「教科書の近隣諸国条項」に基づく措置とみられるが、この記述のどこに在日朝鮮人が不満を持つのだろうか。逆に筆者が不満を持つところだ。

 いっそのこと歴史教科書には、「日本は大変誤った朝鮮半島統治を行ない、世界中の国々に迷惑をかけました。それは朝鮮人に文字や技術を教え、世界中に大繁殖させてしまったのです。世界の方々にいくらお詫びしても足りません」とでも書いておくのが中立的だろう。自分を顧みる事無く、他人に文句ばかりを言って寄生する在日朝鮮人。教科書がどう書こうと、これからの子供たちは在日の本性をよく見て育つことだろう。


人気ブログランキング、応援クリックを!


7・9外国人への公金支出全廃デモの告知
[PR]

  by haigai | 2011-06-21 23:31 | 朝鮮人問題

長崎県、支那にノービザ検討の危機

雪崩をうって侵蝕されゆく日本

長崎県、支那にノービザ検討の危機


d0178541_20361822.jpg


中国人観光にアピール、長崎がノービザ特区検討
 今国会で国際戦略総合特区に関する法案が成立する見通しとなったことを受け、長崎県は中国人観光客の査証免除(ノービザ)化を盛り込んだ総合特区の申請を検討している。
 来年3月には中国・上海と長崎市を結ぶフェリーの定期便化が予定されており、福岡市以外の九州の新たな玄関口として中国にアピールしたい考えだ。
 国が成長戦略の柱として位置付けている国際戦略総合特区は、地域の国際競争力の強化が狙い。特定地域での規制緩和のほか、1地域当たり最大20億円の財政支援や法人税の減免などの支援措置が受けられる。法案が成立すれば、国は年内に自治体や民間企業などでつくる「地域協議会」からの申請を受け付ける。その後、指定を受けた4、5件の事業が年度内に始まる見通しだ。
 フェリーは、大型リゾート施設・ハウステンボス(佐世保市)の子会社が運航。最大収容人数1700人で、運賃は片道7000〜8000円を想定している。同社は来春にも週3回の運航を始める計画で、年間10万〜20万人の利用を見込んでいる。
 法案が成立すれば、県は申請に向けて、民間企業や観光関連のNPO法人などとともに地域協議会を設立する方針。申請では、ノービザ化で見込まれる観光客の増加に対応するため、国が行っている税関や出入国管理、検疫の業務を県と共同実施することも提案する。
 国の宿泊旅行統計調査によると、2010年に県内で宿泊した中国人は1万9990人で、07年より約3000人増えた。一方、福岡県は約2万5000人増の5万4990人に伸びており、増加の勢いで差を付けられている。
 県政策企画課は「現状のままでは福岡との差は開くだけ。ノービザ化が実現すれば、長崎が新たな九州の玄関口になる可能性は十分ある」とみている。(6月17日08時10分 読売新聞)



「資本家は自分の首を絞めるロープまで売る」
 ソビエトのレーニンは鋭い指摘をしている。まさに名言だが、金儲けに勤しむ商人や役人の耳には届かない。ただでさえビザを発給しても、入れ替わりや偽造での入国や、滞在期限が過ぎても帰還しようとしない支那人に、これ以上「ノービザ」など緩和政策をするのは、大間違いである。

 現在日本国内の不法滞在者と密入国者は10万人とも20万人とも言われている。その多くが支那人と目されているのだ。犯罪者であっても、金さえもっていれば自由にフリーパスで入れると言うのか。いままでビザを持って入国しても、どれだけの支那人が不法行為に手を染めたか忘れたのだろうか。それとも、無理にでも忘れたフリをしているのだろうか。日本の防壁は欲望で溶解していく。

 長崎県が焦りを抱く、隣の福岡県では上海とフェリーで結ばれて以来、支那人観光客は激増している。料理は美味いが、観光資源自体が少ない福岡では、わずかな観光地に支那人観光客が殺到する。太宰府天満宮では、参道を歩いている者のほとんどが支那人だったし、福岡最大の天神や中洲も支那人観光客まみれであった。これを羨んでの獲らぬ狸の皮算用なのだろう。はっきり言って、支那人観光客景気は長続きしない。

 それは東京や大阪での支那人観光客の様子をつぶさに観察していれば、自ずと察せられる。支那人観光客が旅行に申し込むのは、上海や香港に本社を置く支那の旅行代理店だ。来日してから乗車するバスも、その旅行代理店との提携先か、傘下が増えている。買い物に訪れる免税店や、大型家電量販店も支那資本のものが、“自国からの観光客”を見込んで増加している。彼らがご飯を食べる支那料理屋も支那資本が出店しているし、宿泊するホテルも支那に買収されている。つまり、支那人の日本観光は、支那人資本ネットワークによる自己完結型の囲い込みが完成しつつあるのだ。

 日本の短慮や商人や役人達は、支那人の財布の中身にヨダレを垂らしているが、その中身がテメェらのもとに落ちて来るのも、あと少し。支那資本による日本国内での、支那人観光客囲い込みが完成すれば、支那人観光客が日本に残して行くのは、ゴミと吸い殻と便所の流し忘れぐらいになるだろう。

 また何よりも長崎県は、キチガイ韓国が勝手に領有を主張した対馬にみられるように、非常に多くの島を有する県である。その数は971に及び、港湾の数が83カ所と日本で最も多い。海上自衛隊とアメリカ軍の佐世保基地もあり、極東を睨む軍港としても要衝の地である。これらの島や港湾付近が、支那資本の業者に「リゾート開発」の名義で買い漁られれば、どういう事態を招くのか。

抗議の声を!!

【長崎県庁意見受付】
http://www.pref.nagasaki.jp/div_inq/kencho/03.html#n001

【電子メール】
s36010@pref.nagasaki.lg.jp

【長崎県政策企画課】
095-895-2540 (TEL&FAX)
end_of_the_skype_highlighting s36010@pref.nagasaki.lg.jp


支那人の日本侵蝕を許すな!



人気ブログランキング、応援クリックを!


7・9外国人への公金支出全廃デモの告知
[PR]

  by haigai | 2011-06-20 21:07 | 政治・行政

7・9外国人への公金支出全廃デモの告知

排害社結成一周忌

7・9渋谷に集結を!!


d0178541_2054946.jpg


外国人への公金支出を全廃せよ!

外国人への生活保護費支給  1200億円
外国人留学生への政府奨学金  300億円
外国への政府開発援助  1兆1000億


この国はいったい誰の国?


 東日本大震災の復興が遠い中、いまだに日本政府は路頭に迷う自国民を放置して、外国人に莫大な税金を垂れ流し続けています。外国人の生活保護受給者だけで、宮城県で避難生活を余儀なくされている方の数に匹敵します。仮設住宅に入居すれば、生活保護を打ち切られる日本人がいる中で、余りに異様です。

 親を失い、進学をあきらめる子ども達が無数にいるにも関わらず、外国人留学生に毎月17万円も返済義務のない奨学金を渡しています。これは日本人学生よりも遥かに恵まれた対応です。

 そして世界から集まった義援金よりも多いお金を、世界に「開発援助」の名目でバラまいています。他にも監獄での外国人の医療費や、外国人学校の学費など…日本は一体だれの国なのでしょうか?

国民無視の狂気政治に終止符を!

共に立ち上がろう!!

日時:7月9日(土) 15時集合
場所:渋谷区神宮通公園
内容:集会の後、デモ行進
主催:排害社
共闘:在日特権を許さない市民の会東京支部
   日本侵略を許さない国民の会
   NPO外国人犯罪追放運動
   (他、共闘団体募集・調整中)


d0178541_2093589.jpg


人民服、チマチョゴリなど日本にそぐわない服装はご遠慮ください。威圧的な服装歓迎。また反対勢力による妨害行為が予想されますので、動きやすい恰好を推奨。排害主義的プラカード大歓迎。日の丸、旭日旗、Z旗、黒旗など持ち込み歓迎。反日的プラカード、綺麗事と風船は持ち込み禁止。撮影が入りますので、映されたくない方はマスクやサングラスでご参加ください。


人気ブログランキング、応援クリックを!
[PR]

  by haigai | 2011-06-19 20:10 | 告知

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE