八紘一宇、含まれません支那朝鮮

八紘一宇、含まれません支那朝鮮

神武天皇建国は日本民族独立宣言


d0178541_11594212.jpg


 「八紘一宇」という言葉がある。記紀万葉や我が国の近現代史を少しでもかじった人間ならば知っているだろう。語源は『日本書紀』巻第三 神武天皇による即位建都の詔の一節である。「上則答乾霊授国之徳、下則弘皇孫養正之心。然後、兼六合以開都、掩八紘而為宇、不亦可乎」から「八紘一宇」を四字熟語としてあらわしたものだ。

 ここにいう「八紘一宇」の「八紘」が「あめのした」あるいは「あめがした」と勝手に読み下され、すなわち全世界やアジアを指し示す言葉であると恣意的な解釈がなされ、明治以降の「大アジア主義」に傾倒した一部右翼たちをして、「アジアは一つ」「大東亜共栄圏」といった歪んだ思想に走らせ、日本をミスリードさせた。この“後遺症”は現在にも残っており、「八紘一宇」の名の下に、支那朝鮮を擁護し、それらとの「真の友好」なる幻想を追い求める「日の丸を持った地球市民」を大量生産している。

 愛国心に目覚め、先人先哲の本を真面目に読む真っ直ぐな若者に限って、こうした思想に絡めとられてしまう。かような悪循環は速やかに断ち切らなければならない。そのためにも、「八紘一宇」が全世界やアジアを指すとする虚構から脱却しなければいけない。「八紘一宇」が全世界やアジアを意味する根拠は無い。

 そもそも、「八紘」なる言葉の初出は養老四年(西暦七百二十年)に完成した『日本書紀』ではなく、紀元前二世紀に支那の前漢の武帝時代に編纂された『淮南子』から引用されたものであると考えられる。『淮南子』は支那の当代の学者たちが、政治や道徳のありかた、世界観などを記した本である。

 その『淮南子』の「地形訓」という箇所がある。これは支那の最古の地理誌である『山海経』をまとめたものだとされている。そこには世界の中心として支那人が居住する領域を「九畿」とし、その外周を千里にわたって「八澤」が取り巻いており、さらにその外側に「八紘」があるとしている。

d0178541_14552034.jpg


 これらを見てもわかるように、「八紘」とは、支那を中心として、それぞれ隔絶した世界を区別する語として登場するのであり、この時点で「八紘一宇=全世界」論は破綻する。「九畿」が支那人の棲息する支那の中原領域であれば、それを取り巻く「八澤」とは、モンゴル、満洲、朝鮮、ベトナム、チベット(当時は羌、氐など)であろうし、さらにその外側に位置するのが「八紘」となる。その前提で 神武天皇即位建都の詔を仰げば、あえて「八紘」の語を用いられた真意も分かるだろう。

 支那の語を借りつつも、彼らの持つ自己中心的な中華思想の世界観を排し、その地理的知識を活用して、日本国は支那や朝鮮とは全く違った明確なる独立国家であるとの意思が「八紘」には込められている。それは同時に、中華世界を中心とした周辺の属国が、支那の皇帝に服属する冊封体制との訣別を宣する日本民族独立宣言でもあった。
 
 言葉の引用元も確かめず、その言葉の真意も知ろうとせず、先人の片言節句を切り取っては手前勝手にお花畑な理想を展開し、支那や朝鮮との“一体化”や“共生”を夢見る「アジア主義者」たちの虚妄は大破産しているのである。改めていう。八紘一宇、含まれません支那朝鮮!

日本人よ、「八紘」に侵蝕する異民族を攘夷せよ!



人気ブログランキング、応援クリックを!


排害社ステッカー販売中!


排害社腕章販売のお知らせ


反鮮バッチ&排害バッチ販売のお知らせ!


6・9アンチ支那人サイレントデモの告知


6・24日韓国交断絶国民大行進の告知
[PR]

  # by haigai | 2012-06-08 13:04 | 排害主義

学生の9割が支那人になった大学

学生の9割が支那人になった大学

日本は支那人の「カッコーの巣」となるか


d0178541_11315980.jpg


 東京渋谷に日本経済大学という大学がある。渋谷駅から程近いこの大学は、なんと学生の9割が支那人になってしまった大学だ。日本人学生はわずか十数人で、九十九%が留学生だという。福岡県に拠点を構える都築学園グループが経営している。

 平成十九年には当時現職の総長であった、都築泰壽が強制わいせつの疑いで福岡県警に逮捕されたり、傘下の学園を同族に経営させたり、所得税の申告漏れを起こしたりと、不祥事に事欠かない学園グループのようだ。こうした大学が全学生の九割を支那人に占めさせる理由は、彼らの金目当てであると考えるのが妥当だろう。

 渋谷キャンパスの中に入ると、平日の夕方にも関わらず一階の廊下は消灯されていて薄暗い。その廊下にはお菓子のゴミや、ちり紙が落ちていた。大学というには少しこじんまりとして小さな印象を受ける。授業をやっている教室をのぞくと、支那人どもが大声で私語をしたり、居眠りをしている。あるいはゲーム機をいじっている。“学級崩壊”だ。

d0178541_1146563.jpg


 驚いたのは、壁に貼られた「売春しないでください」の貼り紙。冗談じゃあない。そんな支那人は「入国しないでください」だ。これによれば、日本経済大学の女子留学生が、風俗店で働いているところを警察と入国管理局に摘発されたのだという。では、その温床をつくったのは誰か。

 大学事務局に行って「入学資料」を求めると、申請書を渡された。その申請書には「国籍 中国(省名) 韓国」という選択項目があった。入学者が支那人朝鮮人である事が前提になっているのだ。これからの日本は、こんな大学や専門学校だらけになるのだろうか。

d0178541_11512766.jpg


 大学構内には当然のように支那人向け新聞が置かれていた。彼らは日本社会を学びに来たはずなのに、その日本社会で中華社会を形成してしまうし、金になればと一部の日本人はそれを容認する。「日本経済大学」というのも、考えてみれば何とも皮肉な名前だ。「経済」ばかりを追求した「日本」が支那人まみれになってしまうという現実をあらわしているからだ。


人気ブログランキング、応援クリックを!


排害社ステッカー販売中!


排害社腕章販売のお知らせ


反鮮バッチ&排害バッチ販売のお知らせ!


6・9アンチ支那人サイレントデモの告知


6・24日韓国交断絶国民大行進の告知
[PR]

  # by haigai | 2012-06-07 11:55 | 支那人問題

排害新聞6月5日号

排害新聞6月5日号

d0178541_11463277.jpg


排害新聞6月5日号を発行いたしました。いつもの如く、すでに全国には“押し紙”を発送済みです。A4用紙に印刷できるようになっております。皆様におかれましてはご自由に印刷の上、頒布していただければ幸甚に存じます。なお、印刷にあたり、内容の改変などは固くお断り申し上げます。



人気ブログランキング、応援クリックを!


排害社ステッカー販売中!


排害社腕章販売のお知らせ


反鮮バッチ&排害バッチ販売のお知らせ!


6・9アンチ支那人サイレントデモの告知


6・24日韓国交断絶国民大行進の告知
[PR]

  # by haigai | 2012-06-06 11:48 | ビラ・新聞

支那民主化活動家の正体

「民主」「人権」「共生」は表看板?

支那民主化活動家の正体


d0178541_9253966.jpg


 支那の民主化を訴えて活動する団体の中に、「民主中国陣線日本支部」という団体がある。「中国民主化」「中国共産党反対」を掲げて、法輪功や諸民族の団体、あるいはアムネスティーなどと連携して活動しているとされる。

民主中国陣線日本支部
林飛(日本支部主席、息子が民主党櫛渕万里議員の秘書)
李松(日本支部主席、櫛渕万里議員の夫)
辺寧(日本支部副主席)
王戴(日本支部事務局長)


d0178541_9202489.jpg


 この団体の住所は、東京都豊島区北大塚2-12-8大星ビル5階にある。李松は十四年前に港区の支那大使館に突入して逮捕されている。「筋金入りの民主化活動家」のはずだ。長らく民主中国陣線日本支部を仕切って来た林飛も同様である。

 ところが、そんな人間を夫に持つ櫛渕万里は平成二十一年の民主党小沢訪中団に参加して、支那に入国している。なぜそんな事ができたのか?「民主中国陣線日本支部」には、もうひとつの顔がある。

d0178541_9205897.jpg


NPO法人日本人配偶者後援会
理事長 中平健吉
副理事長 林飛
理事 李松
理事 劉陽
理事 中平望
監事 顧丹輝

 林飛と李松が幹部に収まっているだけではなく、この団体の所在地と電話番号、ファックスは、民主中国陣線日本支部と全く同一のものだ。東京都のNPO認証を受けており、その目的について次のように書いている。

「日本人配偶者をはじめ各国外国人が日本滞在期間中よりよく日本の文化、社会のしきたりに対する理解を推進し、日々の生活に関する法律知識の向上と救済に関する事業を行うことにより、日本人配偶者を含めあらゆる外国人が日本で豊かで、健全な生活の向上と社会的安定性を図ることが目的とする。」

 一読すれば、どこにでもあるような在日外国人向けのNPOに見える。しかし、彼らが支那語新聞などに出している広告を見れば、本当の意図が分かる。

d0178541_921243.jpg


 デカデカと「ビザやパスポートのない人の特別在留許可を取ってきます」とある。そもそも、ビザやパスポートが無ければ日本に居てはいけない犯罪者だ。そんな密入国者や不法滞在者ら犯罪者を相手にNPO日本人配偶者後援会は「日本在留資格」を“販売”しているのではないか。

 もちろん、無法者を相手にすんなりと在留特別許可が出るはずがない。そこで役に立つと思われるのが、NPO日本人配偶者後援会のもう一つの顔、すなわち民主中国陣線日本支部の肩書きである。ただの不法滞在者でも「民主化を求めて独裁国家に迫害されている人」となれば、入国管理局=法務省も無下にできない。事実、李松も特別在留許可者だという。

 支那語の新聞が報じたところでは、平成二十一年までの四年間で「特別在留許可」を得た不法滞在の支那人は九千人ちかくにおよぶ。そんなご時世だから、NPO日本人配偶者後援会もアッチコッチの支那人向けの新聞に広告を出しまくっている。

 とある支那語新聞によれば「広告料は1回3万円。週刊なので年間150万円ほど」という。そんな広告を三紙も四紙も出しているのだ。その中の一紙がこちら。

d0178541_921519.jpg


人民日報である。

 いうまでもなく中国共産党中央委員会の機関紙だ。そこに「中国共産党打倒」を訴える民主中国陣線日本支部の“フロント企業”というか、事実上、同一団体であるNPO日本人配偶者後援会が大金をつぎ込んで広告を出しているのだ。在特会の桜井誠会長が民団新聞や朝鮮新報に名刺広告を出しているようなものだ。

 人民日報も、そんな広告を掲載し続けるのだから不思議だ。「民主中国陣線日本支部」の住所を中共側が知らないはずがないし、NPO日本人配偶者後援会を資金源にしている事ぐらい、優秀なスパイ網を持つ中共の事なら掴んでいるだろう。

d0178541_9223113.jpg


 「民主中国陣線日本支部」の事務所が入るビルの玄関には、法輪功の「大紀元」と、「人民日報」が置かれて、自由配布されている。繰り返すが、「民主中国陣線日本支部」は中国共産党を批判する団体である。これは右翼団体の玄関に「しんぶん赤旗」が「ご自由にお持ちください」と置いてあるようなものだ。

d0178541_9225534.jpg


 さらに、支那人向けの「高収入求人雑誌」も置かれていた。中身はエステ、回春、マッサージと、闇風俗の求人がズラリ。「民主化」や「在留特別許可」と風俗求人がどういう関係になるのか。筆者にはよく理解できない。「民主化」や「人権」などというのは日本人を騙し、金と労力、情報を出させるための商売上の表看板に過ぎない。

 支那人たちは中国共産党も法輪功も民主化活動家とされる連中も、ドス黒い金と情報でガッチリつながり合っているのではないか。支那人は支那人である。



人気ブログランキング、応援クリックを!


排害社ステッカー販売中!


排害社腕章販売のお知らせ


反鮮バッチ&排害バッチ販売のお知らせ!


6・9アンチ支那人サイレントデモの告知


6・24日韓国交断絶国民大行進の告知
[PR]

  # by haigai | 2012-06-05 09:26 | 支那人問題

六・四天安門事件から二十三年

六・四天安門事件から二十三年

支那大陸「民主化」の幻想を捨てよ


d0178541_14562784.jpg


 平成元年六月四日、支那の天安門広場は「民主化」を求める学生や市民で埋まっていた。そこに中国共産党は人民解放軍を投入。集まった市民を装甲車で挽き潰すなどして虐殺。世に言う「天安門事件」である。かくして、支那の歴史上初めて「民主化」を求めた声は、文字通り叩き潰された。

 事件直後、世界中で支那に対する非難の声が沸き上がると共に、「支那は崩壊する」「支那は民主化する」との見方が圧倒的に増えた。支那問題の専門家である中嶋嶺雄氏や黄文雄氏などの当時の著書を見ると、「大陸が香港化する」「大陸が台湾化する」といった見方が多い。すでに民主主義体制・自由主義経済である中華文明圏の台湾や香港が大陸に大きな影響を与えるしていたのだ。

 ところが、事実はどうであったか。支那の経済は鄧小平の掛け声のもとに、改革開放に突き進んだが、「民主化」など微塵も前進しなかった。むしろ、香港や台湾などの中華文明圏が、より大陸の影響を受けて「大陸化」してしまったではないか。東欧諸国における共産体制崩壊を見て、同様のことが支那でも起きると考えた人は少なくない。しかし、この二十三年間が示した結果とは、そうした東欧諸国をはじめとした世界と、全く社会構造の異なる世界が支那であるという事実だ。

 共産主義などいとも簡単に放棄してみせるが、ツールとしての独裁体制は頑として手放さない支配者と、金と飯さえ食えれば、いかなる体制であっても文句を言わない砂粒のような人民が織り成す世界。それが支那なのだ。「民主主義なんか別に必要ない」というのも、一つの民意だろう。

 日本の人権派から保守派にいたるまで、支那の民主化を、さも最良の事であるかのように妄信する人たちがいる。けれども、あの民度の国が民主主義の俗情に流れ、支配階層たちが「民主主義」をツールとして、ポピュリズム(大衆迎合主義)に走ればどうなるのか。金銭至上主義と覇権主義、中華思想が「民意」によって正当化され、先鋭的な民族主義の競争が起きる。結果、大陸には「巨大な韓国」が出現するだけだ。

 そんな事も予想できずに、いたずらに支那の「民主化」を口にする日本人は、実に短慮で無責任だ。だからこそ、自称「民主化活動家」と称する怪し気な支那人どもにコロッと騙されてしまうのだ。金銭至上主義の支那人たちは、日本や欧米人を騙すには、「民主化」「人権」を口にすれば良い事をよく心得ている。彼らの実態については、また後日、稿を改めて記したい。

 ともかく、日本人は支那大陸「民主化」の幻想を捨てなければいけない。



人気ブログランキング、応援クリックを!


排害社ステッカー販売中!


排害社腕章販売のお知らせ


反鮮バッチ&排害バッチ販売のお知らせ!


6・9アンチ支那人サイレントデモの告知


6・24日韓国交断絶国民大行進の告知
[PR]

  # by haigai | 2012-06-04 15:19 | 支那人問題

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE