人気ブログランキング |

排外主義の台頭がイヤなら“鎖国”せよ!

外国に行ってもワガママを通す支那人

異文化“強制”民族は日本にいらない


d0178541_2036405.jpg


隣人に「カレーやめて」で騒動、中国人とインド人のトラブルが思わぬ方向へ
(前略)この騒動の引き金となったのは、8月8日にシンガポール英字紙トゥデーが紹介した“隣人トラブル”の一例。同紙では、毎年多くの人たちが移住してくるシンガポールで、ここ最近“隣人トラブル”が増加しているとの話が伝えられ、その中で具体的なトラブルの例が2つ紹介された。その1つが移住してきたばかりの中国人家族が、隣に住むインド人家族の作るカレーの匂いに我慢ができず、政府組織の住民調停センターに仲裁申し立てを行ったケース。これがシンガポール国内で大きな注目を集めることになった。
苦情の内容はこうだ。隣家から漂うカレーの匂いに耐えられなくなった中国人家族は住民調停センターに仲裁を依頼。これを受けて調停センターのスタッフが両家族から話を聞いた上で仲裁に動き、インド人家族には「カレーは中国人家族が不在のときだけ作る」ことで同意を取り付け、中国人家族には匂いに慣れていくよう「自分たちも作ってみるよう」進言したという。互いの思いを尊重して当事者間では解決したかに見えたこの一件なのだが、トゥデー紙が紹介した後に大きな波紋を広げることになる。
同紙ウェブ版のコメント欄には、カレーを嫌った中国人家族への反発意見が数多く寄せられ、中には「人種差別的」と激しい言葉も。どうやら市民の多くが、新たにやって来た中国人家族がシンガポールの文化を否定したかのように捉えているようだ。そのため、裁定した調停センターの判断自体も、「シンガポール人たちを激怒させた」(英紙デイリー・テレグラフより)と伝えられ、「シンガポールのほとんどの家庭がカレーを作る。調停者は、移住家族にシンガポールの生活様式に適応するよう言うべきだ」と、まさに“郷に入れば郷に従え”といったコメントも少なくない。(以下略)

Narinari.comより


 一見すればほのぼのとしたようなニュースにも見えない事もない。けれども、この記事には多民族「共生」の欺瞞と限界、支那人の持つ徹底した自己中心性があらわれている。隣に住むインド人のつくるカレーの匂いに文句を付けた支那人が、「移住してきたばかり」という事実だ。ヒト様の国にやってきて、すぐに現地の気に食わない慣習に文句をつける。常識欠如以前に、常軌を逸した行動である。

 それに対してシンガポールの行政も情けない。「カレーは中国人家族が不在のときだけ作る」ようにインド人側に指導したというが、日本の売国自治体でもここまでやらないだろう。もしこの支那人が年をとって寝たきりにでもなったりしたら、ずっとカレーをつくれなくなってしまうではないか。 

 これは同様に、日本にやってきた支那人が「サンマを焼く臭いがクサい」だの「煮付けの臭いがイヤだ」と言ってくる可能性もあるという事だ。記事の最後には「郷に入れば郷に従え」との諺も出て来ている。誰しもその通りだと思うだろう。郷に入れば郷に従うべきだ。

 ところが、この「郷に入れば郷に従え」との言葉は、宋時代の支那で生まれた言葉なのだ。ではなぜ、その「郷に入れば郷に従え」といった支那人自身が、それに全く逆行するような行動を世界中でとるのか。それはこの言葉自体が支那人の持つ強烈な中華思想を背景に成立したからだ。支那の中華思想では、自らを「中華」と驕り昂り、周囲を「東夷、西戎、南蛮、北狄」と見下して侮蔑して考える。

 こうした歪んだ価値観に基づいて、「郷に入れば郷に従え」の言葉を見れば、その主体となる「郷」とは中華世界そのものであり、「野蛮人」を中華的価値観に服属させる文脈となる。「(野蛮人が)郷(中華世界)に入れば郷(中華的価値観)に従え」ということなのだ。

 だからその逆に、支那人が世界(東夷、西戎、南蛮、北狄)に出て行けば、その先々で自分達の価値観を押し付ける。それは世界中に飛び散った支那人が、各地に中華街(郷)をつくっている事実からも明らかだ。彼らは多文化と「共生」する民族ではない。自文化を異民族に「強制」する民族である。

 今回のシンガポールでの騒動は、多くのシンガポール人の反発を招いているようだが当然の事だ。自己中心民族の流入に反発しない民族などいない。これはより規模を大きくして日本でも起きる。左翼よ、政府体制よ、排外主義の台頭がイヤなら“鎖国”せよ!



人気ブログランキング、応援クリックを!


8月27日池袋清掃活動のお知らせ

  by haigai | 2011-08-21 21:00 | 支那人問題

<< 二人の青年、一つの日本 民主党がまたも国旗侮辱! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE