<   2012年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

後には一億の赤報隊が続く

後には一億の赤報隊が続く

d0178541_12494654.jpg


 5・3デモの準備が慌ただしく進んでいる。そのこともあり、赤報隊のことに頭を巡らせていた。彼らの行動は戦後の右翼テロ事件の中でも突出している。それは行動だけではなく、綴られた言葉からも伺える。昭和六十二年一月二十四日、赤報隊による初めての犯行声明は次のように結ばれる。

「これまで反日思想を育成してきたマスコミには厳罰を加えなければならない。
特に 朝日は悪質である。
彼らを助ける者も同罪である。
以後われわれの最後の一人が死ぬまで この活動は続くであろう。
日本人のあるかぎり われわれは日本のどこにでもいる。
全国の同志は われわれの後に続き 内外の反日分子を一掃せよ。」


 同年八月二十四日の朝日新聞名古屋社員寮襲撃の声明でも次のようにある。

「わが隊は いつかは権力とのたたかいで 玉砕する。
けれども 後には一億の赤報隊が続く。
ひとりでも日本人が残っていれば 反日分子に安全なところはない。」


 何度読み返しても、簡単明瞭にして的を射た名文だ。この一連の赤報隊の声明を警察は、複数の言語学者に鑑定させた。その結果、執筆者は「三十歳以上」で「ある程度知的な人物」と推定されるという。しかし、本当に赤報隊は「ある程度」で済むのか。僕は「そうとう、かなり」知的な人間だったのではないかと思う。

 赤報隊が標的にしたのは、反日偏向メディアの代表格としての朝日新聞と、そこに広告を出稿する営利至上主義の大企業であるリクルート、そしてこれらを背後で操る在日韓国人だ。マスコミ、大企業、在日……これらを同時に激しく攻め立てる運動は、当時ほとんど存在していなかった。

 そのため、当時の右翼関係者からも「赤報隊は右翼ではないと思う」「匿名で逃げ隠れするのは右翼らしからぬ」などと声があがった。マスコミ関係者などからも「赤報隊を自称しながら、お互いに無関係なグループが複数あるのではないか」とする説まで出た。そうこうしている間に赤報隊は消え、事件は平成十五年に完全な時効を迎えた。

 その五年後に登場したのは何か。「行動する保守運動」である。いや、もはやその言葉で形容するのも当てはまらない。保守でも右翼でもない、国民たちが日の丸を持って蜂起したのだ。「ネット右翼」「街宣右翼」「行動する保守」などというカテゴライズの壁を薙ぎ倒して、その戦列は膨張を続けている。そして、その標的は赤報隊と全く同じ、反日マスコミ、売国大企業、在日の三者なのだ。

僕は思う。
赤報隊は苦笑して聞いていたのではないだろうか。「赤報隊なんか右翼ではない」という老いた先輩たちの論評を、「我々はテロには屈しない」という朝日新聞らの根拠なき虚勢を。あるいは、「赤報隊はCIAだ」「自作自演だ」「警察の陰謀だ」などという愚にも付かない妄想を。

 「赤報隊」は幕末の悲劇の官軍にその名を由来している。その事実からも分かるように、彼らは批判や罵詈雑言はもとより、自らの逮捕や処刑も織り込み済みなのだ。もちろん、あらぬ憶測やデマの類いから、誤解をされることも承知だったろう。

 それでいて、赤報隊は心中強く確信していたのだ。遠からぬ将来おこるであろう、日の丸を手にした大群衆の蜂起を。その後に続くであろう、まだ見ぬ同志たちの「銃口」の行方を、赤報隊は体を賭けて照らしてみせたのだ。

 赤報隊は昭和史の謎として消えた。しかし、あとには彼らが銃口をかざした反日メディア、売国企業、横暴なる在日に向かって進撃する大群衆が出現した。「反日分子を叩き出せ!」その戦列に加わる、一介の会社員、若者、主婦たちからは、赤報隊の声明と同じ怒りのフレーズが飛び出す。彼らの多くは赤報隊を知らない。これが二十五年前に有り得ただろうか。

「日本人のあるかぎり われわれは日本のどこにでもいる。」

「後には一億の赤報隊が続く。」


 彼らは消えてなんかいなかったのだ。今も僕らの戦列の中に居る——いや、ずっと居たのだ。彼ら赤報隊の一連のテロルは、それを公然と支持する国民大衆が街頭に出現することによって完成する。反日分子に安全なところはない——。




人気ブログランキング、応援クリックを!


排害社ステッカー販売中!


反鮮バッチ&排害バッチ販売再開のお知らせ!


5・3朝日新聞襲撃25周年祝賀国民行進の告知
[PR]

  by haigai | 2012-04-30 12:55 | 随想雑記

主権回復は祈念すべし

主権回復は祈念すべし

d0178541_129351.jpg


 一昨日、主権回復を目指す会の西村修平代表より、「『民族左翼』(水島総) って 一体なに?国恥記念日の『祝日化』は民族のさらなる劣化を招く」というメールをいただいた。4月28日を「主権回復記念日」の祝日にしようという動きが、自民党をはじめとした保守の中にある。しかし、我が国はサンフランシスコ講和条約に調印すると同時に、発効した日米安全保障条約によって、実質的な主権を喪失した状態にある。

 この対米従属の屈辱感と現実を無視して、「主権回復記念日」を祝日にしようという動きなのだ。「記念日」ではなく、「祈念日」ならば分かるし、意味も通る。そうではなく、手放しに主権は回復したものとして祝おうというのであれば、まさしく西村氏の言うように、「対米従属の恥を意識するどころか、恥を『祝日』でお祝いするなど知の劣化も甚だしい」と言わざるを得ない。

 それ故に、西村氏は「主権回復記念日」を盲目的に祝う戦後保守に対して、厳しく批判の声をあげてきたのであるが、それに対してチャンネル桜の水島総氏が、自分の番組で「民族左翼がインターネットを通じて妨害、邪魔しようとしている。こうした連中を許さない」と言い放ったのだ。

 どうして主権が完全に回復していない事実を指摘する行為が「左翼」になるのか。水島氏自身も、同番組において「(日本は)完全な主権を回復していない」と自白している。それなのに「主権回復記念日」をやるというのだ。意識不明で昏睡状態の患者を横にして「全快祝い」をやる人間が正気と言えるのか。水島氏の言動には論理的整合性が無い。

 水島氏は「民族左翼」と言いながら、個別具体名を名指しこそしていないが、ネットで「主権回復記念日 糾弾」とでも検索すれば、「民族左翼」が西村氏たちであろうことは、不特定多数の人間の知るところとなる。いつもお得意の「正々堂々と、日本人らしく」は何処に行ったのか。

 これは「現行憲法無効論」においても見られる。去年の十一月六日、「現行憲法無効論」を唱える団体が、チャンネル桜系の「頑張れ日本!全国行動委員会」と現行憲法無効を訴えるデモ行進をやった。ここまでは良い。しかし、その最後は国会に出向き、「現行憲法無効の請願」を自民党議員に提出したのである。こんなバカな事があるか。

 現行憲法が無効であるなら、その憲法に基づいた公職選挙法によって選出された議員の身分も無効であるし、そうした議員が構成する議会の決定も無効である。もし仮に、この請願によって、国会で現行憲法無効が決議されても、決議そのものが「無効」になるのではないか。こうした行為は、結婚してない相手に離婚届の捺印を迫るキチガイ沙汰だ。

 筆者自身は「無効論」に反対する者ではないが、「無効論」の立場には立たない。靖国神社の茶店に居る名物おじいちゃんのTさんは無効論者であるが、「無効論を言うならば、武装蜂起でクーデターを起こして国会を占拠し、無効憲法で選出された議員を殺すか、追放するしかない」と真剣に語る。これが“真正無効論者”だろう。

 ところが、そうした気概もない無効論者や、主権回復を手放しに喜ぶ者は現実を直視せず、非論理的な悲憤慷慨と、歓喜の風に靡くのみだ。「回復した」「無効だ」というのは、確かに気持ちの良いものだろうが、思想運動は気持ち良さの追求に堕してはならない。まさに知的営為の劣化ここに極まれりと言うべし。




人気ブログランキング、応援クリックを!


排害社ステッカー販売中!


反鮮バッチ&排害バッチ販売再開のお知らせ!


5・3朝日新聞襲撃25周年祝賀国民行進の告知
[PR]

  by haigai | 2012-04-29 12:19 | 随想雑記

排害社4月下旬活動報告

排害社4月下旬活動報告

d0178541_22314070.jpg


4月17日、神戸の朝鮮総連に抗議
13日の北朝鮮によるミサイル発射を受け、関西の有志らは兵庫県神戸市長田区の朝鮮総連事務所前にて抗議街宣をおこなった。関西排害社の岡本代表も参加し、北朝鮮に怒りの声をあげた。

d0178541_22365258.jpg


4月21日、排害新聞発送
 押し紙だらけの排害新聞4月20日号を、全国にむけて無差別に送り付けました。

d0178541_22391089.jpg


4月25日、アンチ水曜デモに参加
 毎週水曜日、主権回復を目指す会によって戦われているアンチ水曜デモに弊社会員らも参加しました。弁士が代わる代わる、韓国の虚偽デタラメを糾弾し、何通もの抗議文を大使館に投函しました。今後もアンチ水曜デモは継続的たたかっていきます。

d0178541_2241291.jpg


4月26日、長野暴乱4周年支那人糾弾街宣
 北京オリンピックにともなう長野聖火リレーで、長野に集結した数千人の支那人たちが五星紅旗を打ち振り傍若無人に大暴れをした。「長野赤旗氾濫事件」とも言われるこの事件は、支那人の人口侵略と凶暴性を日本人にまざまざと見せつけた。すでに四年の歳月が流れたが、当時、現地で共に闘った仲間たちが結集し、
政経調査会と弊社の共催で「長野暴乱4周年支那人糾弾街宣」を池袋駅西口でおこなった。



人気ブログランキング、応援クリックを!


排害社ステッカー販売中!


反鮮バッチ&排害バッチ販売再開のお知らせ!


5・3朝日新聞襲撃25周年祝賀国民行進の告知
[PR]

  by haigai | 2012-04-27 22:45 | 活動報告

支那人に奪われる江戸川区小岩

尖閣諸島だけじゃない!

支那人に奪われる江戸川区小岩


d0178541_19302367.jpg


 東京の最も東側にあり、江戸川区随一の繁華街がある小岩で支那人が激増している。駅周辺には、支那料理屋が立ち並び、通り沿いには「中国式マッサージ」が軒を連ね、雑居ビルの中には怪し気なマッサージ店が多数。路上で飛び交う言葉も支那語ばかり。石原都知事よ、奪われようとしているのは尖閣諸島だけではないぞ。

d0178541_19335783.jpg


d0178541_19341449.jpg


d0178541_19342881.jpg


d0178541_19345210.jpg


d0178541_19351283.jpg


d0178541_19353634.jpg


d0178541_19355917.jpg


d0178541_19361412.jpg


 通り沿いを歩いただけで、大量の支那料理屋が目に付く。

d0178541_19364580.jpg


 駅前のビルの中には、支那の物産や食材などを扱う店が入居。食材屋が多いのは、支那人の入植が相当進んでいる証拠だ。

d0178541_19383812.jpg


 支那物産店の入口。「国際テレカ」や「格安航空券」などを扱う典型的な店。

d0178541_1940723.jpg


 ビルのゴミ出し表示は日本語と支那語などが並記されていた。

 次は支那人マッサージ店を見ていこう。

d0178541_19405538.jpg


d0178541_19413168.jpg


d0178541_1941559.jpg


d0178541_19423260.jpg


d0178541_19425431.jpg


d0178541_19432319.jpg


d0178541_19435592.jpg


d0178541_19442894.jpg


江戸川区民は、よほど体が凝りやすいのだろうか。

d0178541_19451347.jpg


ここにもあった!池袋支那人街の“顔”ともいうべき「陽光城」の小岩店だ。

d0178541_19462825.jpg


 店先には雑然と商品が陳列され、支那語新聞が積み上げられている。江戸川区の支那人人口は1万人を超えたと言われている。日本社会とは違った、異民族のコミュニティーが侵蝕・拡大を続けている。




人気ブログランキング、応援クリックを!


排害社ステッカー販売中!


反鮮バッチ&排害バッチ販売再開のお知らせ!


4・26池袋不逞支那人糾弾街宣


5・3朝日新聞襲撃25周年祝賀国民行進の告知
[PR]

  by haigai | 2012-04-25 19:48 | 支那人問題

池袋不逞シナ人糾弾街宣のお知らせ

【長野聖火リレー4周年】

d0178541_23512692.jpg


シナ人の暴乱を忘れるな!

池袋不逞シナ人糾弾街宣


 今年は4年に一度のオリンピック年。
 4年前,北京オッリンピックを前にして世界中を聖火が駆け巡った。
 日本でも平成10年に冬季オリンピックが開催された長野市内において聖火リレーが実施された。
 周辺諸国に対する侵略と恫喝を続け、国内においても批判勢力に対し虐殺・拷問を実施する人権侵害国家。
 我国においては反日工作員を大量に入国させ、反日世論を煽り人口侵略を実施する支那。
 支那に平和の祭典・オリンピックを開催する資格はない。
北京オリンピックを粉砕せよ、とのメッセージを伝えるために我々は長野市内に入った。

 その平成19年4月26日は、長野市内が完全に支那人によって侵略された歴史的一日であった、
 そのお膳立てをしたのは支那人でも反日左翼でもない。
 我国の治安を守るべき日本の警察であった。
 支那大使館の全面的協力の下で巨大な五星紅旗を用意して大型観光バスで大挙して長野入りする支那人。
 彼等を長野駅前のメインストリートに誘導し、抗議する日本人を反対側の目立たぬ一角に閉じ込めたのは
日本の警察であった。
 眼の前で行われる支那人による日本人への暴行、アルミ缶飲料の投擲、プラカードを叩き壊すといった狼藉・犯罪行為にも
眼をつぶっていたのは日本の警察であった。
 これら支那人による犯罪行為は現場の一警察官の判断によって黙殺されたのではない。
 長野県警、警察庁。これらを束ねる日本国政府の意思として、支那人の犯罪を看過したのだ。
「聖火リレーに抗議する日本人は躊躇せず逮捕せよ。」「しかし中国人は決して逮捕するな」、と。

 4年前の長野市内制圧は予行演習であった。
この侵略成功を以って次回は東京でも同様の展開を目論む事が可能となった。

 我々心ある日本人は決して忘れない、この屈辱の4月26日を。
支那による日本侵略。そしてこれに手を貸す日本の警察、日本国政府の対応を。
 4月26日は全国民一丸となって怒りの雄叫びを発していこう。

日時/4月26日(木)17時〜

場所/池袋西口駅前

主催:政経調査会
協賛:排害社




人気ブログランキング、応援クリックを!


排害社ステッカー販売中!


反鮮バッチ&排害バッチ販売再開のお知らせ!


5・3朝日新聞襲撃25周年祝賀国民行進の告知
[PR]

  by haigai | 2012-04-23 23:52 | 告知

排害新聞4月20日号

排害新聞4月20日号

d0178541_2065866.jpg


排害新聞3月15日号を発行いたしました。A4用紙に印刷できるようになっております。皆様におかれましてはご自由に印刷の上、頒布していただければ幸甚に存じます。なお、印刷にあたり、内容の改変などは固くお断り申し上げます。



人気ブログランキング、応援クリックを!


排害社ステッカー販売中!


反鮮バッチ&排害バッチ販売再開のお知らせ!


5・3朝日新聞襲撃25周年祝賀国民行進の告知
[PR]

  by haigai | 2012-04-22 20:06 | ビラ・新聞

尖閣諸島を支那に献上する売国朝日

朝日新聞、石原都知事尖閣発言を批判

尖閣諸島を支那に献上する売国朝日


d0178541_125536.jpg


尖閣買い上げ—石原発言は無責任だ
 石原慎太郎・東京都知事がきのう、米・ワシントンで、沖縄県の尖閣諸島を都が購入する計画だと明らかにした。日本の領土なのに、中国が領有権を主張している島々だ。
 知事は「東京が尖閣諸島を守る」と語った。中国に四の五の文句など言わせるものか、という態度である。
 こんな知事発言に、インターネット上では拍手を送る書き込みがあふれている。
 確かに、知事の発言には本人をはじめ、中国の対応を不快に思ってきた人々の留飲を下げる効果はあるだろう。だが本来、政治家の仕事は複雑に絡み合った懸案を、一つひとつ丁寧に解決していくことだ。
 それに、そもそもこれは東京都の仕事ではないはずだ。
 知事は「島々を舞台にしてさまざまな施策を展開する」という。けれど、日本人が上陸しただけで反発してくる中国のことだ。問題はいっそうこじれるだろう。
 そうなった時、首都とはいえ自治体の長の石原氏に、領土が絡む問題を解決する手だてはない。政府の外交に悪影響を与えることを承知で大風呂敷を広げるのは、無責任としかいいようがない。 (以下略)
(四月十八日 朝日新聞)



 要は「中国サマを刺激するな!」としか言っていない。支那からどうやって尖閣諸島を守るかの具体的・建設的な提案など何も無い。ただひたすら、「話し合いで」「対話を」とほざき、日本側の領土保全に向けた動きを牽制しながら、支那の実効支配への手助けをしているのである。

「日本人が上陸しただけで反発してくる中国のことだ。問題はいっそうこじれるだろう。」と朝日は言うが、これは相手が強硬であるほど、こちらは弱腰になれと言っているのと同義だ。こちらが弱腰、低姿勢になれば、支那も譲歩するのか。事実は歴史を見れば明らかだろう。こちらが弱腰になるほど、支那は増長して踏み込んで来る。

 朝日新聞をはじめとしたサヨクメディアは、「中国サマを刺激するのはヨクナイ」と言うが、支那や朝鮮の侮日的言動に対して、「日本人を刺激するのはヨクナイ」とは言わない。また、「日本人を刺激するからヨクナイ」という声が支那や朝鮮から出て来ない。それは、朝日みたいに一方的に支那朝鮮を代弁する日本人がいるからである。やっぱり、ここの社員は無差別に襲撃されて当然だ。

d0178541_12565722.jpg


 さて、朝日新聞といえば昨日、四月二十日が「サンゴ記念日」であった。平成元年四月二十日の朝日新聞のカメラマンは、沖縄県西表島のアザミサンゴに「KY」と落書きがあることを発見したとして、「日本人は、落書きにかけては今や世界に冠たる民族かもしれない」と報じた。しかしこれは朝日カメラマンの自作自演であった。そうまでして日本民族を貶めようとするのが朝日だ。

 この日、主権回復を目指す会の西村修平代表らが、東京本社前で朝日新聞の偏向・捏造体質を糾弾する街宣をおこない、堂々と「竹島の碑」を建立されたという。領土を外国に献上することばかりを考える朝日新聞の社員どもは、この碑を伏して拝するべきだろう。




人気ブログランキング、応援クリックを!


排害社ステッカー販売中!


反鮮バッチ&排害バッチ販売再開のお知らせ!


5・3朝日新聞襲撃25周年祝賀国民行進の告知
[PR]

  by haigai | 2012-04-21 13:05 | 反日分子

5・3朝日新聞襲撃25周年祝賀国民行進の告知

5・3朝日新聞襲撃25周年祝賀国民行進の告知

d0178541_8392516.jpg


——反日マスゴミに死を!——

朝日新聞襲撃25周年祝賀国民行進

赤報隊義挙支持!反日分子と亡国憲法を討て!


参考/赤報隊事件(警察庁広域重要指定116号事件)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%A0%B1%E9%9A%8A%E4%BA%8B%E4%BB%B6
排害社ブログ『排害主義者宣言』 朝日新聞襲撃事件から25周年
http://haigai.exblog.jp/15320888/


日時/5月3日14時30分集合
   14時45分 デモ出発

場所/水谷橋公園(中央区銀座1-12-6)

・JR東京駅八重洲南口より(徒歩8分)
・JR有楽町駅京橋出口より(徒歩8分)
・地下鉄有楽町線銀座一丁目駅7番出口より(徒歩1分)
・地下鉄銀座線京橋駅2番出口より(徒歩1分)

進路/水谷橋公園出発→昭和通り南下し左折→新大橋通り南下し右折→朝日新聞東京本社前通過→昭和通り南下→新橋3丁目16番地の桜田公園解散

主催/5・3国民行進実行委員会
協賛/排害社、防共新聞社、きなの会、日本侵略を許さない国民の会、国家社会主義日本労働者党、日の丸友の会、フジモンズ(他、協賛募集中)


拡声器、団体旗、プラカード持参歓迎。服装自由。

中途半端な朝日新聞嫌いは不要です。
本当に朝日新聞が大ッ嫌いな国民よ、結集せよ!





人気ブログランキング、応援クリックを!


排害社ステッカー販売中!


反鮮バッチ&排害バッチ販売再開のお知らせ!
[PR]

  by haigai | 2012-04-20 08:40 | 告知

民族国家としての足元を再確認せよ!

東京都、尖閣諸島買い上げへ

民族国家としての足元を再確認せよ!


d0178541_20143277.jpg


石原知事「東京が尖閣を守る」 国の安全保障に一石
 石原慎太郎都知事が尖閣諸島の買い取りを表明した背景には領海侵犯などを繰り返す中国への危機意識の表れと尖閣諸島をめぐる政府の姿勢へのいらだちがある。国の安全保障に一石を投じる狙いもうかがえる。
 石原知事はワシントンでの会見で、尖閣諸島について「このまま置いておくと、あの島はどうなるか分からない」と警鐘を鳴らした。「日本の実効支配をぶっ壊すため、過激な運動をやり始めた。本当は国が買い上げたらいいが、国が買い上げたら支那が怒るからね。東京が尖閣を守る」。尖閣諸島を、日本が抱える領土問題の象徴として捉えており、その思いは強い。
 平成9年には元衆院議員の西村真悟氏らと一緒に上陸を計画。一昨年、尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件後には、「自分の身体と同じ国土が他人に傷つけられ、剥ぎ取られることに精神的な苦痛を感じないのならこの国は終わりだ」と、都議会で心境を吐露していた。中国の領海侵犯などを踏まえ、尖閣諸島に自衛隊を常駐させるべきだ、と与野党の国会議員に提言を繰り返してきた。だが、具体的な動きがみえないことに「焦りというよりも、もはや怒りすら感じる」と憤ったこともあった。
 石原知事には今後、都予算を使う必要性を都民に説明するという課題は残るが、予想される中国側の反発に、政府がどう対応するかも注目される。(四月十八日 産経新聞)



 国土を守るのは政府の役目である。それを、首都東京都はいえ一自治体の知事が腰を上げなければならないほどに、日本政府には国を守る意識が喪失してしまっているのだろう。これは政府だけではない。尖閣諸島を所管する沖縄県の仲井真知事は、「なんとなく安定性があるという感じがする」と記者に答えているが、本来ならテメェがやるべきことだ。日本は全国的に政治家から国防の気概が失われてしまっている。それに対し、今回の石原知事の決断には、多くの激励の声が届いているという。国民の間には国防の気概が失われていない証左でもあるだろう。

 こうした動きに、役立たずな民主党政府もようやく「国有化の検討」などと、呑気なことを言っているが、いまの民主党政府に「国有化」されたのでは、そのまま支那にプレゼントされてしまうのではないだろうか。一昨年の尖閣諸島沖漁船衝突事件を見てもわかるが、仮に「漂流者」や「難民」に偽装した支那人工作員が上陸すれば、日本政府は「特別在留許可」を与えそうな勢いだ。こんな政府には任せておけない。

 しかし、石原知事におかれては尖閣諸島に目を向けていただくのは、大いにこれを是とし、支持するものではあるが、自分が知事をなされている東京都の現状にも目を向けていただきたい。現在、東京都内には十五万人を超える支那人が居住している。これは合法滞在者の数で、不法な者をあわせれば、ひとつの区をしのぐ数になるだろう。

 とりわけ、池袋や上野、大久保などが支那人の解放区と化しつつある実態は、本ブログにて何回も紹介してきた。

d0178541_2037533.jpg


d0178541_20373877.jpg


d0178541_20393382.jpg


 彼らは領有権ではなく、「居住権」や「永住権」あるいは、「人権」を楯にして我々の街の中に自分達のテリトリーをつくっているのだ。尖閣諸島が奪われる恐れがある。それは事実であり、石原知事をはじめ、心ある日本人が立ち上がることは大変素晴らしいことだが、すでに足元の我が町が奪われつつある現状から目を背けてはいけない。

 マクロにしては国土、ミクロにしては自らの街。この両者の視点を失うことなく、支那人の侵略に対峙していかなければいけない。尖閣諸島が日本領土であるのと同様に、池袋や上野、大久保も紛う事なき日本の領土なのだ。石原知事は自著の中で「移民受入論」を何度も展開していた。それでは国家の持つ領土は守れても、民族国家としての国土は失われてしまうだろう。今一度足元をしっかりとご覧いただきたい。



人気ブログランキング、応援クリックを!


排害社ステッカー販売中!


反鮮バッチ&排害バッチ販売再開のお知らせ!


4・21沖繩祖国復帰40周年祝賀国民大集会
[PR]

  by haigai | 2012-04-18 20:47 | 政治・行政

札幌にも竹島の碑が出現!

札幌にも竹島の碑が出現!

d0178541_21445928.png


d0178541_21451487.jpg


 北海道札幌市内の「大韓民国民団北海道地方本部前」と「駐札幌大韓民国総領事館」二か所それぞれの前に、竹島の碑ができたという情報が寄せられた。碑文は「竹島は日本固有の領土」となっており、施設の看板を背景に堂々と生えている。桜前線は去ったが、朝鮮人が嘘デタラメを垂れ流し続ける限り、これからは「竹島の碑前線」が日本列島に到来するのではないだろうか。



人気ブログランキング、応援クリックを!


排害社ステッカー販売中!


反鮮バッチ&排害バッチ販売再開のお知らせ!


4・21沖繩祖国復帰40周年祝賀国民大集会
[PR]

  by haigai | 2012-04-17 21:53 | 告知

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE