暴力団の抗争

暴力団の抗争

d0178541_9434292.png


覚醒剤密売、組織売春、人身売買、殺人請負をシノギにする広域暴力団A会がある。A会は強力な指導力で統率され、組織を拡大して来た。ところがある日、いくつかの親戚筋の団体が、内紛を起こして解散する騒ぎが起きた。

A会の中でも、末端構成員たちの声を聞かない本部に対して、不満の声が起きていた。「上納金を減らせ」「もっとシノギを寄越せ」「俺たちの意見を聞け」そうした声を汲み取ろうとする幹部と、撥ね付けようとする幹部でイザコザがあったが、A会は一気に反主流派の末端構成員たちを襲撃。残党を破門にして、回状をだした。

A会を破門された集団は、「真の任侠精神の復活」とA会の打倒を掲げるB組を結成した。そして、あなたの家や会社にB組の組員たちがやってきて、上の事情を説明し、“みかじめ料”や取引を要求して来た。あなたはB組を支援するだろうか。



これは中国共産党と民主化運動家連中の比喩である。
「民主」「人権」をうたっていても、
中共と民主派は中華思想の同志だ。

「敵の敵は味方」なんて甘い考えをしていると、食われてしまう。




人気ブログランキング、応援クリックを!


講演会の御案内


排害社ステッカー販売中!
[PR]

  by haigai | 2012-02-03 09:44 | 支那人問題

<< 2月1日活動報告 構成組織 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE