『支那人の日本侵略』書評

『支那人の日本侵略』書評

d0178541_201618.jpg


 先般刊行されました、『支那人の日本侵略』(日新報道)に対しまして書評をたまわりましたので、こちらに紹介させていただきます。また、書評をくださった皆様に対しましては、略儀ながらこの場をもちまして深く御礼を申し上げます。



 支那問題を中心に評論、健筆をふるわれる宮崎正弘先生のメールマガジン「国際ニュース・早読み」の10月6日配信において、ご紹介いただきました。



金友隆幸『排害主義者宣言 支那人の日本侵略』(日新報道)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 中国人の日本定住者が百万人を超えるのは、おそらく時間の問題である。鳩山元首相は『日本列島は日本人だけのものではありません』と国民の迷惑を顧みずにしゃあしゃあと宣言したのだから。
 この間違った方向を真っ向から阻止せんとする政治家が不在となって、日本の無様さはいまや醜悪である。
だから、これまでにも、チャイニーズタウンとして知られた池袋北口、上野、大阪はもとより、コミュニティが在日中国人に乗っ取られた地域が目立つようになった。
 そのいずこへも著者らは突撃し、シナ人の横暴、不潔、えげつなき法律破りを訴えてきた。
 排外主義ではない。排“害”主義である。
つまり「害」=「毒」を取り除かなければ日本は中国人と朝鮮人の不逞の輩に汚染されてしまうぞとキャンペーン活動に熱心は著者らの原点を紐解く。
 キャンペーンで著者らが歩いた場所は池袋北口、埼玉県芝園団地、大阪門真とミナミ、福岡等々。
 大宮デザイン専門学校では、おどろくなかれ、バングラデシュ、中国などからの留学生ばかりで日本人学生はゼロ! しかし、この学校は文科省から補助金300万円を受け取っていた。
 生活保護を貰っている在日外国人も夥しい。われわれの血税が、こうした「害」人(ガイジン)に費消されている。こんなことで果たして良いのか? 現場でキャンペーンをつづける活動家の熱涙あふれる啓蒙の書となっている。




d0178541_2083138.jpg


 維新政党・新風のメールマガジン「週刊WIN」の10月15日配信号において、ご紹介いただきました。

驚くべき実態 ― 支那人の脅威 

高野義徳

わが党の若き同志である金友隆幸氏が、『支那人の日本侵略』という一書を上梓した。著者の金友氏は共同体を守る新しい政治思想として「排害主義」を説き、新攘夷運動を標榜する《排害社》を主宰している。

本書では、東京の池袋や上野、埼玉県・芝園団地、大阪、福岡など全国各地で増殖し続けるチャイナタウンの実態、生活保護、不法就労などといった犯罪を行う在日支那人の無法さ、さらには支那人の間接侵略を助長する売国日本人の動きがリアルに描かれている。実を言うと、本書は邦訳版で『支那人の日本処世術』という原書が存在するのではないのか。そんな疑いさえ湧いてくるほど、詳細にまとめられた支那人の生活ぶりには驚愕せざるを得ない。また、支那人に乗っ取られかけた街で、彼と排害社の仲間たちが「排害」するさまも克明に記録されている。彼一流のユーモアもふんだんに盛り込まれており、非常に読みやすい。分かり易く「ユダヤ人の害悪」を指摘したヒトラーのように。

支那人の日本侵略、それは中共の国防総動員法が示すまでもない。それは「正規戦」ではなく、「非対称戦争」なのだ。ありとあらゆる分野・レベルで侵略が企図されている。しかも、日本側に「内通者」が存在するのだ。参政権を付与せんとする政治家、生産設備という「人質」を取られた財界人、ODAのおこぼれに与ろうとする官僚、これら我が国の政官財に巣食う「敵」を炙り出し、殲滅せねばならない。同じ日本人だからと看過するような態度ではなく、「支那人と同じく、彼らも敵である」という峻厳な態度で臨まねばならないのだ。

読み終えた頃には「排害主義」を批判する言辞を失いそうになる。しかし、人の思想は弁証法的に成長しなければならない。排害主義者ではなくとも、「排害主義」への評価を自ら持つことで自己の思想をより強固なものと出来るだろう。

「外部から国家民族の共同体にもたらされる害悪を排除し、共同体を守ろう」という「排害主義」運動は緒についたばかりだ。その行方に大きな期待を込めて本書をお奨めしたい。(たかの・よしのり)新風福岡




書評をいただいた皆様ありがとうございました。



人気ブログランキング、応援クリックを!

d0178541_1944508.jpg


『支那人の日本侵略』 刊行!


10月22日村田春樹独演会


10月23日池袋清掃活動のお知らせ
[PR]

  by haigai | 2011-10-16 20:17 | 書籍・雑誌

<< 俊傑憂憤街宣のお知らせ 不法支那人排斥に前進! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE