支那人観光客激減!

世の中暗いニュースだけじゃない

【慶】支那人観光客激減!【祝】


d0178541_2150211.jpg


訪日中国人観光客数「事実上40%以上の激減」—中国メディア
 中国新聞網は24日、同日に日本政府観光局(JNTO)が発表した10月度の訪日中国人観光客数が9カ月ぶりに前年同期比を下回ったことについて、「日本の観光業は打撃を受けた」と報じた。
 JNTOによると、10月度の訪日中国人観光客数は前年同期比マイナス1.8%の10万6400人だった。今年に入って中国人観光客が急増する状況が2 月以降続いており、9月には前年同期比40%増を記録していたが、10月は9カ月ぶりにマイナスに転じた。1.8%のマイナスについて中国新聞網は9月の 増加率と比較、「事実上40%以上減少したことになる」と伝えた。
 また、9月に発生した尖閣諸島での漁船衝突事件が観光客減少に直接影響し、10月の大型連休(国慶節)に見込んでいた観光客が予想よりも大幅に減少した こと、今後もしばらくは減少傾向が続く見込みであるというJNTOの見解も合わせて紹介。「これは明らかに中国観光客の消費能力に期待していた日本の観光 業にとって打撃となった」とした。さらに、年頭には180万人の訪日中国人観光客を迎え入れる計画の達成が困難になったことも伝えた。(後略)
(サーチナ 11月25日(木)9時54分配信)


よろこばしい限りだ。
 我々排害社は、十月から「支那人観光客ゼロ運動」を提唱し、絶える事なく支那人排撃運動を展開して来た。尖閣諸島沖の衝突事件に関連し、支那においても日本観光を取りやめる機運が高まったのはもちろんだが、日本においても、支那人に嫌悪感と警戒感を持つ常識が芽生えて来たのは、大いに是とするところである。

 しかし、そうした「対中警戒論」や「対中不信」は詰まるところ、「悪いのは中国共産党」「一般の中国人は悪くない」とする、無根拠な綺麗ごとに流され、ややもすれば、こうして芽生え始めて来た日本人のあるべき対中意識に水を浴びせるような話になりがちであった。そこで我々は、あくまでも支那人の排撃を叫んで来た。

 なぜ日本の対中外交が敗北を重ねるのかを今一度考えて頂きたい。日中間に何か一つ問題が起きれば、支那において反日デモや日本製品ボイコットが起きる。これに日本企業は慌てて、政治家に対して妥協を要求する。日本において反中デモが起きる。すると、日本の経済人たちは日本の政治家に、対中融和を求める。

 こうした構造があるからこそ、日中関係はどちらに転んでも、日本は支那に屈服するスパイラルに陥ってしまうのである。その原因は、日本の政治家の腰抜け無能ぶりと、売国商人達の我利我利亡者ぶりもさることながら、日本人に攘夷の気概が足りない事に起因する。

 いかに支那大使館に抗議文を持っていこうとも、自国民の声すらマトモに聞かない国が、仮想敵国日本の「右翼反動分子」の声に耳を傾けるはずがない。ならば、自由競争とグローバル社会の中で、支那人の消費と購買に当て込んで商売を画策し、いつも日本政府に妥協を求める売国企業、そして支那人そのものを排撃する気概がなければ、日本の独立自存など守り得ないのである。

 そうした意味で、下記のニュースも喜ばしい知らせである。

中国人観光客減少が直撃 ラオックスが業績予想下方修正
 中国企業の傘下で経営再建中の家電量販店ラオックスは12日、2010年12月期(決算期の変更で9カ月間)の連結営業損益の予想を、8月に公表した5 千万円の黒字から、1億1千万円の赤字に下方修正した。中国をはじめとする外国人観光客への売り上げが9月下旬から減っていることを考慮したという。尖閣 諸島をめぐる日中関係の悪化に足をひっぱられた格好だ。
 連結売上高の予想も8月時点より8億円少ない100億円、純利益も1億3千万円少ない3千万円に下方修正した。羅怡文社長は「他社より中国人客の割合が大きいことが影響した」と説明した。ただ、「(中国人客は)早い段階で回復すると思うし、新店も出している」とし、12年12月期に連結売上高約 700億円をめざす中期経営計画は変更しない。(朝日新聞、11月12日19時28分)


ざまあみろ。
 このラオックスは、秋葉原や銀座などにおいて、支那人観光客ばかりに色目を使って、商売をしている。日本で商売をしながら、日本人の顧客を二の次、三の次にして、支那人のような極めてリスクを帯びた客を相手にしているから、こうなるのである。企業としてのリスクマネジメントも、モラルも存在していない。

 いま日本中の観光地、大型量販店から電器店、百貨店までもが、狂ったように支那人観光客の取り込みに必死になっている。秋葉原では、10月17日、このラオックスに我々同志らが赴いて、「尖閣諸島はどこの国の領土か!?」と店長に問い質したところ、「わかりません」というフザケタ返答が返って来た。これは何もラオックスだけではなく、オノデン、ソフマップも同様である。「支那人特需狂騒曲」が続けば、こうした商人が巷にあふれ、国論を誤るのは明らかである。

 支那人に商品を売らなければ店が潰れるのか? 潰れる店は潰れれば良い。経営者として才覚と危機管理が足りなかっただけだ。今までの日本がそうであったように、支那人に商品を売らなくても、日本は潰れる事はない。厳に恐れ戒むべきは、日本が「支那人依存症」に感染することである。支那人の大量受入れにより、経済・産業構造が支那人抜きで成立しなくなった時、日本は一発の銃声も鳴らずに陥落するのだ。

 これは中国共産党が存在していようが、崩壊していようが関係の無い事である。支那人の侵略願望と、並外れた物欲、そして倫理観の欠落は、必ずや目先の金に目の眩んだ日本人を滅ぼすに足りるものである。だからこそ、我々は支那人の対日影響力を減殺させるべく、支那人観光客、支那人移民の追放に立ち上がらなければならない。

d0178541_22403026.jpg


 そういえば、また最近、秋葉原のラオックス前が支那人観光バスの“駐車場”となっているようだ。不逞支那人のあるところ、排害社の出番であると会員達の士気も高い。また秋葉原に出動となるだろう。支那人観光客ゼロを目指して今後も闘って行く!


不逞支那人を叩き出せ!

支那人に媚びる商人を許すな!

支那人のいらない日本をつくろう!



人気ブログランキング、応援のクリックを!





反鮮バッチ&排害バッチ販売のお知らせ!


【排害社PV】新攘夷運動 排害社【大和魂】 (youtube)


12・4勧進橋児童公園奪還一周年デモの告知
[PR]

  by haigai | 2010-11-29 22:50 | 支那人問題

<< スイス、外国人犯罪者は全員追放! 銀座から支那人バスを叩き出せ! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE